佛光寺 (京都市下京区)
Bukko-ji Temple
佛光寺 佛光寺 
 Home  Home

大師堂門(御影堂門)


大師堂門




阿弥陀堂門(本堂門)






勅使門


勅使門


玄関門


台所門


台所門




本堂(阿弥陀堂)


本堂


本堂


本堂


本堂


本堂、阿弥陀如来立像


本堂、南側、西半分は土蔵様


本堂、妻飾り


渡り廊下





大師堂(御影堂)



サクラ

 佛光寺(ぶっこうじ、仏光寺)は、山号を渋谷山(じゅうこくさん)という。 
 真宗佛光寺派本山。本尊は阿弥陀如来。
◆歴史年表 創建の詳細、変遷は不明。
 鎌倉時代、1212年、越後流罪より帰京した開祖・親鸞は京都に戻り、五条西洞院の花園亭に止宿した。その後、山科東野に草庵を結んだという。その後、弟子・真仏(しんぶつ)に託して関東布教の旅立ったという。(寺伝)。また、親鸞六老僧のひとり源海により、山科に草庵が結ばれたという。(『大谷遺跡録』『親鸞聖人正明伝』)。第84世・順徳天皇(1197-1242)により、厩戸王(うまやどのおう、聖徳太子)にまつわる「興隆正法(こうりゅうしょうぼう)」の勅願を贈られ、当初は「興隆正法寺」、後に略して「興正寺」とした。「正しい法を興し栄えさす」の意がある。
 鎌倉時代、1320年、聖徳太子像の開眼があり、願主・了源は5世・了海の遺骨を頭中に納めたという。(像内文書)。同年、了源により、京都・今比叡汁谷(しるたに、渋谷、現在の京都国立博物館付近)に移転したともいう。
 1324年、7世・了源は山科に寺を建立したともいう。覚如は寺名を「興正寺」とした。(『存覚一期記』)
 1327年、本尊が盗難に遭う。
 1326年、了源は、存覚の指導により絵系図を作り布教を拡大する。
 1328年頃、1330年、1320年とも、了源により、京都・今比叡汁谷(しるたに、渋谷、現在の京都国立博物館付近)に移転したという。第96代・後醍醐天皇は「阿弥陀佛光寺」の寺号を贈り、略して「佛光寺」の寺名になった。了源は、仏光寺派中興の祖とされた。
 1331年、焼失している。(『存覚一期記』)
 南北朝時代、1334年、再建された。本尊が開眼される。(『存覚一期記』)
 1336年、源鸞の病没後、了源の妻・8世・了明が門主を継ぐ。
 1352年、延暦寺大衆、祇園社により破却される。(『祇園社家記録』)
 室町時代、本願寺を圧倒するほどの隆盛になる。
 1465年、比叡山による本願寺破却の際には、妙法院門跡の口入により仏光寺の破却は免れた。(「仏光寺文書」)。10世・唯了以来、得度、受戒は妙法院で行われていた。
 1468年、応仁・文明の乱(1467-1477)により焼失している。その後、摂津平野へ一時移転した。以後、寺勢は衰える。
 1469年、13世・経豪(きょうごう)が就く。
 文明年間(1469-1487)、1481年とも、経豪は末寺門徒を率い、本願寺の蓮如に帰依し、興正寺を創建した。そのため、佛光寺は弟・経誉が跡を継ぐ。有力末寺48坊中にわずか6坊(中坊、西坊、南坊、角坊、奥坊、新坊)のみが残っての再興になる。以後衰退する。
 安土・桃山時代、1586年、豊臣秀吉の東山渋谷での大仏殿造営に伴い、代替地の竜臥城跡地(現在地、五条坊門高倉)へ移転になる。
 1596年、京都大地震により御影堂など諸堂が損壊する。(『御影堂奉加帳』)
 江戸時代、1603年、御影堂が再建される。6坊が経費を負担し、用材は大坂、近江より運ばれた。(『御影堂作事使日記』)
 1606年、慶長の大地震により倒壊している。
 1647年、境内は東西93間、南北33間あり、祖師堂15間4面、弥陀堂10間4面あった。(『仏光寺記録』)
 1654年、御影堂が再建される。
 1788年、天明の大火により御影堂、阿弥陀堂などが類焼した。
 1802年、再建される。
 1803年、御影堂、阿弥陀堂などの諸堂、堀、長倉の塀なども描かれている。(『二十四輩順拝図絵』)
 1864年、禁門の変により御影堂、阿弥陀堂が焼失した。
