阿弥陀寺 (京都市上京区) 
Amida-ji Temple
阿弥陀寺  阿弥陀寺
50音索引,Japanese alphabetical order  Home 50音索引,Japanese alphabetical order  Home











本堂


本堂


ウメ


サクラ




紅葉


庫裏



玄関



塔頭・帰白院



塔頭・帰白院



鐘楼




鎮守社



鎮守社



鎮守社











織田信長信忠討死衆墓所の石標


織田信長、信忠の墓


織田信長、信忠の墓


森蘭丸・坊丸・力丸兄弟墓石(中央の三基)、家臣の墓


家臣の墓

 阿弥陀寺(あみだじ)は、鴨川の東、南北5kmの寺町筋にある。号は蓮台山(れんだいざん)という。
 浄土宗鎮西義(ちんぜいぎ)派、知恩寺末寺。本尊は阿弥陀如来。
◆歴史年表 創建の詳細、変遷は不明。
 室町時代、天文年間(1532-1554)、清玉(せいぎょく)上人(生誉)が飯尾元運などの援助を得て開創した。かつて近江国坂本にあったという。
 1555年、管領代の旧跡、芝薬師町(今出川大宮東、堀川西)に寺を建てる。上立売猪熊西入ルから今出川にかけて広大な境内を有した。三好長慶の禁制を与えられた。蓮台野に近いため、山号を蓮台山とした。以来、室町幕府に外護される。
 永禄年間(1558-1570)、千部経読誦、別時念仏の時は禁制が出された。
 1560年、室町幕府により千部経読誦が行われる。 
 1563年、別時念仏の際に、市場を開くことを認められ、織田信長の帰依も受けた。境内は、元伊佐町(上京区黒門通今出川上ル、旧織田稲荷社社地)にあった。
 安土・桃山時代、1582年、6月、本能寺の変後、信長が帰依した清玉は、信長、家臣の屍を境内に葬ったという。
 1587年/1585年、豊臣秀吉によるお土居築造、都市改造により、現在地に移転になる。信長父子、森蘭丸ら120余人の墓もこの地に遷された。
 江戸時代、塔頭12を有した。
 1673年、延宝の大火により焼失する。
 1788年、天明の大火で焼失した。その後、再建されている。
◆清玉生誉 室町時代後期の僧・清玉生誉(1542?-?)。詳細不明。母は尾張(愛知県)鳴海の路上で分娩に苦しむ。同地に陣した織田信秀庶子・信広が憐れみ、医に命じ服薬するが効なく亡くなる。その時生まれたのが清玉ともいう。また、1560年、桶狭間の戦いの際に、織田信長に助けられた女人の子とされ、織田家で養育されたともいう。天文年間(1532-1554)、当初は近江国坂本に阿弥陀寺を建立する。信長が帰依したという。1582年、本能寺の変後、信長、家臣の屍を阿弥陀寺(上京区)境内に葬ったという。
◆織田信長 室町時代後期-安土・桃山時代の武将・織田信長(おだ-のぶなが、1534-1582)。幼名は吉法師(きちほうし)、三郎、官名は上総介(かずさのすけ)。尾張(愛知県)の生まれ。父は守護代家老・織田信秀、母は土田御前。1546年、元服し、1547年、三河へ初陣、1549年、美濃・斎藤道三の娘・濃姫と結婚した。1551年、父没後、家督を継ぐ。1557年、弟・信行らの反乱を抑え、1558年、信行を暗殺した。1559年、岩倉城主・織田信賢を破り尾張国を統一した。1560年、桶狭間の戦で駿河・今川義元を討つ。1562年、三河・松平元康(徳川家康)と同盟を結ぶ。1563年 、本拠を小牧山城に移転した。 1567年、美濃・斎藤龍興を滅ぼし、稲葉山・井ノ口城を岐阜城に改める。