有栖川宮旧邸・京都地方裁判所所長旧官舎 (京都市上京区) 
Former Residence of Prince Arisugawa
有栖川宮旧邸  有栖川宮旧邸
50音索引,Japanese alphabetical order  Home 50音索引,Japanese alphabetical order  Home



青天門






長屋門


屋敷内から見た長屋門


玄関


客間、左手に南庭、右に中庭がある。


「床の間」と「付書院」(左手)による「上段の間」


「付書院」


引き手金具にも菊花紋があしらわれている。


旧邸が移築されたと見られる「和室」



板の間、矢筈敷(檜垣組)



梁は、贅沢な一本の部材を使ってある。



南庭



中庭


枝垂れ桜


 京都御所の西に、宮家・有栖川宮(ありすがわのみや)旧邸、かつての京都地方裁判所所長官舎の旧官舎が残されている。
 現在は「平安女学院大学有栖館」として利用されている。
◆歴史年表 有栖川宮邸は、京都御所南にある建礼門の前付近に建てられていた。
 近代以降、1873年、9月より一時期、京都裁判所の仮庁舎として使用される。
 1891年、3月、現在地に移築された。
 現代、2007年まで、京都地方裁判所所長官舎として使われた。
 その後、民有地になる。
 2008年、8月、学校法人・平安女学院の所有となる。現在は「伝統文化の教育や文化活動の拠点」として活用されている。
◆好仁親王 江戸時代前期の皇族・好仁親王(よしひと-しんのう、1603-1638)。幼称は七宮、三宮、通称は永照院宮、花町宮。第107代・後陽成天皇の第7皇子、母は中和門院、第108代・後水尾天皇の弟。1612年、親王になる。1625年、高松宮の称号を受け一家を創立した。36歳。
 有栖川宮(ありすがわのみや)家の祖。
幸仁親王 江戸時代前期の皇族・幸仁親王(ゆきひと/こうじん-しんのう1656-1699)。幼称は二宮。第111代・後西天皇の第2皇子、母は清閑寺共子(ともこ)。1654年、父即位後に3代・高松宮を継ぐ。1669年、親王になる。1672年、有栖川宮(ありすがわのみや)と改称した。後に式部卿になる。44歳。
 和歌、文、書、絵、茶に秀でた。第112代・霊元天皇より能書方、書道の入木道(じゅぼくどう)を伝授された。
◆有栖川宮 宮家の有栖川宮(ありすがわのみや)は、世襲四親王家の一つになる。歌道、書道が家学とされた。
 江戸時代前期、1625年に、第107代・後陽成天皇の皇子・好仁(よしひと)親王(1603-1638)が高松宮家を創立した。称は親王の養母・新上東門院(1553-1620)の居所である高松殿に由来する。
 好仁親王に嗣子がなく、2代は第108代・後水尾天皇の皇子・良仁(ながひと)親王(1637-1685)で、花町宮と称した。のち皇位を継ぎ、第111代・後西天皇になったため、継嗣を絶ち14年間途絶える。
 1667年に後西天皇の皇子・幸仁(ゆきひと)親王(1656-1699)が3代を継ぎ、1672年に後水尾法皇の命により有栖川宮と改称した。墓所が有栖川(北区紫野)にあったことに因む。
 4代・正仁(ただひと)親王(1694-1716 )の早世後、5代は第112代・霊元天皇皇子・職仁(よりひと)親王(1713-1769)が継いだ。以来、6代・織仁(おりひと)親王(1754 1820)、7代・韶仁(つなひと)(1784-1845)、8代・幟仁(たかひと)親王(1812-1886)、9代・熾仁(たるひと)親王(1835-1895)、10代・威仁(たけひと)親王(1862-1913)と続く。
 近代、1908年に威仁親王の王子・栽仁(たねひと)王(1887-1908)が早世する。1913年の威仁親王の死去に伴い、有栖川宮は300余年で廃絶した。同年に第123代・大正天皇の勅旨により、天皇皇子・宣仁(のぶひと)親王(1905-1987)が、高松宮の称号により有栖川宮の祭祀を継承した。
◆建築 ◈有栖川宮旧邸は、江戸時代、初代・好仁親王(1603-1638 )の時に、京都御所の北東、猿ヶ辻付近にあった。
 江戸時代後期、1865年、幟仁親王(1812-1886)の時に、京都御所拡張のために召し上げられる。1866年までに建物・敷地も消滅した。
