光悦寺・鷹峯 (京都市北区) 
Koetsu-ji Temple
光悦寺 光悦寺 
   Home    Home

「本阿弥光悦公旧蹟」の碑










延段









本堂


鐘楼、茅葺


鐘楼、時の鐘


渡り廊下



 洛北鷹峯の地に光悦寺(こうえつじ)がある。一帯は、交通の要衝地であり、京の七口の一つである丹波道(長坂口-丹波)の入口にあたる。
 境内の南には鷹峯三山が聳え、谷に紙屋川の清流が流れている。号は大虚山(たいきょざん)という。
 日蓮宗、本尊は十界大曼荼羅。
◆歴史年表 江戸時代、1615年、徳川家康はこの地を野屋敷として本阿弥光悦に与えた。光悦は、本阿弥一族、工匠、豪商らとともに移り住む。当時の街道筋は、「辻斬追いはぎをもする所あるべし」とされる物騒な地だった。(『本阿弥行状記』)。光悦は草庵を結び、傍らに法華題目堂を建てる。位牌堂(位牌所、現在の境内)では、本阿弥家の先祖供養が行われた。当初は大虚庵と号した。
 1618年以降、光悦の母・妙秀(1529-1618)没後、妙秀寺が建立される。その向かいに、知足庵が開かれた。
 1627年、光悦の養子・光瑳は、日乾を招き、法華の鎮所を建てる。日乾は、寂光山常照寺とし、境内に壇林を創設した。
 光悦の晩年、位牌所には興寿院日達が招かれた。仏殿が建てられ、本阿弥一族の菩提寺、光悦寺とした。
 1637年、光悦は大虚庵で亡くなる。
 1637年、寛永年間(1624-1643)とも、光悦没後、本法寺12世・正教院日慈(にちじ)により開山され、寺院になったともいう。大虚庵(大虚庵光悦寺)とも称されたという。
 1655年頃、明暦年間(1655-1658)とも、光悦の孫・光伝は、大虚庵の地の一部を寄進し、法華堂唱道場の知足庵真浄堂が建立された。また、知足庵の由信、春継は、大虚庵脇に常題目堂を建立し、唱題修行を続けたという。
 1681年、光悦村は幕府により検地、収公上地され、鷹峯村に吸収された。
 1692年、鐘楼が建てられた。
 近代、1884年、光悦寺は妙秀寺を合併する。 
 1915年、現在の茶室「大虚庵(たいきょあん)」が再建される。
 1921年、現在の茶室「三巴(さんぱ)亭」が建てられた。
◆本阿弥光悦 安土・桃山時代-江戸時代の芸術家・本阿弥光悦(ほんあみ こうえつ、1558-1637)。刀剣の鑑定、磨砺(とぎ)、浄拭、工芸を家職とした京都の本阿弥家に生まれた。父・本阿弥光二、母・妙秀の長男。京屋敷は現在の実相院町(上京区)にあった。書(光悦流)・画、蒔絵(光悦蒔絵)、漆芸、作陶、茶の湯に秀で、古田織部、織田有楽斎につき、千宗旦と交わる。釉薬は三代道人に学ぶ。1615年、徳川家康より鷹峯の地を与えられ、一族、工匠とともに移り住み、光悦村を開く。
 角倉了以の子・素庵(1571-1632)に協力し、出版した「嵯峨本(典籍や謡本を雲母摺りした料紙に書を印刷)」、久世舞などの古活字本の刊行、板下を光悦が書いた『伊勢物語』(1608)の出版、琳派の俵屋宗達の下絵に揮毫した和歌巻、色紙などは「光悦本」と呼ばれた。彫刻、茶碗なども手がけた。鷹峯でも楽茶碗を焼いた。「寛永の三筆」(ほかに近衛信尹、松花堂昭乗)のひとり。熱心な法華信者だった。信尹、昭乗、烏丸光広、俵屋宗達、小堀遠州、角倉素庵、千宗旦らとも親交した。墓は光悦寺(北区)にある。
 近くの常照寺に眠る島原の吉野太夫(1606-1643)を身請けした紺灰業の豪商・灰屋(佐野)紹益(1610-1691)は、光悦の甥に当る。紹益が太夫を妻として迎えた際には、光悦が仲介している。
◆日乾 室町時代-江戸時代の日蓮宗の僧・日乾(1560-1635)。若狭に生まれた。本満寺の日重に師事、本満寺13世になる。1602年、身延山久遠寺21世となる。鷹峯に檀林を開く。江戸城での不受不施派との対論(身池対論)で勝利した。号は寂照院。