1568年、近江・六角義賢を追い上洛し、足利義昭の将軍職就任を助けた。二条御所の造営を行う。1569年、北伊勢・北畠氏を屈伏させ、二男・信雄を養子に入れる。イエズス会・フロイスの京都往還を許した。軍資金提供を要求し拒否した自治都市・堺を攻める。1570年、姉川の戦で信長・家康の連合軍は浅井長政・朝倉義景の連合軍を破る。摂津で三好三人衆を討ち、石山本願寺との合戦も起こる。1570年-1574年、伊勢・長島の一向一揆を鎮圧した。1571年、浅井らに与した延暦寺を焼討した。1573年、将軍義昭を追放し、室町幕府を滅ぼす。示威のため上京を焼く。1575年、長篠の戦で家康と連合し、鉄炮隊により武田勝頼を破る。従三位権大納言兼右近衛大将になり、岐阜城を本拠とし、家督を嫡男・信忠に譲る。1576年、拠点になる安土城を築く。1577年、従二位右大臣になる。1580年、石山本願寺(大坂本願寺)と和睦し、畿内は平定される。中国の毛利氏攻略に動く。第106代・正親町天皇の東宮誠仁(さねひと)親王を猶子とし、1581年 、内裏東で京都御馬揃えを催した。1582年、甲斐・武田氏を滅ぼし、信濃の北口を平定した。中国の毛利氏を攻めるため本能寺に宿泊し、家臣・明智光秀に討たれ自害した。全国統一の業半ばで倒れる。(本能寺の変)。49歳。
 京都所司代に村井貞勝を任命し、守護などのを掌握、家臣団が各地を支配した。戦で鉄砲を初めて実戦使用した。指出(さしだし)・検地、分国での関所廃止、撰銭令(えりぜにれい)を出し通貨整備を行おうとした。京七口の皇室領率分関を残した。貿易奨励、商人統制を行い、城下町以外では座組織を認めた。比叡山延暦寺、槇尾寺、高野聖、一向一揆への弾圧の一方、キリスト教を保護した。上京、尼崎を焼き、堺などの武装を解除した。城下町安土では楽市・楽座、公事免許などを実施した。茶の湯の千利休、津田宗及、今井宗久らを茶道として召し抱えた。
 墓は大徳寺・総見院(北区)、阿弥陀寺(上京区)、本能寺(中京区)、建勲神社(北区)は信長を祀る。
◆織田信忠 室町時代後期-安土・桃山時代の武将・織田信忠(おだ-のぶただ、1555-1557)。幼名は奇妙(丸)、初名は信重、通称は菅九郎。尾張国(愛知県)の生まれ。父・織田信長の長男。母は久庵慶珠。1567年、武田信玄・五女・松姫と婚約した。1570年、父に従い長島の一向一揆をした。1572年、岐阜城で元服する。信長が信玄と敵対し、婚約解消した。父とともに近江小谷城の浅井長政を攻め初陣を飾る。父に従い、石山合戦、1574年、岩村城の戦い、伊勢長島攻めと転戦した。1575年、長篠の戦い、岩村城攻めで総大将として勝利した。1576年、父より家督、美濃東部、尾張国の一部を譲られ岐阜城主になった。正五位下に叙せられ、出羽介、秋田城介に任じられる。1577年、雑賀攻めで中野城を落とした。信貴山城の戦いの功により、従三位左近衛権中将に叙される。この頃より信長に代わり総帥として兵を率いる。1578年、上月城の戦い、1579年、有岡城攻め、1582年、甲州征伐で先鋒大将として甲斐の武田勝頼を討ち、恵林(えりん)寺を焼打し、快川紹喜ら150人の僧を焼き殺した。6月2日、本能寺の変で、信忠は備中高松城を包囲の羽柴秀吉への援軍のため、妙覚寺に宿泊した。信長の宿所・本能寺を明智光秀が急襲し、信忠は本能寺へ向かう。信長自害の報で二条新御所に移動し、異母弟・津田源三郎(織田源三郎信房)、側近・斎藤利治、京都所司代・村井貞勝らと篭城した。誠仁親王を脱出させ、明智軍・伊勢貞興の攻めにより自害した。26歳。
 墓は阿弥陀寺(上京区)、大徳寺・総見院(北区)にある。