 代替地として、京都御苑内建礼門前の松平容保(1835-1893)の宿舎跡があてられた。凝華洞(御花畑)跡になる。
 近代、1869年に新御殿が完成する。東京遷都後の1872年に、幟仁親王(1812-1886)は東京へ移る。土地家屋は京都府、司法省を経て、1873年9月より一時期、京都裁判所の仮庁舎として使用される。1891年3月に、現在地(京都御苑東)に移築された。京都地方裁判所所長官舎裁判所として転用され、2007年まで使用された。
 その後、民有地を経て、2008年8月に、学校法人・平安女学院の所有になり、現在は「有栖館」として残されている。
 ◈有栖川宮旧邸は大きく分けて、公家屋敷と武家屋敷の二つの様式からなり、さらに後世の増改築が施された、高級官僚官舎の様相が加わる複合的な建築様式になる。
 建物内部は、「玄関棟」「住居棟」「客間棟」という3つの棟からなる。
 有栖川宮旧邸がそのまま移築されたと見られる、書院造りの様式を備えた部屋和室の「客間」は、12畳半ある。「床の間」と「付書院」を備えた2畳の「上段の間」がある。また、中庭を挟んだ北西隅の「和室」も旧邸の様式を残しているとみられている。
 幕末-大正期にかけての高級官僚官舎の様相を伝える、15畳のケヤキの部材を使った板張りの「板間」「能舞台の間」がある。板は、「ハの字」に組まれ、床下には、音響効果を高めるための大甕が埋められているという。
 南側の下立売通に面している長屋門は、創建年は不明という。長屋門形式としては最上級の構えといわれ、白漆喰塗になる。門の両側は長屋で、門番部屋として、家臣・使用人の居所などに利用されていた。あるいは、屋敷内から見て右手は、居住に、左手は納屋として使ったともいう。これらの様式は、近世諸大名の武家屋敷門として江戸時代に多く建てられたという。
 烏丸通に面している青天門は、表門として銅板と真鍮板で葺かれた平唐門になっている。塀とともに、大正期の門建築の作例として評価が高いという。近代、1912年、三井銀行総長・社長の三井高保(1850-1922)私邸の表門として新築された。
 その後、移築され、さらに1952年に現在地に再移築されている。名の由来は、その年の仲秋の名月の夜、当時の所長・石田寿と親交があった歌人・吉井勇(1886-1960)により、李白の詩より「青天門」と名付けられたという。
◆庭園 庭は南庭と中庭の2庭ある。2009年、「植治(しょくじ)」の第11代・小川治兵衛(1942-)の作庭による。
 枯山水の南庭は、石組と飛石、白砂、苔地、植栽を使った、丸、三角、四角と多形で多彩な構成になっている。
 中庭は、石の囲いの中に、白砂、刈り込みによる州浜で、現代的な枯山水の庭になる。
◆しだれ桜 敷地内にある2本の枝垂れ桜は、1952年、現代の画家・堂本印象(1891-1975)の発案により、醍醐寺三宝院内の実生の桜を移植した。
 安土・桃山時代、太閤秀吉(1537-1598)の「醍醐の花見」(1592)当時の桜の孫にあたるという。 
◆年間行事 秋の特別公開(10月30日-11月3日)。


*普段は非公開。
*年間行事は日時など変更の場合があります。

*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献・資料 駒札、『京都大事典』、『日本の名家・名門人物系譜総覧』、『歴史読本 天皇宮家人物総覧』、ウェブサイト「明治初期における京都御苑の造成について - J-Stage」、ウェブサイト「コトバンク」



関連・周辺京都御所(京都御苑)    関連・周辺栖川宮邸跡(京都御苑) 関連・周辺閑院宮邸跡(京都御苑)  関連・周辺平安女学院昭和館     関連三宝院〔醍醐寺〕      
有栖川宮旧邸 有栖館 〒602-8013 京都市上京区五町目町185,烏丸下立売角  075-414-8155 (平安女学院大学法人本部)
50音索引,Japanese alphabetical order  Home   50音索引,Japanese alphabetical order  Home  
  © 2006- Kyotofukoh,京都風光