善正寺 (京都市左京区)
Zensho-ji Temple
善正寺 善正寺 
  Home   Home





善正寺・学室石碑


「妙慧山 善正寺」の寺号板


「豊臣秀次公、村雲門跡瑞龍寺 御墓所」の寺号板

 善正寺(ぜんしょうじ)は、金戒光明寺の西の高台に建つ。豊臣秀吉の実姉・智(とも、日秀尼)、その子・秀次にまつわる寺になる。山号は妙恵山という。 
 日蓮宗本圀寺派、本尊は三宝尊、十界大曼荼羅とも。
 「東山檀林」と呼ばれ、日蓮宗京都六壇林の一つに数えられた。
◆歴史年表 創建の詳細は不明。
 かつて、法勝寺の西にあり、善勝寺と称したともいう。官人・藤原保卿(? -988)の建立によるという。後に善正寺と改め、日蓮宗に改宗したともいう。(『雍州府志』中の『薩戒記』の引用)
 安土・桃山時代、1595年、16世紀(1501-1600)末とも、日秀尼は高野山で自害した子・豊臣秀次の菩提を弔うために、当初は嵯峨亀山(嵯峨・二尊院とも)に一宇を建立する。開山は本圀寺・28世・日鋭という。
 1600年、現在地に移転した。日秀尼は日鋭を開山とし善正寺を建立したともいう。寺号は、秀次法名「善正寺殿高巌道意」に因むという。本圀寺に属した。(『拾遺都名所圖會』巻2)
 江戸時代、1624年、寛永年間(1624-1644)とも、4世・日演が中興し、東山檀林(学室善正講寺)を開檀する。山城国(京都)六檀林の一つになる。以後、多くの学僧が集まる。花時に参詣した人々には数日間の法談が行われ、「さくら談義」と呼ばれた。
 近代、1872年、1873年とも、学制発布により東山檀林は廃檀する。以後、衰微し、境内は半減する。
 現代、1976年、境内の南半分に市立白河養護学校が開校した。
◆日鋭 安土・桃山時代の日蓮宗の僧・日鋭(生没年不詳)。詳細不明。本妙寺日鋭。本圀寺・28世、1595年、善正寺の開山。
◆日秀尼 安土・桃山時代-江戸時代の尼僧・日秀尼(にっしゅうに、1533-1625)。尾張に生まれた。豊臣秀吉の姉で俗名は智(とも)という。武将・三好吉房(後、犬山城主)に嫁ぎ、豊臣秀次ら3人を産む。二男・秀勝は朝鮮の唐島で戦死した。三男・秀保は十津川温泉で事故死する。1595年、長男・秀次が秀吉に切腹させられる。夫は讃岐に配流された。(秀次事件)。聚楽第を出て嵯峨野に向かう。秀次の首は庵の傍らに埋葬し供養する。本圀寺の16世・日禎(にちじょう)により得度し、1598年、第107代・後陽成天皇より瑞龍院の院号を受け、瑞龍院妙慧日秀と名乗った。嵯峨・善正寺、村雲に瑞竜寺の二寺を開く。
◆豊臣秀次  安土・桃山時代の武将・豊臣秀次(とよとみ ひでつぐ、1568-1595)。父は三好吉房、母は豊臣秀吉の姉・瑞竜院日秀。初め宮部継潤の養子、後に三好康長(笑厳)の養子になる。1584年、小牧・長久手の戦で指揮を誤り、戦死者を多く出す。1585年、羽柴の名字を許され、秀吉の諱の一字より秀次と名乗り、近江八幡山の城主になる。1591年、秀吉は淀殿との間に生まれた鶴松を3歳で失う。秀吉は秀次を養子とし、関白職を秀次に譲り豊臣家を継がせる。秀吉自らは太閤と称した。だが、1593年、淀殿が秀頼を産む。秀吉は秀次に関白職を譲ったことを悔やむ。秀頼と秀次の娘との婚約を勧めたものの、秀吉と秀頼の間に亀裂が入る。1595年、秀吉は秀次に反逆の疑いをかけ、高野山青厳寺へ追放、切腹の命を下す。秀次は自害した。28歳。秀次の五家臣も殉職している。
 秀次については暗殺説もある。多才な人物で剣術や歌道をよくし、名筆や古典籍を収集するなど文化的趣味も豊かだったという。
◆日演 江戸時代の日蓮宗の僧・日演(生没年不詳)。詳細不明。顕寿院日演。善正寺4世。1624年、寛永年間(1624-1644)とも、善正寺を中興し、東山檀林(学室善正講寺)を開檀する。
