山階寺跡 (京都市山科区)  
Ruins of Yamashina-deraTemple
山階寺跡 山階寺跡
50音索引,Japanese alphabetical orderホーム,Home 50音索引,Japanese alphabetical orderホーム,Home

【参照】山階寺跡の石標(山科区御陵大津畑町、五条別交差点北東角)
  
 御陵大津畑町(みささぎ おおつばたちょう)に「山階寺跡(やましなでらあと)」の石標が立つ。この付近は、飛鳥時代の中臣氏の氏寺だった山階寺の推定地の一つという。
 詳細については分かっていない。
◆歴史年表 創建、変遷の詳細は不明。
 山科の地に、中臣氏は早くから住んでいた。
 飛鳥時代、7世紀(601-700)後半、中臣鎌子(藤原鎌足)は、大津京の南西の山城国山階(山科区大宅)に、「陶原(すえはら)館」とよばれる邸宅を構えた。付属した持仏堂「山階(山科)精舎」があり、近江大津京の山階寺の始まりという。
 669年、鎌足夫人・鏡女王(かがみ の おおきみ)が、鎌足の遺志に従い山階寺(京都府南部)を建立したという。
 670年、閏9月、鎌足の本葬は山階寺で行われたという。(奈良時代『藤氏家伝(とうしかでん)』)
 672年、山科の山階寺は、大和国飛鳥浄御原(きよみはら)の厩坂(うまさか、橿原市石川町)に移された。大和藤原京の「厩坂寺(うまさかでら)」と呼ばれた。
 710年、奈良・平城京遷都の直後、鎌足の子・不比等が、藤原氏氏寺の厩坂寺を平城(奈良市登大路町)に移し大和平城京の「興福寺」と呼ばれた。
 現代、2008年、「山階寺跡」の石標が現在地に、「おこしやす やましな協議会」により立てられた。
◆藤原鎌足 飛鳥時代の中央豪族・政治家・藤原(中臣)鎌足(ふじわら の かまたり、614-669)。大和国生まれ。父は中臣御食子(みけこ)、母は大伴智仙娘。妻は鏡王女(かがみ の おおきみ)。南淵請安の塾で儒教を学び、蘇我入鹿とともに秀才とされた。644年、祭官に就くことを固辞し、 摂津国三島の別邸に退く。645年、中大兄皇子(後の第38代・天智天皇)・石川麻呂らと協力し、飛鳥板蓋宮(いたぶきのみや)で蘇我入鹿を暗殺し、入鹿の父・蝦夷も自殺に追う。(乙巳の変)。この功により内臣に任じられる。646年、大化の改新を進めた中大兄皇子の側近として、左大臣・阿部倉梯麻呂、右大臣・蘇我倉山田石川麻呂らと対立した。647年、新冠位制度で大錦冠を授与された。649年、梯麻呂・石川麻呂の逝去・失脚後は勢力拡大し、654年頃、大紫冠に昇格した。669年、天智天皇より大織冠を授けられ、内大臣に任じられる。藤原の姓を贈られ、翌日に亡くなる。
 最大氏族の藤原氏の始祖とされる。邸宅は「山科の陶原館(すえはらのやかた)」ともいわれている。 
◆鏡王女 飛鳥時代の女流歌人・鏡王女(かがみ のおおきみ/おほきみ、?-683)。鏡女王。鏡姫王。第34代・舒明(じょめい)天皇の皇女、皇妹とも。鏡王の娘で額田王(ぬかた の おおきみ)の姉とも。第38代・天智天皇に寵愛され、後に藤原鎌足の妻になったという。死去の前日、第40代・天武天皇の見舞を受けた。『万葉集』『歌経標式』にも歌が残る。
 墓は舒明天皇陵(桜井市)の域内にある。
◆藤原不比等 飛鳥時代-奈良時代の公卿・政治家・藤原不比等(ふじわら の ふひと、658/659-720)。藤原鎌足(かまたり)の第2子。母は車持国子(くるまもちのきみくにこ)の娘・与志古娘(よしこ)。669年、11歳で父没後、山科田辺史大隅(やましなのたなべのふひとおおすみ)の家で養われる。そのため、史(ふひと)と名付けられたという。680年、蘇我臣連子の娘・娼子と結婚した。689年、 直広肆(じきこうし、従五位下)判事判事になった。大宝律令の撰定に参加する。この頃、県犬養三千代(あがたいぬかいのみちよ)と結婚した。700年-701年、勅により刑部親王らと『大宝律』 『大宝令』を編纂した。中納言から、701年、大納言正三位になり公卿に列した。708年、右大臣に進む。710年、平城京遷都では律令体制の確立、遷都を推進した。遷都直後に、氏寺(興福寺)を平城に移した。714年、太政大臣を固辞する。718年、『養老律』『養老令』を編纂した。山階寺の維摩会(ゆいまえ)を復興した。『懐風藻』に漢詩が載る。
