称名寺 (京都市山科区)  
Shomyo-ji Temple
称名寺 称名寺
50音索引,Japanese alphabetical order   ホーム,Home 50音索引,Japanese alphabetical order   Home





「東野村土中出現 観世音」の石標


 東野百拍子町(ひゃくびょうし-ちょう)の妙見道に、南面して称名寺(しょうみょうじ)はある。稱名寺とも記された。
 浄土宗西山禅林寺、禅林寺の末寺になる。
◆歴史年表 創建、変遷の詳細は不明。
 
江戸時代
、1661年、松声(しょうせい)上人により創建されたという。称名寺と称した。(寺伝) 
◆観音像 「十一面観音像」は、鍬形(くわがた)観音」「鍬形痕(くわがたあと)観音」と呼ばれ信仰を集めている。
 かつて、牛尾山(山科区)山中の十住心院本堂(明教寺前身)に、等身大の「十一面観音像」が安置されていた。ある時、山崩れ洪水(土石流)が起こる。仏閣は流出し、観音像も行方不明になる。
 数年後に、音羽川下流に流された像は、夜に光を放った。東野(山科区)の村人が怪しみ、鋤鍬(すきくわ)により水底から像を見つけた。また、農民が土中より見つけたともいう。村人は深く帰依し、仏閣(松声庵の別殿、現在の称名寺)を建て像を安置した。
 また、像は一度、十住心院に戻されたともいう。その後、再び東野まで流されたため、お堂を建てて安置したという。称名寺では、「鍬形(くわがた)観音」「鍬形痕(くわがたあと)観音」と呼ばれ信仰を集めた。


原則として年号は西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
参考文献・資料 『山科事典』、『京都山科 東西南北』、『山科の歴史を歩く』、『史料 京都の歴史 第11巻 山科区』


関連・周辺,relevance&surrounding area  周辺,surrounding area熊谷蓮心 表徳碑  周辺,surrounding area佛光寺旧跡の碑(興正寺跡)  関連,relevance     
京都市内史跡地図 平安京オーバレイマップ・碑・発掘調
map 称名寺 〒607-8153 京都市山科区東野百拍子町42 phone  
50音索引,Japanese alphabetical order ホーム,Home  top 50音索引,Japanese alphabetical order ホーム,Home  top
logo,kyotofukoh © 2006- Kyotofukoh,京都風光