◆江村専斎 安土・桃山時代-江戸時代の儒医・江村専斎(えむら せんさい、1565-1664) 。京都生まれ。江村樸斎・剛斎・訥斎の父。秦宗巴(はた そうは)に曲直瀬(まなせ)道三流医術を学ぶ。加藤清正、美作・津山藩主・森忠政に仕えた。細川幽斎、木下長嘯子らと親交した。100歳まで生き、長寿の秘訣を後水尾上皇に奏聞し、鳩杖を下賜された。和歌もよくした。伊藤坦庵により談話『老人雑話』がまとめられた。
 本人、一族の墓は善正寺にある。
◆仏像・木像 本堂に「法華首題碑」、名釈迦として知られた「釈迦如来像」、「阿弥陀如来像」を安置する。
 本堂に「豊臣秀次公木像」(48.8㎝)が安置されている。日秀が安土・桃山時代、1597年に彫らせた。五条坊門仏師・民部法眼作による。寄木造、彩色、玉眼入。
 「日秀寿像」(40㎝)は、安土・桃山時代、1601年の65歳の寿像になる。右手に宝棒、左手に経巻を持つ。寄木造、彩色、玉眼入。
 「金銅釈迦仏」(30㎝)は、本尊傍らの厨子内に納められている。江戸時代、元和年間(1615-1624)、肥前国玉名郡中村浜の海底より現れたという。元政上人筆の縁起文が残る。
◆建築 旧表門、表門のほか、本堂、大師堂、善正殿(秀次廟)は近年建立された。ほかに鐘楼、庫裏などが建つ。
◆瑞龍寺 日秀尼は日蓮宗の瑞龍寺(ずいりゅうじ)というもう一つの寺も建立している。現在、滋賀県近江八幡市に移された。正式には、村雲御所瑞龍寺門跡瑞龍寺という。
 寺は当初、嵯峨の村雲(現在の二尊院付近)に開いた。安土・桃山時代-江戸時代初期の第107代・後陽成天皇(在位1586-1611)により村雲の寺地、瑞龍寺の寺号、寺領1000石を贈られた。日秀尼は自らの菩提寺とした。皇女や公家子女が入寺、住職となり尼門跡となる。村雲卸所とも呼ばれた。
 江戸時代、西陣(堀川今出川付近)に移転している。現代、1961年、堀川通の拡張工事に伴い、豊臣秀次ゆかりの八幡山城本丸跡(滋賀県近江八幡市)へ再移転した。当時の11世門跡・九条日浄尼代(1896-1962)が中興し、移転に尽力したという。
 善正殿(秀次廟)に秀次の供養墓(五輪塔)、日秀尼(1世・瑞龍院日秀尼)、秀次の父・三好吉房(1522-1612)、秀次の弟・秀勝(1569-1592)、一族の供養塔が立つ。
 室町時代-江戸時代の公卿・菊亭(今出川)晴季(1539-1617)、儒医・江村専斎(1565-1664)、その子・全庵の墓がある。
 村雲瑞龍寺歴代として、2世・瑞円院日怡尼(九条幸家三女)、3世・瑞照院日通尼(二条康道子女)、4世・瑞法院日寿尼(鷹司教平の女子)、5世・瑞現院日顕尼(鷹司房輔の女子)、6世・瑞應院日慈尼、7世・瑞妙院日護尼(二条吉忠の女子)、8世・常孝院日照尼(有栖川宮音仁親王王女・茂美宮)、9世・瑞政院日尊尼(伏見宮貞敬親王王女・為宮)、10世・瑞法院日栄尼(伏見宮邦家親王王女・万佐宮)、11世・瑞珠院日浄尼(仙石政敬の女子)、12世・瑞興院日英尼(小笠原長幹の女子)、13世・瑞華院日凰尼(桜緋紗子)などが葬られている。 


*非公開。境内の撮影禁止。
*参考文献 『京都の寺社505を歩く』『京都古社寺辞典』『秀吉の京をゆく』『昭和京都名所図会 2 洛東 下』『京都大事典』


 関連・周辺       周辺福ノ川跡      関連瑞泉寺       関連瑞雲院       関連涌泉寺(松ヶ崎檀林)       関連常照寺(鷹峯檀林)        関連本圀寺(本圀寺求法院)      関連護国寺(山科檀林)       関連北真経寺(鶏冠井檀林)       関連嵯峨村雲別院(瑞龍寺跡)           
 善正寺 〒606-8321 京都市左京区岡崎東福ノ川町9   075-771-0859
50音索引  Home   50音索引  Home  
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光