広沢池・遍照寺山 (京都市右京区)
H
irosawanoike Pond
広沢 広沢 
50音索引  Home 50音索引  Home



遍照山と広沢池


「廣澤の池 大本山 大覚寺」の石標


遍照山(右)と愛宕山


遍照山、この岸付近で近年、遍正寺の礎石が発見された。


「広沢の池の水草吹きよせて風よりはるる波の月影」、後京極良経。松尾芭蕉「名月や池をめぐりて夜もすがら」








平安郷
 嵯峨野大覚寺の東西にある広沢池 (ひろさわのいけ)は、日本三沢のひとつ(大分県・初沢池、奈良県・猿沢池)とされ、いまも、灌漑用の溜池として利用されている。
 東西、南北ともに300m、広さ13ha、周囲12㎞、貯水量15万t、最深部は池の南の水深1.8mある。 
◆歴史年表 奈良時代(8世紀)、嵯峨野を開拓した渡来系氏族・秦氏の支族が、池を開削したという。支族は、朝原(あさはら)山の名により、朝原を姓と称したという。(『続日本紀』766年の条)
 また、平安時代、989年、第59代・宇多天皇の孫で真言宗の僧・寛朝(かんちょう、916- 998)僧正が、朝原山の麓の山荘を改めて寺院にした。寺名を遍照寺(へんじょうじ)といい、その際に開削した池ともいう。池は、遍照寺池と呼ばれたという。朝原山は、嵯峨富士、遍照寺山とも呼ばれた。池には金色の観世音菩薩を祀る観音島があり、橋が架けられ、観月の名所となっていた。畔に多宝塔、釣殿、大覚寺の観月所だった潜竜亭が建てられていた。
 998年、寛朝没後、寺は次第に衰微する。
 鎌倉時代、第91代・後宇多天皇により復興された。
 室町時代、応仁・文明の乱(1467-1477)により再び荒廃した。
 現代、1955年、嵯峨用水により、清滝川の水がトンネルにより広沢の池にも流入するようになった。このため、周辺の灌漑用水不足が解消され、南側の農地では、いまも京野菜、水稲などが耕作されている。
◆古墳群 池の周辺には「嵯峨野古墳群」の一角「広沢支群」など多くの古墳が点在している。
 池の北に「遍照寺山支群」、北西の「長刀坂(なぎなたざか)支群」は、古墳時代の小円墳が31基見つかっている。池の北東に「山越支群」、「御堂ヶ池支群」21基、池の東の「印空寺古墳」は円墳(直径25m)がある。池の西には、古墳時代中期の「嵯峨七ッ塚古墳群」があり、かつては横穴式石室のある円墳(直径20-30m)が7基存在した。
 池の南には、古墳時代後期の「広沢古墳群」が4基存在していた。7世紀(601-700)初頭の築造とみられている。円墳(直径30m)は、南南東に開口し、無袖型に近い横穴式石室(前兆2m、奥壁幅2.4m)がある。発掘調査により石棺破片(竜山石製組合式家形石棺)、鉄斧、鉄釘、須恵器、土師器などが見つかった。
 その西に、「稲荷古墳群」があり、円墳(直径25m)、横穴式石室があり、現在はその上に稲荷社が祀られている。さらに、池の南西にあった古墳時代後期の円墳「一本木古墳」は、円墳(直径25m)、横穴式石室があった。その後消失している。
◆遍照寺旧境内建物跡
 遍照寺山は、古く朝原山(あさはらやま/ちょうはらやま)と呼ばれた。千代原山とも称された。朝原は、渡来系の秦氏支族、朝原氏に因むともいう。地名の朝原に因むともいう。真言宗の僧・寛朝により遍照寺が建立されてからは、遍照寺山と称された。
 遍照寺山には、平安時代、989年、寛朝により創建された遍照寺の旧跡がある。旧地の広沢池西北岸の林に、「遍照寺旧境内建物跡」の石標が立てられ、礎石が残されているという。
 1991年に遺構が確認され、建物跡が見つかった。一辺の長さ12mの方形の基壇があり、一間四面の御堂が建てられていたという。京都市指定・登録文化財に登録された。
