石村亭(後の潺湲亭) (京都市左京区) 
Atono-senkantei,TANIZAK Junichiro Kyoto Home
石村亭 石村亭
50音索引  Home 50音索引  Home



下鴨神社の東にある「石村亭」
 下鴨神社境内の東、下鴨泉川町の住宅街に小説家・谷崎潤一郎の旧宅「石村亭(せきそんてい)」、「後の潺湲亭(せんかんてい」が残されている。「潺湲」とは、水の流れる様、潺(せせらぎ)を意味する。 
◆歴史年表 近代、1911年、現在地(下鴨泉川町)に実業家の隠居所として邸宅が建てられる。
 1923年、谷崎潤一郎は、関東大震災後、京都へ移住した。後に兵庫へ移る。
 現代、1946年、谷崎は京都に転居し、「前(さき)の潺湲亭」(東山区南禅寺下河原町)を定める。
 1949年、谷崎は現在地の「後の潺湲亭」(下鴨泉川町)に転居した。
 1956年、谷崎は後の潺湲亭を日新電機に売却し、熱海に転居する。邸宅は「石村亭」に改められる。以後、迎賓館として用いられた。
◆谷崎潤一郎 近現代の作家・谷崎潤一郎(たにざき じゅんいちろう、1886-1965)。東京市生まれ。父・倉五郎、母関の長男。1901年、東京府立第一中学校、1905年、第一高等学校英法科、1908年、東京帝国大学国文科に進む。1911年、『少年』『幇間』が永井荷風に激賞された。1912年、京都など各地を放浪する。徴兵検査不合格になる。1915年、石川千代と結婚した。1918年、朝鮮、満洲、中国を旅行する。1919年、小田原に転居した。1920年、大正活映株式会社脚本部顧問に就任した。1921年、妻・千代を佐藤春夫に譲るという前言を翻し、佐藤と絶交する。1923年、関東大震災後、京都へ移住した。1926年、中国旅行、帰国後、佐藤と和解する。1928年、神戸市に新居(「鎖瀾閣」)を築く。1930年、千代と離婚する。千代が佐藤と再嫁となり、挨拶状が「細君譲渡事件」として騒がれる。1931年、古川丁未子と結婚した。1932年、兵庫に転居した。1935年、丁未子と離婚する。1937年、帝国芸術院会員に選ばれる。1942年、熱海市に別荘を借りる。1943年、『細雪』が軍部により連載中止になる。1944年、一家で熱海に疎開した。1945年、津山、勝山に再疎開する。1946年、京都に転居し、東山区に居を定める(前の潺湲亭)。1947年、『細雪』上巻を発表し、毎日出版文化賞受賞した。1949年、朝日文化賞受賞する。下鴨泉川町に転居(後の潺湲亭)した。文化勲章を受章した。1950年、熱海に別荘を借りる(前の雪後庵)。1951年、文化功労者。1954年、熱海市に別荘を借りる(後の雪後庵)。1956年、潺湲亭を売却し、熱海に転居した。1963年、『瘋癲老人日記』で毎日芸術賞を受賞する。1964年、全米芸術院、米国文学アカデミー名誉会員。神奈川県湯河原町の湘碧山房に移る。
 墓は京都・法然院にある。
◆石村亭 谷崎はこの「後の潺湲亭」で、63歳-70歳(1949-1956)までの7年8カ月を過ごした。なお、この潺湲亭に先立ち、東山区南禅寺下河原町でも同じ名の邸宅に住み、こちらは「前(さき)の潺湲亭」(1946-1949)と呼ばれた。
 小説『鍵』『乳野物語』『月と狂言師』『少将滋幹(しげもと)の母』『新訳源氏物語』などの作品をここで執筆している。邸宅は、小説『夢の浮島』の舞台になり、文中で「五位庵」と称され描写された。作品には、隣接する下鴨神社の糺の森(ただすのもり)も登場する。
 1951年頃には、谷崎、松子(妻)、惠美子(娘)、清治(息子)、渡辺重子(松子の妹)、千萬子(清治の妻)、そのほか6、7人のお手伝いが暮らしていた。志賀直哉、吉井勇らも訪れている。
 谷崎は、午前5時に母屋より仕事場の離れに移り、午後5時まで執筆した。仕事中には「只今執筆中」の札が下ろされていた。夕食は、午後6時半と決められていた。
 1956年、谷崎は京都の夏の暑さが身に応えるとして熱海に転居した。その後も、春秋には当邸を訪れている。その後、谷崎は堅苦しいとの理由により、「石村亭」に名を改めた。庭に石が多かったことに因んだという。
 谷崎の手を離れた屋敷は、できる限り現状を残してほしいという谷崎の意向に添う形で、今日まで継承されている。重電機器の日新電機が所有する。
◆建築 建物は、1911年に建てられている。当初は、実業家の隠居所として使われた。母屋に、書院造の主室があり、縁を廻し高欄越しに庭を望める。ほかに、数寄屋造の控えの間、書斎など10部屋がある。木造、平屋建、瓦葺。
 仕事場だった離れには、扁額「潺湲亭」が掛かる。6畳、8畳の和室、応接間がある。
 茶室、洋館も残る。
 中門は桧皮葺による。
◆庭園 池泉回遊式の日本庭園(600坪)は、二条の度量衡店主・塚本という人が、「植惣」に依頼して作庭させたという。
 母屋主室から庭園を望むと、下鴨神社の糺の森が借景になっている。池、滝が組まれ、築山、せせらぎ、添水(そうず、ししおどし)がある。土橋が架かり、松などの樹木が茂り、ツツジ、アセビ、ヤマブキ、フジ、ムベなども植えられていた。
 庭の西端に、妻・松子(1903-1991)の碑が立つ。碑文に「(谷崎が)こゝの環境や庭建物に心を惹かれた處は是までになく」と刻まれている。池の畔に「五十四帖を読み終り侍りて ほととぎす五位の庵に来啼く今日渡りをへたる夢のうきはし」という、小説『夢の浮橋』の冒頭文を刻んだ碑が立つ。
◆京都の転居地 谷崎は京都の各所に転居を繰り返した。
 1946年、当初は東山区下河原町の旅館「喜志元」に滞在し、左京区浄土寺西田町、上京区鶴山町、左京区南禅寺下河原町、1949年より左京区下鴨泉川町に過ごした。1965年に熱海に移るまで住んだ。 


*非公開
*参考文献 『落花流水』『文学散歩 作家が歩いた京の道』 、ウェブサイト「コトバンク」


関連・周辺下鴨神社     周辺下鴨泉川亭      関連法然院       関連広沢池のツバキ・サクラ         
石村亭  〒606-0807 京都市左京区下鴨泉川町5  
50音索引  Home   50音索引  Home  
© 2006- Kyotofukoh,京都風光