三之宮神社(三之宮) (京都市山科区)  
Sannomiya-jinja Shrine
三之宮神社 三之宮神社
50音索引,Japanese alphabetical order   ホーム,Home 50音索引,Japanese alphabetical order   Home



「三之宮」の社号扁額


「山科三之宮」の社号石標




手水舎

手水舎

神楽殿(舞殿)






祓戸大神


拝殿、本殿


拝殿


本殿


本殿
 山科区東野に三之宮神社(さんのみや -じんじゃ)がある。正式には「三之宮」、「山科三之宮」と呼ばれている。かつては、「西岩屋大明神(山科神社)」の三之宮とされていた。
 祭神は鵜鵜草葺不合尊(うがやふきあえずのみこと)、後に第60代・醍醐天皇(だいご-てんのう)、北朝第6代・歴代第100代・後小松天皇(ごこまつ-てんのう)を合祀した。
◆歴史年表 平安時代、延喜年間(901-923)、第60代・醍醐天皇の創建によるという。三之宮大明神と呼ばれた。本社殿が建立され、後に醍醐天皇を合祀した。
  その後、荒廃する。
 鎌倉時代、「三宮」と記されている。(『山科郷古図』)
 中世(鎌倉時代-室町時代)以降、山科七郷の総鎮守になる。
 室町時代、1396年、北朝第6代・歴代第100代・後小松天皇は、勅により社殿を再興した。天皇の宸筆を含む大般若経600巻を奉納した。
 江戸時代、1613年、第108代・後水尾天皇は深く当宮を崇敬し、社殿を改築した。
 1615年、後水尾天皇より社領20石が与えられた。
 1617年、境内に神宮寺の別当寺・妙智院が造営される。以来、大般若経輪読の際には社僧が修した。
 1623年、後水尾天皇の綸旨(りんじ)により勅願所になる。
 幕末-近代、寺子屋が開かれ、宮司が子弟に教えていた。
 近代、1868年、神仏分離令発令に伴い別当寺妙智院は廃止された。明治期(1868-1912)まで、 毎年宮中より神供米一石を下賜されていた。
 1877年まで、山科祭では山科神社とともに神輿巡行を行う。
 現代、1989年、参集館が建てられた。
◆宝蔵 境内に、大般若経宝蔵が残され、『大般若経』600巻(6箱)が納められている。
 室町時代、1396年に後小松天皇は、勅により社殿を再興した。天皇は、山科郷に『大般若経』600巻、大般若十六善神本尊を下賜する。『大般若経』3巻は天皇の宸筆だった。ほかは親王、公卿、門跡などの書写によるという。
 これらは、三之宮宝蔵に納められた。以来、近世に至るまで毎年正月、5月、9月の3回、山科14か村の山科郷士が廻り持ちで大般若経の輪読供養をしていた。以後、山科七郷(やましな-しちごう)の結束が強まったという。野村郷(現在の西野、東野)の三之宮が、七郷の中心になっている。
 江戸時代、1617年に、境内に神宮寺の別当寺・妙智院が造営される。以来、大般若経輪読の際には社僧が修した。その後、火災などで『大般若経』が欠本した。1824年に、有栖川宮韶仁親王(ありすがわのみや つなひとしんのう、1785-1845)らにより、書写された経巻が補われて寄進された。
 近代、1868年の神仏分離令後は、妙智院が廃止されている。維新後の輪読供養中絶を経て、1969年に有志により復興された。
◆宝篋印塔 境内の「宝篋印塔」は、神宮寺の妙智院の遺物であり、江戸時代、延亨元甲子年(1744年)の銘がある。14世・法印快運が造立した。
◆一之宮・二之宮・三之宮 かつて、山科神社は「一之(ノ)宮」、中臣神社はその「二之(ノ)宮」、三之宮神社(三之宮)はその「三之(ノ)宮」と呼ばれていた。また、岩屋神社と合わせて「山科宮四座」と呼ばれた。
 中臣神社は、現在も山科神社の山科祭の御旅所になっている。
 三之宮神社(三之宮)では、山科祭で山科神社とともに神輿巡行が行われていた。
 江戸時代初期、東野の惣触頭・土橋家が、神輿2基を寄進し祭りが復興された。山科神社の神輿1基には「西」、三之宮の神輿1基には「野」の字が冠された。近代、1877年まで山科祭で両神輿は、西野山、来栖野、東野、西野地区を共に神輿巡行していた。
 その後、両社間で神輿巡行の際に争論が起きたという。近代、1878年、府命令が出て、両社は分離した。以後、山科神社が神輿1基を三之宮に渡している。氏子地区も分けられ、東野、西野は三之宮の氏子になった。
◆年間行事 例祭(山科祭)(10月第3日曜日)。


原則として年号は西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
年間行事(拝観)などは、中止、日時・内容変更の場合があります。
参考文献・資料 駒札、石碑、『京都大事典』、『史料 京都の歴史 11 山科区』、『山科の歴史を歩く』、『京都山科 東西南北』、『京都事典』


関連・周辺,relevance&surrounding area熊谷蓮心 表徳碑  周辺,surrounding area佛光寺旧跡の碑(興正寺跡)  関連,relevance山科神社   関連,relevance中臣神社  関連岩屋神社    関連,relevance歴代天皇データ     
 

宝蔵

クスノキの大木
 
京都市内史跡地図 平安京オーバレイマップ・碑・発掘調
map 三之宮神社 〒607-8145 京都市山科区東野八反畑町47 phone 075-593-6468  
50音索引,Japanese alphabetical order ホーム,Home  top 50音索引,Japanese alphabetical order ホーム,Home  top
logo,kyotofukoh © 2006- Kyotofukoh,京都風光