小泉仁左衛門跡 (京都市西京区)  
The ruins of the residence of Koizumi Nizaemon
小泉仁左衛門跡 小泉仁左衛門跡
50音索引,Japanese alphabetical order    ホーム,Home 50音索引,Japanese alphabetical order    Home
小泉仁左衛門宅跡






油壷


付近の旧山陰道の町並み


【参照】樫原の地名
 樫原、旧山陰街道沿い北側に、小泉仁左衛門(こいずみ にざえもん)宅跡がある。現在はマンションが建てられ、家並を再現した塀だけが再現されている。
 仁左衛門は、長州藩御用達の油商を営んだ。現在は一角に当時の油壷が置かれている。
 幕末に付近で、禁門の変(蛤御門の変)で逃れた長州藩士などが小浜藩兵に斬殺されている。
◆歴史年表 江戸時代、1864年、7月19日、禁門の変(蛤御門の変)で天王山から出陣した長州藩士らは、小泉邸で朝食を摂り御所に出陣した。当日、御所より逃亡した長州藩・楳本僊之助(うめもと せんのすけ)、薩摩藩・相良新八郎(さがら しんぱちろう)、頼元(よりもと)兄弟の3人がこの付近、樫原札の辻で斬殺される。
 7月21日、3人の葬儀が密かに高円寺(樫原塚ノ本町)で行われた。
◆小泉仁左衛門 江戸時代後期の油商・小泉仁左衛門(こいずみ にざえもん、 ?-?)。樫原村生まれ。川島村の大庄屋・山口薫次郎(直)の親族。小泉家当主になる。長州藩御用達の油商を営む。私財を投じ尊王攘夷を論ずる私塾(三条東洞院梅忠町)を建てた。講師に儒者・森田節斎、若狭小浜藩士・志士・梅田雲浜があった。雲浜には、援助を行っている。門弟に肥後熊本藩士・松田重助、長州藩・吉田稔麿、播州の志士・大高又二郎、近江の志士・西川耕造らがいた。小泉邸には、水戸藩士・鵜飼吉右衛門、志士・儒者頼三樹三郎らが訪れた。
◆樫原・樫原宿 樫原(かたぎはら)は、古代には大岡宿、中世には岡郷と呼ばれた。丹波街道(山陰道)の西岡丘陵の入口にあたる。西国街道の山崎宿と四条街道を結ぶ物集女(めずめ)寺戸道も通じている。なお、近代、1889年に葛野郡岡村(樫原)は川島村と合併し、川岡村になった。1931年に京都市に編入されている。
 参勤交代の大名行列は、洛中の通過が許されなかった。このため、東海道から西の山陰道へは、大津、伏見、樫原を経て老ノ坂に向かった。丹波から大坂へは、樫原から南下し山崎に向かっていた。樫原はいずれも迂回路の要衝にあった。
 江戸時代、樫原には本陣、旅宿があり、樫原宿(かたぎはらじゅく)と呼ばれていた。


原則として年号は西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
参考文献 案内板、『京都幕末維新かくれ史跡を歩く』『京都市の地名』『京都大事典』


関連・周辺,relevance&surrounding area勤王家殉難之地・小畠川     関連・周辺,relevance&surrounding area維新殉難志士墓     関連・周辺,relevance&surrounding area高円寺    周辺,surrounding area郷倉     周辺,surrounding area龍淵寺(樫原辻のお地蔵さん)   周辺,surrounding area玉村家住宅(樫原本陣跡)      関連,relevance       
 
京都市内史跡地図 平安京オーバレイマップ・碑・発掘調
map 小泉仁左衛門邸跡 〒615-8172 京都市西京区樫原宇治井西町
50音索引,Japanese alphabetical order  ホーム,Home   top 50音索引,Japanese alphabetical order  ホーム,Home   top
logo,kyotofukoh © 2006- Kyotofukoh,京都風光