広沢池のツバキ・サクラ (京都市右京区嵯峨野)  
Camellia tree in Hirosawa pond
広沢池のツバキ 広沢池のツバキ
50音索引,Japanese alphabetical order    Home 50音索引,Japanese alphabetical order    Home













近くの川野龍太郎写真館(右京区)に掲げられている谷崎潤一郎の肖像
 広沢池の西南の辻角にツバキの樹が1本残されている。右京区の「区民の誇りの木」に指定されている。真紅の花弁を開く。
 作家・谷崎潤一郎の長編小説『細雪(ささめゆき)』の中でも描写されている。
◆谷崎潤一郎 近現代の作家・谷崎潤一郎(たにざき じゅんいちろう、1886-1965)。東京市生まれ。父・倉五郎、母関の長男。1901年、東京府立第一中学校、1905年、第一高等学校英法科、1908年、東京帝国大学国文科に進む。1911年、『少年』『幇間』が永井荷風に激賞された。1912年、京都など各地を放浪する。徴兵検査不合格になる。1915年、石川千代と結婚した。1918年、朝鮮、満洲、中国を旅行する。1919年、小田原に転居した。1920年、大正活映株式会社脚本部顧問に就任した。1921年、妻・千代を佐藤春夫に譲るという前言を翻し、佐藤と絶交する。1923年、関東大震災後、京都へ移住した。1926年、中国旅行、帰国後、佐藤と和解する。1928年、神戸市に新居(「鎖瀾閣」)を築く。1930年、千代と離婚する。千代が佐藤と再嫁となり、挨拶状が「細君譲渡事件」として騒がれる。1931年、古川丁未子と結婚した。1932年、兵庫に転居した。1935年、丁未子と離婚する。1937年、帝国芸術院会員に選ばれる。1942年、熱海市に別荘を借りる。1943年、『細雪』が軍部により連載中止になる。1944年、一家で熱海に疎開した。1945年、津山、勝山に再疎開する。1946年、京都に転居し、東山区に居を定める(前の潺湲亭)。1947年、『細雪』上巻を発表し、毎日出版文化賞受賞した。1949年、朝日文化賞受賞する。下鴨泉川町に転居(後の潺湲亭)した。文化勲章を受章した。1950年、熱海に別荘を借りる(前の雪後庵)。1951年、文化功労者。1954年、熱海市に別荘を借りる(後の雪後庵)。1956年、潺湲亭を売却し、熱海に転居した。1963年、『瘋癲老人日記』で毎日芸術賞を受賞する。1964年、全米芸術院、米国文学アカデミー名誉会員。神奈川県湯河原町の湘碧山房に移る。
 墓は法然院にある。
◆『細雪』の椿 『細雪』の中に、広沢池畔のサクラと椿が描かれている。
 「明くる日の朝は、先ず広沢の池のほとりへ行って、水に枝をさしかけた一本の桜の樹の下に、幸子、悦子、雪子、妙子、と云う順に列(なら)んだ姿を、遍照寺山を背景に入れて貞之助がライカに収めた。
 この桜には一つの思い出があると云うのは、或る年の春、この池のほとりへ来た時に、写真機を持った一人の見知らぬ紳士が、是非あなた方を撮らして下さいと懇望するままに、二三枚撮って貰ったところ、紳士は慇懃(いんぎん)に礼を述べて、もしよく映っておりましたらお送りいたしますからと、所番地を控えて別れたが、旬日の後、約束を違(たが)えず送って来てくれた中に素晴らしいのが一枚あった。
 それはこの桜の樹の下に、幸子と悦子とが彳(たたず)みながら池の面に見入っている後姿を、さざ波立った水を背景に撮ったもので、何気なく眺めている母子の恍惚(こうこつ)とした様子、悦子の友禅の袂の模様に散りかかる花の風情までが、逝く春を詠歎する心持を工(たく)まずに現わしていた。
 以来彼女たちは、花時になるときっとこの池のほとりへ来、この桜の樹の下に立って水の面をみつめることを忘れず、且(かつ)その姿を写真に撮ることを怠らないのであったが、幸子は又、池に沿うた道端の垣根の中に、見事な椿の樹があって毎年真紅の花をつけることを覚えていて、必ずその垣根のもとへも立ち寄るのであった。」(『細雪』上巻)
◆細雪 『細雪 』は、大阪船場の旧家、蒔岡家の4人姉妹である、鶴子、幸子、雪子、妙子が登場する。
 『細雪 上巻』は、第二次世界大戦中の1943年に、月刊誌『中央公論』1月号、3月号に掲載された。だが、軍部は戦時にそぐわないとして6月号掲載を中止させた。谷崎は、1944年7月に『私家版上巻』(非売品)を刊行する。軍は再び印刷、配布を禁止した。
 戦後は、戦争観などについて問題視され、GHQ(連合国軍最高司令官総司令部)による検閲を受けた。1946年6月に『 上巻』が刊行される。上下巻の『全巻』刊行は、1949年12月になった。
 映画、舞台、テレビドラマでも話題になった。
◆区民の誇りの木 ツバキ(区民の誇りの木)、つばき科、常緑高木、樹齢300年、高さ4.5m、幹周0.65m。


*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 説明板 、ウェブサイト「コトバンク」


関連・周辺広沢池    周辺児神社(右京区)     周辺遍照寺     関連石村亭(後の潺湲亭)     関連法然院       
青空文庫『細雪』上巻
map 広沢池  京都市右京区嵯峨広沢西裏町 
50音索引,Japanese alphabetical order  Home   top 50音索引,Japanese alphabetical order  Home   top
© 2006- Kyotofukoh,京都風光