瑞芳寺 (知足庵) (京都市北区)
Zuiho-ji Temple
瑞芳寺 (知足庵)  瑞芳寺 (知足庵)  
 Home  Home




 鷹ヶ峯の瑞芳寺(ずいほうじ)門前には、「常法華堂 知足庵」の石標が立っている。境内北には、かつて本阿弥光悦、光悦の養子・光瑳の屋敷が隣接していた。 
 日蓮宗。
◆歴史年表 
江戸時代
、1615年、徳川家康により鷹峰に野屋敷として与えられた書家、工芸家の本阿弥光悦は、本阿弥一族、工匠、豪商らとともに移り住んだ。
 1637年、日龍により知足庵が営まれる。
 また、1655年頃、また明暦年間(1655-1658)、光悦孫・光伝は、大虚庵の地の一部を寄進し、法華堂唱道場の知足庵真浄堂が建立された。
 知足庵の由信、春継は、大虚庵脇に常題目堂を建立し、唱題修行を続けたという。
 1706年、日達により瑞芳寺が開山された。
 近代、1879年、瑞芳寺は知足院と合併する。
◆日達 江戸時代中期の日蓮宗の僧・日達(にちだつ、1674-1747)。陸奥に生まれた。号は了義院。鷹峰、六条、中村の檀林能化(のうけ)を歴任、1720年、京都本圀寺26世となる。華厳宗の鳳潭、天台宗の霊空とともに教界の三傑と称された。
◆日龍 江戸時代の僧・日龍(生没年不詳)。号は精進院。頂妙寺8世、中山23世。深草瑞光寺の元政とも親交があった。
◆墓 境内に日龍の墓、日達の廟がある。
◆屋敷跡 周辺の街道筋には、光悦のもとに参集した人々の屋敷跡が数多く残されている。
 茶屋四朗次郎清次、呉服商の尾形宗柏(光琳・乾山祖父、乾山が相続)、唐織屋の蓮池常有、蒔絵師・土田宗沢、京唐紙の祖・紙屋宗二、筆製作の筆屋妙喜、光悦本人の屋敷、光悦養子・光瑳、光悦孫・光甫、光悦の母・妙秀の菩提寺だった妙秀寺など。


*非公開
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『京都・山城寺院神社大事典』



  関連・周辺光悦寺      周辺       関連瑞光寺           

了義院日達上人の墓
 瑞芳寺 〒603-8467 京都市北区鷹峯南鷹峯町10  075-492-8322
50音索引  Home   50音索引  Home  
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光