 「建物跡」は私有地にあり立入禁止になっている。なお、山の中腹に寛朝が座禅に用いたという「座禅石」、天に昇ったという「登天松(とうてんまつ)」が遺されている。
◆安倍晴明 平安時代の陰陽師・安倍晴明(921-1005)は、遍照寺の寛朝に招かれて寺を訪れたという。若い公達(貴族)、僧が式神により呪殺が出来るかと問う。呪術により蛙(蟇)を殺せるかという。晴明は、虫ぐらいなら可能であるという。一枚の木の葉をちぎり、呪文を唱えて蛙目がけて投げた。すると、蛙は木の葉の下敷きになり潰されていたという。(『宇治拾遺物語』)。
◆観音石仏
 観音島に観音石仏が立つ。江戸時代、1641年、樋口平太夫により但称が造仏した。鳴滝五智山より遷された。遍照寺山にあった蓮華寺の石仏という。平太夫は、蓮華寺(右京区)の再興に関わっている。頭上に十一面の化仏、両脇に千手、安山岩製、1.6m。
◆植生 魚類は、コイ、フナ、モロコ。水性植物は、ヨシ、マツモ、ヒシ、ジュズダマ。鳥類は、留鳥のカイツブリ、コサギ、カルガモ、アオサギ、カワセミ、ゴイサギ。夏鳥は、アマサギ、オオヨシキリ。冬鳥はコガモ、マガモ、クイナ
、貝類は、カラスガイ、トブガイ、モノアラガイ、タニシ、カワニナ、昆虫は、ゲンゴロウ、タガメ、ヤゴ。そのほか、スジエビ、アメリカザリガニ、ウシガエル、イシガメ、クサガメ。
◆桜 池の南堤は、桜の名所として知られている。
◆文学 瀬戸内寂聴『しだれ桜』には、佐野藤右衛門の桜園、広沢池の畔の桜並木が登場する。
◆映画 現代劇映画「緋牡丹博徒 一宿一飯」(監督・鈴木則文、1968年、東映京都)では、主演・お竜(藤純子)により広沢池での撮影が行われた。
 時代劇映画「座頭市 喧嘩太鼓」(監督・三隅研次、1968年、大映)の撮影が行われている。
 山本周五郎原作『町奉行日記』、黒澤明ら「四騎の会」(1969)企画は、時代劇映画「どら平太」(監督・市川 崑、2000年、製作委員会)に結実した。町方奉行・望月小平太(役所広司)、芸者・こせい(浅野ゆう子)のやりとりが広沢池で撮影された。
◆年間行事 広沢池灯籠流し(8月16日、7時)は、お盆の精霊送りの行事として行われる。回向(塔婆施餓鬼供養)の後、広沢池一面に五色の流し灯籠を浮かべる。
 池では鯉、鮒などの養殖が行われており、池の水を抜き、魚を水揚げする「池ざらい(鯉揚げ)」が年末の風物となっている。 


*年間行事は中止・日時・内容変更の場合があります。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。

*参考文献 『洛西探訪』『古都歩きの愉しみ』『昭和京都名所図会 4 洛西』『文学散歩 作家が歩いた京の道』『日本映画と京都』『京都シネマップ 映画ロマン紀行』『京都絵になる風景』『史跡探訪 京の七口』


  関連・周辺大覚寺(大沢池)      関連・周辺児神社      関連・周辺遍照寺      周辺      関連蓮華寺(右京区)       

平安郷

平安郷


池面の凍結

冠雪した愛宕山、広沢池

観音石仏

観音島の壹美白弁財天社

池ざらい、水抜きの本来の意味は、池の底の泥を洗い流すことと、冬の間の池干しにより、太陽光と酸素を池の底に補充することにより、池底の微生物による泥の分解を促進させるという意味もある。



五山送り火(8月16日)

池近くにある「植藤」・佐野藤右衛門庭の桜

 広沢池 京都市右京区嵯峨広沢町 
50音索引  Home   50音索引  Home  
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光