成願寺・七保天満宮跡 (京都市右京区)  
Jogan-ji Temple
成願寺 成願寺
50音索引,Japanese alphabetical order    Home 50音索引,Japanese alphabetical order    Home

























宗祖銅像日蓮聖人像
 花園艮北町(はなぞの こんぼくちょう)に成願寺(じょうがんじ)はある。山号は松樹山という。
 本門法華宗、本尊は十界曼荼羅。
◆歴史年表 平安時代、947年頃、北野天満宮の創建前後に、菅原道真の側近が西ノ京に道真の霊を祀る。「七保天満宮(ななほてんまんぐう)」と称され、道真の自作という十一面観音菩薩を安置する。以後、木辻の神部家が奉仕した。
 その後、一時衰退する。
 1179年、公卿・藤原経宗(ふじわら の つねむね 1119-1189)らは、3日間で当寺の「木辻の塔の百塔詣」を行ったという。
 公卿・藤原(中山)忠親(ふじわら の ただちか、1131-1195)は、「京の百基の塔に詣」に際して、最初はこの地の「木辻の塔」から詣でたと記している。(『山槐記』)
 室町時代、応永年間(1394-1428)、1400年頃とも、浄土宗の空山が再建し、「浄願寺」に改称した。 
 応仁・文明の乱(1467-1477)で木辻の塔は焼失している。
 江戸時代、1689年、教伝坊日行は再興する。三井家家祖・三井高利より寺地買収、客殿などの寄進を受けた。法華宗に改宗する。
 1694年、高利は亡くなり、真如堂に葬られた。その遺命により、北家2代・高平(宗竺)、室町家初代・高伴(宗利)が七保天満宮の拝殿、社殿、寺の本堂を再建する。高利の法名「松樹院殿長誉宗寿大居士」に因み、「松樹山成願寺」と名付けられた。以後、三井家の祈願所になる。境内は東西30間、南北55間余、5反7畝( 5643㎡)を有した。
 近代
、1872年、1873年とも、1868年の神仏分離令後の廃仏毀釈により、本殿などは壊され、七保天満宮も廃された。成願寺の拝殿、社殿は北野御旅所(中京区)に移された。
 1931年、日修は宗祖650年遠忌に本堂を拡張した。
 現代、戦後は三井家の援助もなくなり、荒廃した。
 1974年、門前に「七保天満宮旧蹟」の石標が立てられた。
 1980年、宗祖700年御遠忌に、宗祖銅像日蓮聖人像、歴代の墓碑が建立される。玄関も新築される。
 1987年、16世・日望は、宗祖700年遠忌、開創300年を記念し、近代以前の旧本堂跡地に本堂を再建した。旧本堂は奥書院に改造される。
 2002年、日蓮大聖人立教開宗750年を記念し、多宝塔「寂光殿」を建立した。『法華経自我偈』1000巻を納経する。
 2012年、大覚大僧正650年遠忌・日隆大聖人550年遠忌記念として、鐘楼堂を新築し、梵鐘の新造した。鬼子母神石像、不動愛染明王を造立する。多宝塔(寂光殿)の漆塗りなどが行われる。
◆日行 江戸時代前期の日蓮宗の僧・日行(?-?)。吉崎傳右衛門。三井両替店の番頭だった。1689年、仏門に入り、大本山の妙蓮寺で教仏坊日行と改名した。 1690年、三井家の祖・三井高利の外護を得て、成願寺を再建した。
◆三井高利 江戸時代前期の呉服商・両替商・三井高利(みつい たかとし、1622-1694)。伊勢国松坂に生まれた。父は三井越後守高安の子・三井則兵衛高俊、母は永井氏娘。両親は酒、味噌、質商を営む。1635年、長兄・俊次の江戸の呉服店に見習いに出る。1649年、一時松坂に帰り金融業により蓄財、妻・中川氏娘かね(寿讃)との間に10男5女をもうける。1673年、兄没後、長男・高平とともに江戸本町に「越後屋八郎右衛門(三越前身)」、京都室町薬師町でも呉服業の仕入店を始めた。後に大坂にも事業展開し、1683年、江戸を皮切りに各店に両替店も併設した。「薄利多売現銀(金)掛値なし」「正札販売」の商法により、幅広く商う。幕府より公儀呉服御用達、金銀御為替御用達を命じられ、商人の理想「江戸店持京商人」(えどだな もちきょう あきんど)となる。三井家事業・三井財閥の創業者。
 墓地は真如堂にある。
◆七保天満宮 平安時代、947年頃、北野天満宮の創建前後に、菅原道真の側近の者が、西ノ京に道真の霊を祀った。「北野天満宮御供所七保」とされ、右京一条と二条の間に設けられた。
 この付近は、七の保であり、神事に奉仕する北野神人らが住んだ。「七保天満宮(ななほてんまんぐう)」を祀る。道真自作という十一面観音菩薩を安置し、木辻の神部家が奉仕した。
 近代、1868年の神仏分離令後の廃仏毀釈により、1872年、1873年に御供所七保は廃止される。七保天満宮も廃された。本殿などは破却される。成願寺は残ったものの、拝殿、社殿は北野天満宮の北野御旅所へ移された。
 現在、境内には小祠の七保天満宮が祀られている。
◆建築 表門、本堂、玄関、多宝塔(寂光殿)、奥書院、鐘楼などが建つ.。
 ◈「玄関」は、1980年に建てられた。
 ◈ 「本堂」は、1987年に建てられた。阪大以前の跡地に木造総桧造で再建された。
 ◈ 「奥書院」は、1987年に建立された。旧本堂を大改造している。
 ◈ 「多宝塔(寂光殿)」は、2002年に建てられた。高さ10.7m。
 ◈ 「鐘楼堂」は、2012年に建立された。
◆ツバキ 「成願寺椿」は花弁が大きい。
◆墓地 松樹院(三井高利)の墓がある。歴代上人の墓がある。
◆年間行事 年初祈祷会(1月1日)、新年祈祷廻(1月4日-7日)、節分会法要(2月3日)、春季彼岸法要(3月21日)、盆精霊迎回向(8月6日-9日)、盆棚経回向廻(8月10日-15日)、盆施餓鬼法要(8月16日)、秋季彼岸法要(9月23日)、宗祖御会式法要(11月27日)、大晦日鐘撞き(12月31日)。


*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*年間行事(拝観)などは、中止、日時・内容変更の場合があります。
*参考文献 当寺ウェブサイト、ウェブサイト「京都市 京の碑」『昭和京都名所図会 4 洛西』


関連・周辺北野天満宮    関連・周辺   周辺北野神社御旅所・御輿岡神社       関連三井越後屋京本店記念庭園・三国稲荷大明神      関連真如堂(真正極楽寺)      関連木島神社(蚕ノ社)     関連宇多源氏始祖追遠之碑      
京都市内史跡地図 平安京オーバレイマップ・碑・発掘調
map 成願寺 〒616-8033 京都市右京区花園艮北町(こんぼくちょう)5   075-463-1292 
50音索引,Japanese alphabetical order  Home   top 50音索引,Japanese alphabetical order  Home   top
© 2006- Kyotofukoh,京都風光