陶匠・青木木米宅跡・弁財天社 (京都市東山区)
The ruins of the residence of Aoki Mokubei,Benzaiten-sha Shrine 
陶匠・青木木米宅跡・弁財天社  陶匠・青木木米宅跡・弁財天社
50音索引,Japanese alphabetical order  Home 50音索引,Japanese alphabetical order  Home

弁財天社


弁財天社


弁財天社


弁財天社


地蔵尊


地蔵尊


地蔵尊


地蔵尊


地蔵尊


「辨財天」の石標


「陶匠 青木聾米宅跡」の石標






付近の白川
 祇園白川の畔、川端通の東側の弁財天町に、弁財天社(べんざいてんしゃ)が祀られている。付近は、白川と鴨川の合流地点になる。
 境内の一角に、「陶匠 青木聾米宅跡」の石標が立つ。この地には、江戸時代後期の陶工・青木木米(あおき もくべい)の旧宅があった。
◆歴史年表 年代不詳、弁財天社は、当初、大和橋の北にあった。その後、廃されたという。(『雍州府志』) 。その後、現在地に再興された。
 江戸時代
後期、この地には、陶工・青木木米(1767-1833)宅があった。
 1833年、木米は亡くなる。その後、勤皇茶屋「吉松」が受け継ぐ。この頃、川岸に柳の大木が植えられていた。辺りに蛇がよく出たことから、木の下に弁財天社の祠が祀られたともいう。
 近代、1870年、6月、境内に「辨財天」の石標が立てられている。
 太平洋戦争(1941-1945)中、吉松は建物疎開により取り壊された。
 現代、1965年、京都史蹟会により現在の石標が立てられる。
◆青木木米 江戸時代後期の陶工・青木木米(あおき-もくべえ、1767-1833)。木屋佐兵衛(佐平)。号は青来、聾米(ろうべい)など数多い。茶屋「木屋」(祇園新地繩手町)の木屋佐兵衛の長男。幼い頃から文学に親しむ。儒者・篆刻家・画家・高芙蓉(こう ふよう)に、鑑識や書画を学んだ。鋳金も初代・龍文堂に習う。学者・木村兼葭堂(けんかどう)の蔵書の中国清朝・朱笠亭著『陶説』に影響され、30歳で陶工の道に入る。建仁寺に隠棲していた陶工・奥田穎川(えいせん)に師事し、寶山文造にも従った。1805年、青蓮院宮の依頼により、粟田口に御用窯を開窯した。1806年-1808年、加賀藩前田家の招聘により、九谷焼春日山窯の再生に関わる。
 作品は煎茶器、白磁、青磁、赤絵、染付、色絵陶磁器の交趾(こうち)に名品を残した。金襴手染付、轆轤(ろくろ)物、薄い型物も手がけた。中国古陶磁、中国物の写し、文人画なども遺した。代表作「兎道朝暾図(うじちょうとんず)」がある。「幕末三名人」の一人(ほかに永楽保全、仁阿弥道八)といわれた。
 儒者の頼山陽、漢詩人・中島棕隠、国学者・上田秋成、画家・呉春、松村月渓谷、田能村竹田らとの交流があった。67歳。
 墓は鳥辺山墓地(東山区)にあり、墓碑には、儒者・書家の篠崎小竹の筆により「識字陶工木米之墓」と刻まれている。
◆祠 白川北畔の境内には、弁財天社、地蔵尊の大小2つの祠が建てられている。北面している。
 
なお、境内に立てられている「辨財天」の石標には、「明治12年(1870年)6月」の銘がある。
◆伝承 伝承がある。鎌倉時代、1228年、鴨川の洪水があったという。
 鴨川の治水を担当していた防鴨河師(ぼうがし)の勢多判官為兼( せたの  はんがん ためかね、中原朝臣為兼)は、ある僧の進言により、洪水の防止のために、川北に弁財天社、川南に禹王廟(なつのうのちょう) を建立したという。禹王とは夏王朝の始祖で、治水事業に功績をあげた。僧は、目疾(めやみ) 地蔵に消えた。その後、洪水は治まったという。(『雍州府志』)
 また、江戸時代後期、勤皇茶屋「吉松」の頃、川岸に柳の大木があった。辺りに蛇がよく出たことから、木の下に水を司る弁財天の小祠が祀られたともいう。
◆聾米 木米(もくべい)の号は、数多い。
  ◈「木米」は、幼名の「八十八(やそはち)」に因む。「木屋の八十八」として、「木」に「八十八」を加えて「米」とし、「木米」と号した。
  ◈「聾米(ろうべい)」の号は、晩年に名乗った号という。木米は頻繁に登窯に耳を近づけ、焼成の温度を確かめていた。高熱により常に耳は腫れあがっていたという。その後、鼓膜に異常をきたし聴力を失ったために用いた。
  ◈「百六散人」は、友人の儒学者・漢詩人・中島棕隠(1779-1855)が即座に名付けた。「木米」の「木」は「十八」、「米」は「八十八」になる。合わせて「百六」のため、「百六散人」とした。


*原則として年号は西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献・資料 案内板、『雍州府志』、『日本のやきもの 京都』、『昭和京都名所図会 2 洛東 下』ね『京都大事典』、ウェブサイト「コトバンク」


関連・周辺白川・祇園新橋   関連山紫水明処   周辺  関連仲源寺   関連五条坂   関連,relevance延年寺・延年寺旧跡墓地     
陶工・青木木米旧宅 〒605-0086 京都市東山区弁財天町
50音索引,Japanese alphabetical order  Home   50音索引,Japanese alphabetical order  Home  
  ©2006- Kyotofukoh,京都風光