◆森蘭丸 安土・桃山時代の武将・森蘭丸(もり-らんまる、1565-1582)。名は成利(なりとし)、長定(ながさだ)、乱法師。美濃(岐阜県)の生まれ。森可成(よしなり)の3男。母は林通安の娘・妙向尼。兄に長可、弟に長隆(坊丸)、長氏(力丸)。15歳で織田信長に小姓として仕えた。信長に寵愛され奏者、奉行を勤めた。1581年、近江の内、1582年、3月、武田氏滅亡後に美濃岩村を与えられた。加増された。6月、本能寺の変で、信長に近侍し、本能寺に宿泊中に明智光秀軍の安田国継に急襲された。槍で防戦し、弟・坊丸、力丸とともに討たれた。 18歳。
 墓は阿弥陀寺(上京区)にある。
◆森長隆 安土・桃山時代の武将・森長隆(もり-ながたか、1566-1582)。幼名・通称は坊丸(ぼうまる)。美濃(岐阜県)の生まれ。森可成(よしなり)の4男。母は林通安の娘・妙向尼。兄に長可、成利(蘭丸)、弟に長氏(力丸)。織田信長に仕え、小々姓の一人になる。1582年、本能寺の変に際し、信長に近侍し、本能寺に宿泊中に明智光秀軍の安田国継に討たれた。17歳。
 墓は阿弥陀寺(上京区)、大徳寺・三玄院(北区)、可成寺(岐阜県可児市)などにある。
◆森長氏 安土・桃山時代の武将・森長氏(もり-ながうじ、1567-1582)。幼名は力丸(りきまる)。美濃(岐阜県)の生まれ。森可成(よしなり)の5男。母は林通安の娘・妙向尼。兄に長可、成利(蘭丸)、長隆(坊丸)。織田信長に仕え、小々姓の一人になる。1582年、本能寺の変に際し、信長に近侍し、本能寺に宿泊中に、明智光秀軍の安田国継に討たれた。15歳。
 墓は阿弥陀寺(上京区)、大徳寺・三玄院(北区)、可成寺(岐阜県可児市)などにある。
◆皆川淇園 江戸時代中期-後期の儒学者・皆川淇園(みながわ-きえん、1735/1734-1807)。名は愿、字は伯恭、別号に有斐斎、有斐斎。京都の生まれ。父は皆川成慶。伊藤錦里、三宅元献に儒学を学ぶ。開物論を唱え、経書の注釈書を著した。亀山藩、平戸藩、膳所藩藩主に賓師として招かれた。京都に家塾を開く。柴野栗山、赤松滄洲らと詩社の三白社を起こす。1765年、産科学の賀川玄悦を助け医書『産論』4巻をまとめる。山水画にも長け、師・円山応挙につく。1806年、学問所「弘道館」を開いた。門弟は3000人と多い。74歳。
 阿弥陀寺(上京区)に葬られた。墓誌は大名・松浦清により、書は大名・本多康完が記した。
◆蝶夢 江戸時代中期-後期の時宗の僧・俳人・蝶夢(ちょうむ、1732-1796)。別号は五升庵、泊庵。京都の生まれ。法国寺(時宗)に入り、其阿(きあ)に師事、9歳で得度する。13歳で俳諧を志し、宗屋(そうおく)門下。宝暦年間(1751-1763)、阿弥陀寺(浄土宗)帰白院の住職。1757年、敦賀に赴く。俳人・行脚僧の既白、二柳・麦水などと交流し、蕉風俳諧の復興を志す。35歳で帰白院を譲り、岡崎に草庵「五升庵」を結ぶ。義仲寺翁堂などを再建し、粟津文庫も遺す。松尾芭蕉の遺作を研究し多くの著書を残す。64歳。
 阿弥陀寺(上京区)に葬られた。
◆仏像 ◈本堂に本尊「阿弥陀如来」を安置する。
 ◈脇壇に「織田信長影像」、「織田信忠影像」を安置する。
◆信長墓 境内墓地には、1582年6月2日、本能寺の変で亡くなった織田信長(1534-1582)、森蘭丸(1565-1582)・坊丸(森長隆、1566-1582)・力丸(森長氏、1567-1582)の三兄弟、二条御所で亡くなった嫡男・信忠(1557-1582)、その他の織田家家臣100余人の墓とされるものが葬られている。
