勤王家殉難之地・小畠川 (京都市西京区)  
The Assassination of loyalists location
勤王家殉難之地 勤王家殉難之地
50音索引,Japanese alphabetical order  ホーム,Home 50音索引,Japanese alphabetical order  Home

「勤王家殉難地」の石標




小畠川


樫原の旧山陰道の町並み
 樫原の旧山陰道北側、小畠川(こばたけがわ)沿いに「勤王家殉難地(きんのうか じゅんなんのち)」の石標が立てられている。
 幕末、この付近で禁門の変(蛤御門の変)で御所より逃れた長州藩士、薩摩藩士3人が斬殺された。
◆歴史年表 江戸時代後期、1864年、7月19日、禁門の変(蛤御門の変)で、御所より逃れた長州藩・楳本僊之助(うめもと せんのすけ)、薩摩藩・相良新八郎(さがら しんぱちろう、相良頼元(よりもと)兄弟の3人がこの付近、樫原札の辻で斬殺される。
 7月21日、3人の葬儀が密かに高円寺(西京区樫原秤谷町)で行われた。
 現代、1979年、現在の「勤王家殉難之地」の石標が、社団法人京都養正社・沢田臼太郎により立てられた。
◆楳本僊之助 江戸時代後期の勤皇の志士・楳本僊之助(うめもと せんのすけ、?-1864)。長州藩士。1864年、禁門の変(蛤御門の変)で、樫原で斬殺された。
 墓は共同墓地・維新殉難志士墓(西京区樫原秤谷町)にある。
◆相良新八郎 江戸時代後期の勤皇の志士・相良新八郎(さがら しんぱちろう、?-1864)。頼元は弟になる。薩摩藩士。下野宇都宮藩とも。脱藩後、宇都宮兵と行動を共にした。1864年、禁門の変(蛤御門の変)で、久留米の真木和泉守の清側義軍(せいそくぎぐん)に参戦した。樫原で斬殺された。1900年、「旧鹿児島相良頼元同相良新八郎」を靖国神社へ合祀する陸軍省告示が出た。
 墓は共同墓地・維新殉難志士墓(西京区樫原秤谷町)にある。
◆相良頼元 江戸時代後期の勤皇の志士・相良頼元(さがら よりもと、?-1864)。新八郎は兄になる。薩摩藩士。下野宇都宮藩とも。脱藩後、宇都宮兵と行動を共にした。1864年、禁門の変(蛤御門の変)で、久留米の真木和泉守の清側義軍(せいそくぎぐん)に参戦した。樫原で斬殺された。1900年、「旧鹿児島相良頼元同相良新八郎」を靖国神社に合祀する陸軍省告示が出た。
 墓は共同墓地・維新殉難志士墓(西京区樫原秤谷町)にある。
◆勤王家殉難地 江戸時代、1863年の八月一八日の政変で、長州藩は京都を追われ、禁門警備の任を解かれた。1864年、禁門の変(蛤御門の変)で、長州藩は勢力奪回を図って敗れた。
 1864年7月19日、長州勢の相良兄弟は浪士隊清側義軍の総管・真木和泉(1813-1864)の清側義軍(せいそくぎぐん)に参戦する。堺町御門を目指して進軍した。福井藩兵などに阻まれ、3人は真木らとともに天王山に向う。荷廻の宰領1人を伴い、桂川上野橋を渡る。松尾下野田、物集街道を南下し、樫原札の辻に差し掛かった。この地には油商・小泉仁左衛門邸があった。幕府方は待ち伏せしており、小浜方100人、大砲4門で固めていた。
 しんがりを務めた3人は、樫原三ノ宮神社御旅所前のおゆき婆さんの家、札ノ辻、物集街道でそれぞれ追手方と斬り合いになった。3人は幕府兵6、7人を斬った。だが、小浜藩士に斬殺される。
 遺骸は放置され、甲冑はおゆき婆さんから村役人を経て、長州藩京屋敷に届けられた。相良兄弟について薩摩藩京屋敷は、自藩士ではないとし、門前払いにした。
 村民は密かに3人の遺骸を埋葬する。7月21日、高円寺(西京区樫原塚ノ本町)で密かに葬儀が行われる。岡村の庄屋・松尾喜兵衛が指揮をし、丘の中腹、樫原共同墓地(西京区樫原秤谷町)に埋葬した。木標「元治元年の役殉難者官修墳墓墓地」が立てられた。
 1904年7月、村民の要望により3柱を墓石に改め、石標「維新殉難志士墓在此丘上」が立てられる。
◆小畠川 小畠川(こばたけがわ)は、「洛西西幹線用水路」、「明智川」とも呼ばれた。嵐山渡月橋畔大堰川から別れ、京の五ツの岡の一つ、西の岡11郷一帯に流れている。
 安土・桃山時代、1582年6月2日の本能寺の変後、明智光秀(1528-1582)はこの地に返し落馬したという。村人は、おにぎりでも食べて落ち着くようにと腰掛も用意した。光秀は礼を言い、東の立ち昇る火の手は何処かと聞いた。当てたら望みの物を与えるとした。村人は即座に本能寺と答えた。光秀は、見事であるとして、望みのものはないかと問う。村人は、この地の水田には水が不足している。川を開削して欲しいと申し出た。光秀は直ちに着工する。3日後、13日夜に光秀は、山崎で秀吉らの連合軍と戦い敗死した。
 1575年、光秀は信長の命を受け丹波を平定している。その際に、樫原を補給基地にした。老ノ坂、樫原、桂までの道を整備した。溜池、灌漑用水路も築造している。このため、小畠川は光秀にあやかり明智川とも呼ばれたという。


原則として年号は西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
参考文献 駒札、『京都幕末維新かくれ史跡を歩く』、ウェブサイト「京都市 京都のいしぶみデータベース」


関連・周辺,relevance&surrounding area小泉仁左衛門邸跡  関連・周辺,relevance&surrounding area維新殉難志士墓  関連・周辺,relevance&surrounding area高円寺  周辺,surrounding area郷倉  周辺,surrounding area龍淵寺(樫原辻のお地蔵さん)  周辺,surrounding area玉村家住宅(樫原本陣跡)   関連,relevance     
 
京都市内史跡地図 平安京オーバレイマップ・碑・発掘調
map 勤王家殉難之地 〒615-8185 京都市西京区樫原宇治井
50音索引,Japanese alphabetical order ホーム,Home  top 50音索引,Japanese alphabetical order ホーム,Home  top
logo,kyotofukoh © 2006- Kyotofukoh,京都風光