淳和天皇 大原野西嶺上陵 (京都市西京区)  
Imperial mausoleum of Emperor Junna
淳和天皇 大原野西嶺上陵 淳和天皇 大原野西嶺上陵
50音索引,Japanese alphabetical order    Home 50音索引,Japanese alphabetical order    Home

「淳和天皇御陵兆域原標」の石標


参拝道


制札


淳和天皇 大原野西嶺上陵


淳和天皇 大原野西嶺上陵


淳和天皇 大原野西嶺上陵」の石標


円丘


参拝道


淳和天皇陵道

小塩山山頂
 洛西の小塩山(642m)山頂に、大原野西嶺上陵(おおはらの の にしのみね の えのみささぎ)がある。
 平安時代の第53代・淳和天皇(じゅんな てんのう)が葬られている。天皇は、山陵を営まず、散骨することを望んだという。 
◆歴史年表 平安時代、840年、5月8日、淳和天皇は淳和院で亡くなる。その遺詔により、5月13日、乙訓郡物集村(おとくにぐん もずめむら)で火葬され、薄葬により大原野西山の嶺(にしやまのみね)に散骨された。小石で築かれた円塚があったという。
 江戸時代、1699年、諸陵探索では、物集村の御廟塚(ごびょうづか、現在の火葬塚)を陵所にした。
 1862年-1863年、文久の修陵では、この地にあった「清塚(きよづか)」が天皇の散骨地として修陵された。陵名は、大原野西嶺上陵に改められた。物集村の御廟塚は火葬塚に治定された。
◆淳和天皇 平安時代の第53代・淳和天皇(じゅんな てんのう、786-840)。大伴(おおとも)、西院帝、日本根子天高譲弥遠天皇(やまとねこあめたかゆずるいやとおのすめらみこと)、後太上天皇とも称された。第50代・桓武天皇の第3皇子、母は藤原百川の娘・松子(贈皇太后旅子[たびこ])。810年、平城太上天皇の変(薬子の変)により、兄・平城上皇(第51代)は失脚し、その皇子・高岳(たかおか)親王(真如)は廃太子された。第52代・嵯峨天皇の信頼篤く、皇太弟になる。823年、嵯峨天皇の譲位により即位した。冷然院(冷泉院)に住む嵯峨上皇は影響力を残し、皇太子に上皇の皇子・正良親王(後の第54代・仁明天皇)が立つ。大伴氏は、天皇への配慮から「伴氏」に改めた。824年、左右検非違使庁を設置し、制度を強化した。826年、上総、常陸、上野を親王任国に定める。833年、皇太弟時代の離宮南池院(西院とも)を整備した淳和院に移り、第54代・仁明天皇に譲位した。淳和上皇の皇子・恒貞(つねよ)親王が皇太子になる。
 治水事業、律令制再建、令外官の勘解由使(かげゆし)の復活、検非違使制度の強化を行う。勅旨田、親王任国を置き皇室財政を強化した。漢詩に長じた。詩文集『経国集』(827)、滋野貞主による百科事典『秘府略』(831)、清原夏野らの令(りょう)の公的注釈書『令義解(りょうのぎげ)』(833)の編纂などに努めた。
 温厚な性格だったという。当初、上皇の称号、待遇を辞退する。上皇が二人のため、嵯峨上皇を「先(前)太上天皇」、淳和上皇は「後太上天皇」と称した。遺言により山陵は築かれず、大原野山中に天皇初の散骨が行われた。御陵は大原野西嶺上陵(西京区)になる。
 なお、842年、嵯峨上皇没後、皇子・恒貞親王は廃位になった。(承和の変)。
◆陵墓 小塩山(642m)山頂に長円丘が築かれている。周囲には石垣が積まれ、東面している。東西50m、南北40m。
 平安時代、840年5月8日、淳和天皇は亡くなる。遺詔に薄葬とあり、5月13日に、乙訓郡物集村で火葬後、遺骨は粉々に砕かれて大原野山中(西山嶺)上から散布された。(『続日本後紀』)。国忌(こき)、荷前(のさき/にさき、陵への奉献)もなかった。散骨葬のため山陵は築かれていない。その後、小石で築かれた円塚があったという。『延喜式』諸陵寮にも陵は記されていない。
 江戸時代、1699年の諸陵探索では、物集村の御廟塚(ごびょうづか、現在の火葬塚)を陵所にした。1862年-1863年、文久の修陵では、現在地の「清塚(きよづか)」「経塚(きょうづか)」が天皇の散骨地として修陵されている。径2mほどの石積みの小塚5基が東西に立てられていたという。
 なお、物集女(山城国乙訓郡物集女村、向日市)には火葬塚がある。
◆小塩山 小塩山(おしおやま)は、標高642mあり、大原山(おおはらやま)、清塚山とも呼ばれた。乙訓西山の山の総称としても使われた。
 歌枕の一つに数えられる。


51 平城天皇(在位:806-809) →52 嵯峨天皇 (在位:809-823) →53 淳和天皇 (在位:823-833) →54 仁明天皇 (在位:833-850) →55 文徳天皇 (在位:850-858)

*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*小塩山へは徒歩で登る方法しかありません。登山道は複数あります。府道141号線は、山麓付近から先は一般車両の通行が禁止されています。麓付近以外に人家はありません。
*参考文献 『検証 天皇陵』『天皇陵 謎解き完全ガイド』『歴代天皇125代総覧』『京都大事典』『図説天皇陵』『歴代天皇年号事典』、ウェブサイト「コトバンク」


関連・周辺金蔵寺・小塩山    周辺    関連淳和院跡    関連高山寺・淳和院跡   関連淳和天皇 火葬塚    関連桓武天皇 柏原陵   関連藤原旅子 宇波多陵   関連物集女車塚古墳   関連歴代天皇データ     
 国土交通省京都国道工事事務所 小塩山無線中継所
小塩山よりの東の眺望、左端に比叡山、東山の山並み

小塩山(中央付近)
京都市内史跡地図 平安京オーバレイマップ・碑・発掘調
map 淳和天皇 大原野西嶺上陵  〒610-1153 京都市西京区大原野南春日町
50音索引,Japanese alphabetical order  Home   top 50音索引,Japanese alphabetical order  Home   top
© 2006- Kyotofukoh,京都風光