◆角倉素庵 安土・桃山時代-江戸時代の豪商・角倉素庵(すみのくら そあん、1571-1632)。父は角倉了以の長男、母は吉田栄可の娘。1588年、藤原惺窩より儒学を学ぶ。後に林羅山を知り、二人を引き合わせる。本阿弥光悦より書を習う。後に「寛永の三筆」のひとりとされた。1599年、『史記』の刊行以降、1610年頃まで、嵯峨本を刊行する。1603年から、父・了以の安南国東京(インドシナ半島)との朱印船貿易に関わり、父の大堰川の開削など各所の工事を補佐した。1606年-1609年、甲斐、伊豆鉱山の巡視、大坂の陣(1614-1615)に船便による物資運搬に貢献した。1615年、幕府より高瀬船、淀川過書船支配を命じられ、山城の代官職に就く。1627年、隠棲した。墓は化野念仏寺、二尊院にもある。
◆板倉勝重 江戸時代初期の初代京都所司代・板倉勝重(いたくら かつしげ、1545-1624)。幼少時に出家した。父・好重らの討死にともない還俗して家を継ぐ。1586年、徳川家康の駿府城に入った際に、町奉行を務め、以後、関東の代官、小田原の地奉行、江戸の町奉行を兼任した。1601年以来、京都の町奉行となる。1603年、家康将軍宣下により伊賀守、京都所司代となった。豊臣氏、西国大名、朝廷、寺院の動静を家康に報告した。1612年より、公家諸法度、勅許紫衣・諸寺入院法度の制定に関与した。1620年、東福門院和子入内に際し、内裏造営の総責任者を務めた。
 光悦寺境内に、息子・重宗とともに葬られている。勝重は、光悦の師・織部家臣の家臣・木村宗喜を捕らえ処刑している。光悦は、勝重を鷹峯村の守護神と称え、命日には祭祀を行っていた。
◆フリーア アメリカ人蒐集家・チャールズ・ラング・フリーア(1854-1919)。アメリカデトロイト出身。鉄道事業で巨万の富を得、日本、中国、韓国などの美術を収集し、スミソニアン博物館に寄贈した。当博物館は、アジア専門の美術館として、1923年、フリーア美術館(ワシントンD.C.)を設立し公開している。江戸時代の俵屋宗達筆「松島図屏風」などを所蔵する。
 フーリアは、急速に近代化を遂げる日本に次第に失望していったという。光悦寺境内に碑が立てられている。
◆光悦村 江戸時代、1615年、光悦は徳川家康から洛北鷹峯の地を与えられ、一族、工匠と共に移住する。
 一帯は光悦村(光悦町)と呼ばれ、8万坪、東西200間(360m)、南北7町(760m)の広さがあった。東西南北の通りがあり、光悦宅を中心にして、通りには55軒の家が建ち並んでいた。
 法華寺院も四所あり、位牌堂(位牌所)では、本阿弥家の先祖供養が行われた。光悦が住んだ大虚庵には、自刻の上行菩薩が安置され、僧侶により法華経一万部が読誦された。
 光悦の同行者はすべて法華信者であり、寂浄土の実現を目指し、現世浄土という信仰の集落「一円法華」を形成した。 
 光悦のほか、本阿弥一族の光悦養子・光瑳、光悦の弟・宗知、本阿弥宗家次男・光栄、その三男・光益、工匠としては蒔絵師・土田了左衛門、蒔絵師・土田宗沢、京唐紙の祖・紙屋宗二、唐織屋・蓮池常有、筆製作者・筆屋妙喜、また、尾形光琳・乾山兄弟の祖父で呉服商・尾形宗柏、豪商・茶屋の四朗次郎などだった。
 光悦の鷹峯拝領・移住については諸説ある。
 1615年、大坂夏の陣後、豊臣方に内通したという罪状により、茶の湯の師・古田織部(1544-1615)は自害させられた。織部の家臣・木村宗喜による家康暗殺の嫌疑により、木村は京都所司代・板倉勝重に捕えられ処刑された。織部とその子らも切腹させられている。光悦は千利休を批判したが、師は織部だった。織部に連座し、光悦は家康により「洛中所払い」されたとの見方もある。
 また、街道警護のために光悦らを住まわせ、西国大名、旧豊臣側の動静を探らせたともいう。光悦は京都所司代・板倉勝重と親交があり、その墓が境内にある。
◆建築 山門、本堂、庫裡、鐘楼などが建つ。
 「鐘楼」は、江戸時代、1692年に建てられた。茅葺。
◆茶室 境内には、7つの茶室、大虚庵、三巴亭、了寂軒、徳友庵、本阿弥庵、騎牛庵、自得庵が建つ。
 庫裏に接して妙秀庵がある。いずれも大正期(1912-1923)以降に建てられた。
