瑞雲院 (京都市下京区)
Zuiun-in Temple
瑞雲院  瑞雲院
50音索引,Japanese alphabetical order  Home 50音索引,Japanese alphabetical order  Home






  堀川五条の北西にある瑞雲院(ずいうんいん)は、百石寺(ひゃっこくでら)、百石さん(ひゃっこくさん)とも呼ばれている。日蓮宗本圀寺の元塔頭の一つ。 
 小早川秀秋の菩提を弔う。
 日蓮宗。
◆歴史年表 創建の詳細不明。
 安土・桃山時代、1602年、日求が小早川秀秋の菩提を弔うために、塔頭・玉陽院を改めて開創したという。秀秋の祭祀料として徳川家康が寺領100石を与えたことにより、百石寺とも称された。
 また、豊臣秀吉の姉・日秀尼(1533-1625)が、秀秋追善のために建立したともいう。安土城内の秀頼旧邸を移し方丈とした。100石を施入したともいう。
◆日求 江戸時代前期の日蓮宗の僧・日求(にちぐ、?-1655)。法諱は速治、号は智門院、了因坊、勧持院。越中(富山県)に生まれた。越後の本成寺12世・日芸について出家した。上京し、本禅寺10世になる。1532年、天文法華の乱後、寺門興隆に尽力した。日陣門流教学を復興した。80歳。
◆小早川秀秋 安土・桃山時代の武将・小早川秀秋(こばやかわ-ひであき、1582-1602)。幼名は辰之助、通称は金吾中納言。近江国(滋賀県)に生まれる。豊臣秀吉正室・台院(北政所)の兄・木下家定5男。母は杉原七郎左衛門家次の娘。秀吉養子として高台院のもとで養育され、羽柴秀俊と称した。1591年、右衛門督、丹波国亀山に石を与えられる。1593年、文禄の役に肥前国名護屋に出陣した。秀吉側室淀が拾丸(秀頼)を生み小早川隆景の養子となる。1594年、備後国三原に赴く。1597年、隆景没後、秀秋を名乗る。慶長の役で総大将として渡海した。指導力を問題視した秀吉に帰国を命じられた。1599年、一度没収された越前国北庄を戻される。1600年、関ヶ原の戦で西軍より寝返り、家康の勝利に貢献した。戦後、その功により備前・美作を与えられた。21歳。
 瑞雲院に秀秋の坐像を安置する。石塔には「瑞雲院殿前黄門秀巌日詮大居士」と刻まれている。
◆日秀尼 室町時代後期-江戸時代前期の日蓮宗尼僧・日秀尼(にっしゅうに、1533-1625)。俗名は智(とも)、本名は智子、字は妙慧、道号は村雲、通称は村雲尼、院号は瑞龍院。尾張(愛知県)の生まれ。父は木下弥右衛門、母は天瑞院(大政所)、豊臣秀吉の姉。農民・弥助(後の武将・三好吉房、犬山城主)に嫁ぐ。1568年、秀次、1569年、秀勝、1579年、秀保を産んだ。1588年、秀保は羽柴秀長の養子に入れた。1590年、秀次の尾張転封後は犬山城に移る。1591年、秀吉が嫡子・鶴松を喪い、秀次・秀勝を養子に入れる。1592年、秀勝は文禄の役で病死(戦死とも)、1595年、秀次は秀吉に高野山で切腹させられる。夫は連座し讃岐に配流された。(秀次事件)。秀保も病死(十津川温泉で事故死とも)した。聚楽第を出て、嵯峨野に善正寺を建立し、秀次一族の菩提を弔う。秀次の首は庵の傍らに埋葬し供養した。1596年、本圀寺の16世・日禎(にちじょう)により得度する。村雲に瑞龍寺を建立した。1598年、第107代・後陽成天皇より瑞龍院の院号を受け、瑞龍院妙慧日秀と名乗る。天皇は寺領を寄進した。1612年、夫没後、1615年、大坂の陣で秀頼ら親族を失い、豊臣方の山口兵内の妻・お菊(孫娘)も処刑された。92歳。
 瑞龍寺中興三大比丘尼の1人。墓は瑞龍寺(滋賀県)、本圀寺(山科区)、善正寺(左京区)に供養塔がある。
◆古井の尊像 日蓮上人の坐像がある。逸話が残る。
 室町時代、永禄年間(1558-1570)、日乗が大宮八条付近を通ると、法華経の読経のようなものが聞こえてきた。声のする方に近寄ると古井戸があり、水底より聞こえる。井戸に入り捜すと像があり、持ち帰り安置したものという。足利義昭も信仰した。
 井戸には稲荷神が祀られ古井稲荷社と呼ばれた。
◆墓 塗籠の御堂の厨子内に小早川秀秋の坐像を安置する。近くの石塔には「瑞雲院殿前黄門秀巌日詮大居士」と刻まれている。
 境外北に、赤穂浪士・小野寺十内の妻・丹の墓がある。


*非公開、要事前連絡。
*参考文献・資料 『洛中洛外』、『京の怪談と七不思議』、『京都歴史案内』、『京都大事典』 、ウェブサイト「コトバンク」


関連・周辺  周辺小野寺丹の墓・旧了覚院〔本圀寺〕  関連本圀寺  関連瑞泉寺  関連西方寺(左京区)    
瑞雲院 〒600-8357 京都市下京区柿本町682,岩上通五条上ル東側  075-811-0093 
50音索引,Japanese alphabetical order  Home   50音索引,Japanese alphabetical order  Home  
  © 2006- Kyotofukoh,京都風光