熊谷蓮心 表徳碑 (京都市山科区)  
The Memorial Monument for Kumagai, Renshin
熊谷蓮心 表徳碑 熊谷蓮心 表徳碑
50音索引,Japanese alphabetical order   ホーム,Home 50音索引,Japanese alphabetical order   Home

表徳碑


「表徳碑」の題額。洛北比丘空心筆



碑文、朝倉善解の撰・書


西雲寺


西雲寺

妙見道


京都刑務所


京都刑務所の花畑
 山科区東野(ひがしの)の西雲寺(さいうんじ)山門脇左端奥に、「表徳碑(ひょうとくのひ)」が立つ。
 江戸時代後期の商人・社会事業家・熊谷蓮心(くまがい-れんしん)の功績を顕彰し、旧東野村民が立てた。
◆歴史年表 江戸時代後期、1823年、日照りで東野村は水不足になり村人は窮乏した。
 1824年、蓮心は費用を負担し、三之宮神社の長者池を総ざらいし、村人に池の魚を分け与えた。池には新たに小魚を放流し育てた。
 1825年以来、蓮心は、老いて屠殺される牛馬を買い上げ、東野村に放牧場(現在の山科刑務所付近とも)を開き牛馬を放牧した。
 1859年、蓮心は亡くなる。放牧場事業は、熊谷家7代当主・直孝に継がれる。
 近代、1875年、熊谷家8代当主・直行の時に放牧場は閉鎖になる。
 1888年、11月、新市町村令により東野村が山科村に改編される。旧東野村民(総代・安田伊右衛門[やすだ-いえもん] )らにより、蓮心の顕彰のために表徳碑が立てられた。
◆熊谷蓮心 江戸時代中期-後期の商人・社会事業家・熊谷蓮心(くまがい-れんしん、1783-1859)。直恭(ちょっきょう/ちょくきょう/なおやす)、通称は九右衛門。京都寺町通姉小路角で筆墨・薫香を商う「鳩居堂(きゅうきょどう)」の熊谷家4代目当主を継いだ。1825年以来、老いて屠殺される牛馬を買い上げ、山科東野村に放牧場を開き牛馬を放牧した。1836年、大飢饉に至るまで、一枚摺「麦飯のすすめ草」などを著し頒布した。大飢饉では、鴨川三条に「お救い小屋」を建て、15カ月間にわたり窮民1500人に施米し、窮民医療にも尽力した。天然痘予防のために医師を長崎に派遣し、治療法を学ばせた。1849年、京都で種痘の予防接種を実施し、子どもには無料で行う。1853年以来、虎列剌(コレラ)大流行に際し、1858年、隔離所「病人世話場」(一之入船町)を設けた。「急病予防方」を刷り頒布する。1859年、自らも虎列剌に罹患し、病人世話場で治療を受け亡くなった。77歳。
 墓は大雲院(東山区)にある。
◆放牧場 熊谷蓮心は、筆の材料を買い付けるために近江、山科を訪れていた。東野村にも度々訪れた。三之宮神社(三之宮大明神)の神宮寺・妙智院(みょうちいん)の講頭を務めている。1823年の日照りで村は水不足になり、村人は窮乏した。その年、村は年貢免訴になり、神社の秋の祭礼も延期になった。
 1824年に蓮心は費用を負担し、神社の長者池を総ざらいした。村人に池の魚を分け与え、新たに小魚を池に放って放生池と名付けた。音羽川の氾濫後は資金を援助し、堤防を修造し、田の泥を除去させた。金銭を援助し農業も奨励した。
 蓮心は、逢坂山、日ノ岡峠などの車道を通る牛、牛稼ぎの疲弊した様を知った。牛馬は老い病気になり役立たなくなると、動物商人の博労(ばくろう)に売られ屠殺された。
 蓮心は老いた牛馬を買い上げた。1825年に山科東野村に放牧場「老牛馬放生の地」を開き、これらの牛馬を放った。放牧場の場所は、碑の立っている場所の東側、現在の山科刑務所付近(八反田町)だったともいう。場所については異説もある。牛馬の世話は村人に託し、手間賃、餌代なども蓮心が負担した。放牧された牛馬の数は常に20頭余りだったという。同年11月に蓮心は、事業を全国に広げようと、木版刷りの「牛馬放生すすめぐさ」を頒布している。
 1859年に蓮心は、救援に関わった虎列剌(コレラ)を罹患し亡くなる。その没後も、村人の蓮心への追慕の気持ちは変わらなかった。
 近代、1875年、京都府知事・槇村正直と熊谷8代当主・直行との博覧会についての話し合いの中で、「老牛馬放生の地」の閉場が決まった。放牧場開場以来の50年で、牛馬1000頭以上が飼われた。
◆表徳碑 近代、1888年11月に、東野村が山科村に改編されるのに伴い、村人は資金を出し合い、蓮心顕彰のための表徳碑を立てた。当初は西雲寺の本堂前、石組台座上に立てられ、碑の除幕式が行われている。
 その後、碑は門外の現在地に移される。題額は、洛北比丘空心、撰・書は、西雲寺住持・朝倉善解(あさくら ぜんかい)による。
◆西雲寺 西雲寺は真宗大谷派であり、室町時代、天文年間(1532-1555)に創建されたという。開基は常雲による。京西六条坊山科小山村道場より兼帯だった。(「比留田文書」中「寺社御改帳」)
◆京都刑務所 京都刑務所(山科区東野)は、碑の東にある。法務省所管の既決囚BF級(有罪の判決が確定し、刑の執行を受ける囚人)の収容施設になる。
 近代、1869年に旧小浜藩邸(中京区御池神泉苑西入ル)に、「京都府徒刑場」が開設された。1870年に旧幕府所司代邸(上京区主税町)に「恙役場(ようやくば)」として移転された。1903年に司法省直轄の「京都監獄」になる。1922年に「京都刑務所」と改称された。1927年に現在地(山科区)に移転新築になった。1931年に竣工している。
 木工、印刷、金属、洋裁作業が行われ、収容定員は1443人になる。


原則として年号は西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
参考文献・資料 碑文、ウェブサイト「京都市 京都のいしぶみデータベース」、『東野村の人々と熊谷蓮心~翁表徳碑物語~』、『山科の歴史を歩く』、『京都大事典』、『史料 京都の歴史 第11巻 山科区』、『山科事典』、『京都山科 東西南北』 、ウェブサイト「コトバンク」


関連・周辺,relevance&surrounding area三之宮神社(三之宮)  周辺称名寺   周辺,surrounding area佛光寺旧跡の碑(興正寺跡)   関連,relevance鳩居堂   関連,relevance大雲院(祇園閣)  関連,relevance車石・車道・日岡峠  関連,relevance逢坂・逢坂山・逢坂関跡  関連,relevance若州(若狭)小浜藩邸跡    
京都市内史跡地図 平安京オーバレイマップ・碑・発掘調
map 熊谷蓮心 表徳碑 〒607-8145 京都市山科区東野八反畑町32
50音索引,Japanese alphabetical order ホーム,Home  top 50音索引,Japanese alphabetical order ホーム,Home  top
logo,kyotofukoh © 2006- Kyotofukoh,京都風光