 奈良・佐保(さほ)山に火葬されたという。没後、太政大臣・正一位を贈られ、文忠公と諡 (おくりな) される。760年、淡海公と称された。
 子の男子は藤原4家の祖(南家・北家・式家・京家)になった。宮子は第42代・文武天皇夫人、光明子は第45代・聖武天皇皇后になり、人臣皇后の初例になる。藤原氏繁栄の基礎になる。
◆山階寺 山階寺の詳細はわかっていない。遺跡も発見されていない。
 飛鳥時代、7世紀後半に藤原氏の始祖・中臣鎌足(614-669)が山階寺(やましなでら)を建立したという。鎌足の山階陶原家(すえはらのいえ)付属の持仏堂「山階(山科)精舎」を始まりにするともいう。
 また、669年10月に、鎌足は近江の大津京の邸で病が重くなる。夫人・鏡女王(かがみのおおきみ)は、鎌足の遺志により山科の別邸を寺とし山階寺を建立したという。10月16日に鎌足は没した。
 670年閏9月、鎌足の本葬は山階寺で行われたという。(後世、奈良時代の『藤氏家伝』)。710年、平城京遷都の直後に、鎌足の子・不比等が氏寺(興福寺)を平城に移した。
 境内は、「北山科の家」の地にあったという。(『今昔物語』巻12)。場所は特定されていない。石標が立つ現在地は、JR山科駅南西(山科区御陵大津畑町)にあたる。付近は「大槻里」と呼ばれ、西隣の「陶田(すえた)里」にかけて陶原があったという。この「陶(すえ)」は須恵器窯に関わる地名ともいう。不比等が育った山科の「田辺史大隅(たなべのひとおおすみ)の家」も近くにあったという。
 山階寺の所在地については、ほかに大宅廃寺跡、中家臣遺跡、山科陵近くだったともいう。
 その後、672年に、山科の山階寺は大和国飛鳥浄御原(きよみはら)の厩坂(うまさか、橿原市石川町)に移され、「厩坂寺(うまさかでら)」と呼ばれた。710年、奈良・平城京遷都の直後に、鎌足の子・不比等が、厩坂寺を平城(奈良市登大路町)に移し「興福寺」と呼ばれた。興福寺は藤原氏の氏寺であり、山階寺、南山階寺とも呼ばれたという。
 興福寺の寺伝では本尊の「釈迦三尊像」は鎌足の念持仏だったという。近江大津京の山階(山科)寺、大和藤原京の厩坂(うまやさか)寺でも本尊だったという。
 なお、安祥寺(山科区)との関わりも指摘されている。奈良時代末作の安祥寺本尊「木造十一面観音立像」は、山階寺より遷されたとの説もある。
◆山階寺伝承 山階寺、興福寺については伝承がある。
 ◈鎌足は、飛鳥時代、646年の大化の改新の成功のために、山階で「釈迦三尊像」、「四天王像」を造仏した。鎌足は重病になり、妻・鏡女王の勧めにより伽藍を建立し仏像を安置したという。(『興福寺流記』所引『宝字記』)。
 ◈また、鎌足は中大兄皇子と蘇我入鹿を討とうとして、丈六の釈迦、脇侍の造立を発願した。645年の成就後に、山階陶原の家に堂を建て二像を安置した。669年の鎌足の没後、子・不比等が継ぎ、堂を解体して奈良の山階寺(興福寺)に移し、714年に供養した。かつて寺は山階にあったため山階寺と呼ばれたともいう。(『今昔物語』巻11、「阿波淡海公始造山階寺事」)
 ◈平安時代の第52代・嵯峨天皇(在位 :809-823)の頃、弘法大師(空海)と、山階寺の修円は、生栗を法力で煮ることを巡って争ったという。(『今昔物語』巻11)


原則として年号は西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
参考文献 碑側解説パネル、ウェブサイト「京都市 京都のいしぶみデータベース」『京都の歴史を足元からさぐる 洛北・上京・山科の巻』 『山科事典』、ウェブサイト「コトバンク」


関連・周辺,relevance&surrounding area天智天皇 山科陵    関連・周辺,relevance&surrounding area安祥寺    周辺,surrounding area     関連,relevance中臣遺跡    関連,relevance歴代天皇データ      
京都市内史跡地図 平安京オーバレイマップ・碑・発掘調
map 山階寺跡 〒607-8411 京都市山科区御陵大津畑町53-15
50音索引,Japanese alphabetical orderホーム,Hometop 50音索引,Japanese alphabetical orderホーム,Hometop
logo,kyotofukoh © 2006- Kyotofukoh,京都風光