 ◈「大虚庵(たいきょあん)」は、光悦が鷹峰に建てた居室の名であり、江戸時代、1637年、光悦終焉の地になる。その後廃絶した。近代、1915年に再建された。道具商・土橋嘉兵衛の寄付、速水宗汲の設計による。その後、光悦会により、正面入口の貴人口が躙口に、三畳台目から五畳台目に改造された。床は点前座に寄せる。天井は床内を土天井、隅を塗廻し。躙口は板戸二本引、貴人口は東にあり障子二枚引。前面に付廂、切妻造、杮(こけら)葺。
 大虚庵の内露地に、光悦遺愛の「薄墨の手水鉢」、石灯籠、周りを囲む竹を組んだ垣根は「光悦垣(臥牛垣)」と呼ばれている。
 ◈「三巴(さんぱ)亭」は、1921年に建てられた。数奇屋建築で、八畳2室、水屋などからなる。北西の光悦堂(八畳)の仏壇には光悦の木像を安置する。1923年、仏師・彫刻家・高村高雲(たかむら こううん、1852-1934)作による。
 ◈「了寂軒」は、かつての常題目堂跡に建つ。
 ◈「翹秀軒(ぎょうしゅうけん)」の地には、かつて「大虚庵」があった。前方に「鷹峯三山」を望む。東より鷹峯、鷲峯、天峯が借景になっている。山間に京都の市街地が望める。
 ◈「徳友庵」は、光悦の号・徳友斎に因む。
◆庭園 境内周辺は山に囲まれている。北には愛宕山、境内南には「鷹峯三山」を望む。東より鷹峯、鷲峯(わしがみね)、天峯(てんがみね)が借景になる。この山容は花札八月の「芒(すすき)」の絵柄の元になったともいう。
 茶室の大虚庵に光悦垣がめぐらされており、秋の萩、紅葉も映える。山門までの参道は楓の並木であり、新緑と紅葉の頃が美しい。
 巴池は、光悦作という。
◆光悦垣 「光悦垣」は、「臥牛垣(がぎゅうがき/ねうしがき)」とも呼ばれている。本歌であり、茶室「大虚庵」の露地の仕切りに用いられている。
 最上部の玉橡は、細割竹を束ねて太く作られ、弧を描いて最後は地面に届く。組子は、表裏なく2枚合せの割竹で、菱目に組まれている。地表少し上と上端に、太い半割竹の押橡が渡されている。組子交点はわらび縄で結び、結び目の疣を取り、装飾にしている。垣は緩やかに曲線を描き、南端に向かうほど丈は次第に逓減させている。最後は玉橡の高さで終わる。遠近法も取り入れ奥行きを表している。最高部は1.5mほど、全長18m。
◆文化財 光悦町古地図、光悦作の茶碗、木像、色紙、短冊、光悦好みの品などは収蔵庫で見学できる。 
◆墓 境内の東南隅に光悦の墓がある。板碑状の墓石が立ち、「了寂院光悦日豫居士」と刻まれている。花崗岩製、2m。
 光悦の養子・光瑳(1601-1682)、孫・光甫(1601-1682)の三代にわたる墓がある。
 光悦と親交あった京都所司代・板倉勝重(1545-1624)の墓石に「慈光院殿前伊賀守傑山源英居士」・「寛永六年‥」、その子・京都所司代・板倉重宗(1586-1657)の板碑状の墓石に「松雲院源俊山田少将居士」・「板倉防州 明暦二年‥」と刻む。
 小堀遠州(1579-1647)と一族の墓などがある。
◆文学 松本清張『光悦』、吉田絃二郎『光悦寺まで』、大仏二郎『宗方姉妹』に描かれている。
 澤野久雄の『光悦寺暮色』では、鷹峯の幼馴染である千鶴と庄三が光悦寺で再会する。
◆鷹峯 鷹峯(たかがみね)は、地名であり、山の名にもなっている。古代には、愛宕(おたぎ)郡栗栖野(くるすの)郷に属した。平安時代、874年、元北山に高岑寺(たかがみねじ)という寺院があったという。 (『日本三代実録』)。その後、地名に「高岑(たかがみね)」が残る。
 付近に「三峯」といわれる天峯(てんがみね)、鷲峯(わしがみね)、鷹峯があった。鷹峯は狩猟地になっており、第50代・桓武天皇、第52代・嵯峨天皇、第54代・仁明天皇が度々出かけている。鷹峯では、秋冬に鷹狩のために峯上に鷹綱を張り、雌の鷹(綱懸鷹、あみがけのたか)を捕獲していた。 (『雍州府志』)。また、林では毎年、鷹が雛を孵したため山の名になったともいう。 (『山州名跡志』)
◆年間行事 茶会のため拝観不可(11月10日-13日)。


