近衛天皇 安楽寿院南陵 (京都市伏見区)  
Imperial mausoleum of Emperor Konoe
近衛天皇 安楽寿院南陵 近衛天皇 安楽寿院南陵
50音索引,Japanese alphabetical order    Home 50音索引,Japanese alphabetical order    Home



















 安楽寿院の南西近くに、安楽寿院南陵(あんらくじゅいん の みなみ の みささぎ)がある。
 多宝塔には、平安時代後期の第76代・近衛天皇(このえ てんのう)が葬られている。
◆歴史年表 平安時代、1155年、7月23日、近衛天皇が夭逝した。8月1日、葬送され、船岡山の西の山作所(さんさくしょ/やまつくりどころ、 陵墓造営のための臨時に置かれた官司)で火葬にされる。8月2日、遺骨は、知足院(ちそくいん)本堂に安置された。火葬跡には墳丘(火葬塚)が築かれた。
 1163年、11月28日、遺骨は知足院から安楽寿院新御塔(しんみとう)(鳥羽東殿、美福門院の多宝塔)に改葬される。
 安土・桃山時代、1596年、閏7月12日、塔は慶長伏見大地震で倒壊した。
 江戸時代、1606年、右大臣・豊臣秀頼により、普請奉行・片桐且元が多宝塔を再建した。
 1644年、大修理が行われた。
 元禄年間(1688-1704)、陵改では鳥羽天皇陵とされていた。
 1691年、大修理が行われた。
 1796年、大修理が行われる。
 1862年-1863年、文久の修陵で陵として修補される。
 近代、1934年-1935年、解体修理が行われた。
◆近衛天皇  平安時代後期の第76代・近衛天皇(このえ てんのう、1139-1155)。体仁(なりひと) 。第74代・鳥羽天皇の第9皇子。母は贈左大臣藤原長実の娘・藤原得子(とくし、美福門院 [びふくもんいん] )。生後3カ月で立太子になる。父・鳥羽上皇は、白河法皇(第72代)により即位した、親王の異母兄・崇徳天皇(第75代)の排除を意図した。1141年、践祚(せんそ、皇嗣が天皇の地位を受け継ぐ)する。1142年、崇徳天皇の譲位により、3歳で即位する。鳥羽上皇が院政を行い、藤原忠通が摂政関白になる。1153年、眼病により失明した。1155年、夭逝する。皇子はなく、雅仁親王(第77代・後白河天皇)が即位した。その死について崇徳上皇、藤原忠実(ただざね)・頼長父子らの呪詛によるとの噂が流れた。17歳。
 左大臣・藤原頼長は養女・多子を、摂政・藤原忠通は養女・呈子を入内させている。いずれにも皇子は誕生しなかった。眉目秀麗、儀礼を学び、和歌に優れた。勅撰集に採録された。
 陵墓は安楽寿院南陵(伏見区)になる。
◆陵 二重の多宝塔であり、陵墓としては珍しい形をしている。考古学・文献史学的に見て疑問の余地のない陵とされている。建物内には、柱、天井、壁面に彩色仏画が描かれている。床下に石櫃(85㎝四方)が埋められており、仙骨(脊椎下部の三角形の骨、骨臓器)を納めた。初層の内陣須弥壇に、木造阿弥陀如来坐像(1.15m)、木造大日如来坐像(0.56m)が安置されている。父・鳥羽法皇が近衛天皇の冥福を祈り像仏させた。東面している。周囲に透塀を廻らす。木造、本瓦葺、二層、多宝塔。初層の柱真々5.89m四方、高さ16m、総高23.1m。
 平安時代、1155年、7月23日、近衛天皇が夭逝した。8月1日、葬送され、船岡山の西の山作所(さんさくしょ)で火葬にされる。8月2日、遺骨は、知足院(ちそくいん)本堂に安置された。火葬跡には墳丘が築かれた。1163年11月28日、遺骨は知足院から安楽寿院新御塔(しんみとう)(鳥羽東殿、美福門院の多宝塔)に改葬される。なお、鳥羽天皇陵はこれに対して、「本御塔(ほんみとう)」と呼ばれていた。多宝塔は本来、近衛天皇の母・美福門院藤原得子(なりこ)の陵にするために建てられた。その後、美福門院は高野山に葬るようにと遺言したため、この空塔に近衛天皇の遺骨が納められる。
 安土・桃山時代、1596年閏7月12日に、塔は慶長伏見大地震により倒壊した。江戸時代、1606年に右大臣・豊臣秀頼により普請奉行・片桐且元が多宝塔を再建する。1644年、1691年、1796年に、大修理が行われている。元禄年間(1688-1704)、陵改では、近衛天皇陵ではなく、鳥羽天皇陵とされていた。1862年-1863年、文久の修陵で陵として修補される。近代、1934年-1935年、解体修理が行われた。現存する陵墓建築物では最古になる。


75 崇徳天皇(在位:1123-1141)→76 近衛天皇(在位: 1141-1155)→77 後白河天皇 (在位:1155-1158)→78 二条天皇 (在位:1158-1165)


*原則として年号は西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『検証 天皇陵』『天皇陵 謎解き完全ガイド』『歴代天皇125代総覧』『図説天皇陵』『歴代天皇年号事典』、ウェブサイト「コトバンク」


関連・周辺安楽寿院・鳥羽離宮跡   関連・周辺白河天皇 成菩提院陵 
  関連・周辺鳥羽天皇 安楽寿院陵     周辺    関連近衛天皇 火葬塚     関連歴代天皇データ        
京都市内史跡地図 平安京オーバレイマップ・碑・発掘調
map 近衛天皇 安楽寿院南陵 〒612-8445 京都市伏見区竹田浄菩提院町92
50音索引,Japanese alphabetical order  Home   top 50音索引,Japanese alphabetical order  Home   top
© 2006- Kyotofukoh,京都風光