 近代、1884年、御影堂が再建された。
 1904年、阿弥陀堂が再建されている。
 1904年、本堂が再建された。
◆了源  鎌倉時代の浄土真宗の僧・了源(りょうげん、1295-1336)。詳細不明。号は空性(くうしょう)。興正寺4世・了海の3男、興正寺7世。また、もと武家の家人の中間(俗名は金森弥三郎)ともいう。覚如に学び興正寺を建立し、焼失後に再興する。存覚から仏光寺の名を与えられた。
 光明本尊、交名帳、絵系図を使った結縁勧進により、西日本で多くの信者を獲得し、真宗教団組織の基礎を築く。伊賀七里峠で賊に襲われた。死に臨んで賊徒に対し「この者を罪することなかれ、回心の気あり、よく後生を教ゆべし」と諭したという。
◆了明 南北朝時代の真宗の尼僧・了明(1294-1376)。出自は不明。佛光寺派8世宗主、7世・了源の妻。9世・源鸞、10世・唯了の母。1336年、後家尼として8世になる。教団の実質上の宗主を勤める。男尊女卑の時代にあり稀有なことだった。以後、教団は女性に開かれることになる。
◆経豪 室町時代の浄土真宗の僧・経豪(きょうごう、1451-1492。京都生まれ。仏光寺12世・性善(しょうぜん)の長男。1469年、13世を継ぐ。比叡山の横槍が入る。1481年、多くの末寺(48坊中42坊)を率いて佛光寺を去る。本願寺派・蓮如に帰依し、蓮教と改名した。山科に仏佛寺の旧称を号した興正寺を建てた。法名は尭円。
◆真意尼 江戸時代-近代の尼僧・真意尼(生没年不詳)。第25世管長・真達の妻。1888年、第27世管長に就き、2人目の女性管長になる。現在の両堂などを再建する。1905年、管長退職。
◆寺号 佛光寺の寺号について伝承がある。ある夜、賊は本尊、法宝物を盗み、竹やぶに投げ捨てた。また、賊は本尊を奪い逃げようとした。余りの重さと良心の呵責に耐え切れず、二条河原に捨てた。
 その夜、第96代・後醍醐天皇の夢枕に、東南より一筋の光が差し込む。光のもとに人を遣ると、阿弥陀如来の木像が出てきた。寺の阿弥陀如来像の台座と木像が一致したことから、勅願により「阿弥陀佛光寺」、略して佛光寺の寺号が贈られたという。
◆絵系図 布教には、本願寺3世・覚如の子・存覚により作られた了源の絵系図、名帳が用いられた。一時は本願寺を凌ぐほどに信徒を増やした。
◆仏像・木像  ◈本堂安置の「阿弥陀如来立像」(99.5㎝)は、内陣須弥壇上に安置されている。平安時代末期作とみられる。了源の山科佛光寺造立勧進帳に記された「弥陀の尊形においては、有縁の古像を得てこれを渇仰し」に相当するという。納衣は通肩、来迎印を結ぶ。像底は2㎝上げ底。納衣に盛上彩色、載金による袈裟文様がある。寄木造、彫眼。
  ◈本堂脇壇に美仏、「厩戸王(聖徳太子)立像」(94.5㎝)(重文)が安置されている。像内に鎌倉時代「元応二年(1320年)」銘の造立文書が納められていた。了源が山科に念仏道場を建てる際に、願主になり尾張法印湛幸が造仏した。16歳の厩戸王(聖徳太子)像とされ、父の第31代・用明天皇の看病をした際の姿という。「孝養太子像」といわれる。美豆良(みずら、角髪、髪を左右に分け、毛先をそれぞれ耳の辺で結び綰<わが>ねた髪型)を結う。三角形の目が慄然としている。袈裟に横被、右手に笏、左手に柄香炉を持つ。像内に了源の師・父である了海の木像を納める。1934年、造立文書と了海の遺骨(骨粉)包紙が頭中より発見された。現存する太子像の中で最高作品の一つとされている。1939年に重文指定された。寄木造、胎内を内刳、玉眼嵌入。
  ◈本堂両余間に彫像の「七高僧坐像」がある。龍樹・天親(インド)、曇鸞・道綽・善導(中国)、源信・源空(日本)になる。
 後醍醐天皇位牌を安置する。
 ◈本堂脇壇に「法然上人坐像」。
 ◈「了源木像」は、南北朝時代、1344年作。
 ◈大師堂に「親鸞聖人坐像」、両脇壇に「中興了源上人坐像」、「前住上人絵像」、両余間に「九字と十字の名尊号」を掲げる。
◆建築 門、伽藍も東面している。
 ◈4つの門がある。南より阿弥陀堂門(本堂門)、大師堂門、勅使門、玄関門になる。
 