 清玉は、本能寺の変の前日、本能寺に信長を訪ねたともいう。翌6月2日、信長は、明智軍に襲撃される。信長は奮戦し、小姓も戦う。信長は当初、弓を取り放った。弓の弦が切れたため、次に槍で応戦した。信長は肘に傷を負い、引き下がる。女中たちには退去を命じる。信長は殿中に入り、内側から戸を閉めて割腹して果てたという。(『信長公記』)
 信長は遺言により、自らの骸は光秀側に渡さないようにと告げていた。変後、清玉は、焼け落ちた本能寺に入り、信長の遺骸と思われる首を取り、阿弥陀寺の旧境内(上京区元伊佐町)に埋葬したという。また、炎上する火に飛び込み、信長の遺骨を法衣に隠して持ち帰ったともいう。その後、清玉は、二条新殿で自刃した信長の二男・信忠の処へ向かう。清玉は、餅、焼き飯を光秀方に差し入れ、遺骨を拾い集めて墓を建てたという。清玉が本能寺、二条新殿で立ち書きしたという戦死者過去帳がいまに残る。なお、フロイスの『日本史』には、信長の遺骸は灰燼に帰したとある。
 豊臣秀吉は、天王山の戦いを勝利し、清玉の手柄を称えて法事料300石を与えた。清玉は秀吉に恩はないとして嫌い断ったという。
 京都市内の信長の墓としては、本能寺の信長廟(中京区)、大徳寺総見院(北区)、妙心寺玉鳳院(右京区)、建仁寺(東山区)、大雲院(東山区)などがある。
◆文化財 清玉自筆の本能寺の変の「戦没者名簿(過去帳)」1巻がある。
◆織田稲荷社 現在、今宮神社境内に織田稲荷社が祀られている。
 織田稲荷社は、祭神に織田信長(1534-1582)を祀る。かつて、信長の墓所のあった阿弥陀寺の旧地(西陣元伊佐町、黒門通今出川上る西側とも)にあった。 信長は、阿弥陀寺の住職・清玉を養育したという。1582年の本能寺の変で清玉は、織田信長、家臣ら120余人の遺骸を寺に葬ったという。安土・桃山時代、天正年間(1573-1593)、阿弥陀寺が現在地(上京区鶴山町)に移転になり、信長らの墓も遷された。(『都名所図会』『拾遺都名所図会』)
 旧地には、信長の怨霊を鎮めるために、一祠が建てられ、後、織田稲荷と呼ばれた。祭神は光堀照大明神とされ、祟りを恐れ神官以外は内陣に触れなかった。信長と稲荷を祀ったともいう。近代、1882年、建勲神社の御旅所になり、建勲稲荷と呼ばれる。1987年に周辺の開発に伴い、今宮神社境内に遷された。御霊稲荷になる。
◆墓 江戸時代の儒学者・皆川淇園(みながわ-きえん)、僧・俳人の蝶夢の墓がある。


*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献・資料 『京都・山城寺院神社大事典』、『秀吉の京をゆく』、『京都古社寺辞典』、『昭和京都名所図会 5 洛中』、『増補版 京の医史跡探訪』、『京都府の歴史散歩 上』、『京都の寺社505を歩く 上』、『京都隠れた史跡100選』、『あなたの知らない京都府の歴史』、ウェブサイト「コトバンク」


天寧寺  上善寺  本満寺  船岡山   今宮神社(北区)  本能寺  関連本能寺跡・本能寺の変  建勲(たけいさお)神社  皆川淇園弘道館跡    
阿弥陀寺 〒602-0802 京都市上京区鶴山町14,寺町通今出川上ル二丁目  075-231-3538
50音索引,Japanese alphabetical order  Home   50音索引,Japanese alphabetical order  Home  
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光