*年間行事は中止、日時変更の場合があります。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『京都・山城寺院神社大事典』『京都府の歴史散歩 上』『京都の名園 庭』『洛西探訪』『京都の地名検証 3』『昭和京都名所図会 3 洛北』『京都大事典』『京都琳派をめぐる旅』『京都史跡事典』『京都の寺社505を歩く 下』『京都大事典』『日本のやきもの 京都』『今月の寺 昭和58年11月号』『京都歩きの愉しみ』『週刊 京都を歩く 37 紫野周辺』


   常照寺      源光庵      瑞芳寺(知足庵)      本法寺      本阿弥光悦京屋敷跡              

巴池
 

三巴亭
三巴亭

大虚庵

大虚庵

大虚庵
 
了寂軒
了寂軒

翹秀軒

翹秀軒

翹秀軒

翹秀軒

奥に京都市街が望める。 

騎牛庵

本阿弥庵

本阿弥庵

本阿弥庵

本阿弥庵
   

光悦垣(臥牛垣)、大虚庵露地の仕切りに用いられている。

光悦垣

光悦垣

光悦垣

光悦墓(中央)と京都所司代・板倉勝重、子・重宗の墓。

光悦墓

京都所司代・板倉勝重、子・重宗の墓。
 

光悦の子・光瑳、孫・光甫、そのほか一族の墓、板碑
 

「チヤアレス エル 布利耶碑(Monument of Mr.Charles L.Freer)」

歌碑「山二つ かたみに時雨 光悦寺」、田中王城
 
歌碑「紅葉せり つらぬき立てる 松の幹」、秋桜子
 

鷹峯三山の鷹ヶ峰(左)、鷲ヶ峰。

鷹峯三山の天ヶ峰
鷹峯三山の鷹ヶ峰 鷲ヶ峰、花札八月、坊主の絵柄の元になったという俗説もある。
光悦、ポスターより  
 光悦寺 〒603-8466 京都市北区鷹峯光悦町29  075-491-1399  8:00-17:00
50音索引  Home  50音索引  Home  
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光