嵯峨天皇皇女・有智子内親王墓・姫明神 (京都市右京区) 
grave of Princess Uchiko,Hime-myojin Shrine
嵯峨天皇皇女・有智子内親王墓 嵯峨天皇皇女・有智子内親王墓 
50音索引,Japanese alphabetical order  Home 50音索引,Japanese alphabetical order  Home




 落柿舎の西に隣接して平安時代の第52代・嵯峨天皇皇女・有智子(うちこ)内親王墓の小円墳がある。
 有智子内親王(807-847)は、初代・賀茂斎王(いつきのひめみこ)になった。女性神職である賀茂の斎王は、810年の有智子内親王から、鎌倉時代の1221年の第82代・後鳥羽皇女・礼子(いやこ)内親王まで、35代、約400年間続いた。 
◆歴史年表 平安時代、831年、有智子内親王は病により斎院を退き、晩年は嵯峨西荘に閑居した。
 843年、内親王は亡くなる。内親王の山荘が営まれていたこの地に葬られたという。
 後世(年代不詳)、内親王の墓上に小祠が立てられた。姫明神と呼ばれる。後に、「緋の明神」「日裳(ひも)明神」とも称された。後に、檀林皇后の緋の袴を埋めた地ともされた。
 近代、1868年、有智子内親王の墓と治定された。
◆有智子内親王 平安時代前期の女流漢詩人・有智子内親王(うちこ/うちし-ないしんのう、807-847)。第52代・嵯峨天皇の皇女、母は宮人・交野(かたのの)女王。810年、4歳で嵯峨天皇の創始した賀茂社の初代斎王になる。洛北紫野の斎院で神に仕えた。823年、嵯峨天皇は斎院行幸に際して花の宴を催した。従者に「春日の山荘」の題で詩を作らせる。内親王の七言律詩「林に栖(す)む孤鳥も春の沢(うつくしび)を識(し)り、澗(たに)に隠るる寒花も日の光に見(あらわ)るる」が選ばれ三品を賜った。封100戸を与えられる。831年、病により斎院を退く。晩年、嵯峨西荘に閑居した。『続日本後紀』『経国集』などに採録された。833年、二品に叙せられる。41歳。
 文才に恵まれ、漢詩文に優れた。数少ない女性漢詩人の一人とされている。『史記』、『漢書』の中国古典に親しみ、填詞(てんし)も作った。「本朝女中無双之秀才」と称えられる。
 その墓とされるものは嵯峨・落柿舎の西にあり、姫明神と呼ばれた。
◆賀茂斎王  天皇即位の年に、未婚の内親王から賀茂斎王が卜定により決められた。紫野(船岡山の東)に賀茂斎院は置かれ、賀茂社の賀茂祭などの祭事に奉仕した。
 有智子内親王が初代の斎王奉仕になった経緯は、嵯峨天皇の同母兄の第51代・平城天皇との皇位争いによる。平城天皇は、一度、嵯峨天皇に譲った皇位復位のために挙兵する。嵯峨天皇は、この平城太上天皇の変(薬子の変)(810)の平定を賀茂の神に祈念し、事態が収拾したことから、約束どおり皇女を神に奉仕させることになった。
 810年、有智子内親王は4歳の時、初代賀茂斎院に卜定され、831年に病により退居するまで21年間に渡り奉仕した。
 斎王は、鴨川で禊して御所の初斎院に入った。3年後、再び鴨川で禊を済ませ、紫野の斎院に住んだ。祭事の際には、斎院から賀茂社まで一条通を通った。この「斎王潔斎」(帰りは「還立」)には多くの見物人で賑わう。斎王は、糺の森・鴨川近くに建てられた「神館(こうだち/かんだち)」に入る。ここでは、鴨の河原に設けられた「行宮」(かりのみや、河原屋)で、「河原祓」が行われていた。
 賀茂祭では、紫野斎院から、下鴨神社、上賀茂神社でそれぞれ神事を行い、上社の神館で一泊後、斎院に戻っていた。
◆姫明神 近代以前の俗称として、有智子内親王墓は、姫明神(ひめみょうじん)と呼ばれていた。祭神には、内親王を祀った。所在地の地名も緋明神(ひのみょうじん)町という。
 内親王の没後、内親王の山荘が営まれていたこの地に葬られたという。後に墓上に小祠が建てられ姫明神と呼ばれる。その後、壇林皇后・橘嘉智子(786-850)の緋の袴を埋めた地とされた。
 近代、1868年に有智子内親王墓と治定された。


*原則として年号は西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献・資料 案内板、『昭和京都名所図会 4 洛西』、ウェブサイト「コトバンク」


  落柿舎  葵祭  葵祭・前儀式   嵯峨天皇 嵯峨山上陵   円山陵墓参考地(正子内親王陵墓参考地)   入道塚古墳(恒貞親王入道塚陵墓参考地)   嵯峨陵(嵯峨天皇皇后嘉智子嵯峨陵・檀林皇后深谷山陵)   般舟院     
嵯峨天皇皇女・有智子内親王墓 京都市右京区嵯峨小倉山緋明神町20 
50音索引,Japanese alphabetical order  Home   50音索引,Japanese alphabetical order  Home  
  © 2006- Kyotofukoh,京都風光