◈ 「阿弥陀堂門(本堂門)」は、近代、1879年に建立された。四脚門、切妻造、前後に唐破風、銅版葺。
  ◈ 「本堂(阿弥陀堂)」は、近代、1904年に再建された。10間4面(間口1536m、奥行21.25m)、単層、入母屋造、本瓦葺、向背に三層の垂木がある。
  ◈ 「大師堂(御影堂)」は、近代、1884年に再建された。間口26.5m、奥行33.1m、向拝10.2m、単層、入母屋造、本瓦葺。
 大師堂北に、黒書院、白書院、南書院、寝殿、大玄関がある。
◆文化財  「光明本尊」は、南北朝時代、1356年に法橋良円による。畳一枚ほどの絹布に描かれていている。中央に「南無不可思議光如来」の九字の名号を書き、釈迦・弥陀二尊、印度・中国・日本三国の諸高僧、厩戸王(聖徳太子)の像を描き、後ろより光明が輝く本尊図をいう。親鸞没後、南北朝時代にかけて多く描かれ、佛光寺派末寺に多く伝わる。滋賀県西通寺のものが最高の作品といわれる。
 紙本着色「絵系図」(重文)(42㎝×491.4㎝)は、了源の頃、道場に所属する門徒の肖像を描いて名簿代わりにした。師弟関係が系図として書かれている。了源が本願寺存覚の指導を受けて製作したのが始まりという。その当初のものとみられ、「序題」と呼ばれる巻頭の趣意書や像主の法名は存覚自身の筆跡による。
 鎌倉時代の紙本墨書「一流相承系図」(重文)は長性院と共有する。
◆井水 「豊園(ほうえん)水」の井戸跡がある。別荘の竜(龍)臥城跡地で、秀吉が茶の湯に用いたものという。
 境内北西にある現在の洛央小学校(下京区仏光寺通東洞院東入)付近は、かつて秀吉が聚楽第に続き築いた別荘・竜臥城の跡地に当たる。その名に因み、1869年に開校した豊園小学校(1875年に改名)があった。
◆惣構 室町時代の応仁・文明の乱(1467-1477)後、町人が自治・自衛のための城郭と堀、惣構(そうがまえ)を築いた。この付近では南北に築造されていた。境内北の洛央小学校付近で校舎を斜め(北西から南東)に横切り、佛光寺境内では南北に縦断していた。 
 1992年の小学校建設に伴う発掘調査で、堀の深さ2m、幅6.5m、長さは50mの規模で確認されている。
◆樹木 イチョウの大木がある。クロガネモチ、シダレザクラ、ベニシダレザクラがある。
◆年間行事 修正会(1月1日-3日)、中興上人御祥忌第7世・了源上人の祥月命日法要(1月7日-8日)、源空上人御祥忌(1月24日-25日)、涅槃会(2月15日)、厩戸王(聖徳太子)御祥忌 (2月21日-22日)、前代門主御祥忌 (3月12日)、春期彼岸会・彼岸経 (春分の前後3日)、春法要・ 親鸞聖人の御誕生会、又は御歴代年回法要(4月2日)、立教開宗記念(4月15日)、盂蘭盆会(8月14日-15日)、秋期彼岸会・彼岸経(秋分の前後3日)、御正忌報恩講 (11月21日-28日)、歳暮法要 (12月31日)。


*年間行事は中止、日時変更の場合があります。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『京都・山城寺院神社大事典』『浄土真宗本願寺派』『京都古社寺辞典』『京都府の歴史散歩 上』『京都 歴史案内』『昭和京都名所図会 5 洛中』『京都大事典』『京都の寺社505を歩く 上』『洛中洛外』『京都 神社と寺院の森』


  光薗院〔仏光寺〕      大行寺〔仏光寺〕      当道職屋敷址        佛光寺本廟      興正寺     佛光寺旧跡            

イチョウ

大師堂

大師堂

大師堂、親鸞聖人坐像

大師堂

大師堂、右は黒書院の入り口

南書院、この奥に白書院がある。

鐘楼

【参照】豊園(ほうえん)水、洛央小学校南

【参照】豊園水
 佛光寺 〒606-8353 京都市下京区新開町397,高倉通仏光寺下る西側   075-341-3321  9:00-15:30
  Home     Home  
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光