鹿谷山荘遺址碑(俊寛僧都忠誠之碑)・鹿ヶ谷 (京都市左京区)
The ruins of the residence of Shishigatani-sanso
鹿谷山荘遺址碑・鹿ヶ谷 鹿谷山荘遺址碑・鹿ヶ谷 
50音索引   Home 50音索引   Home

碑が立つ岩山


石段


碑、副碑、この付近に山荘があったとされる。


「俊寛僧都忠誠之碑」、一条実孝筆、碑文は長尾甲。


副碑



岩山傍の楼門の滝(如意ノ滝)



付近よりの京都市内の展望、山は西山方面。
 霊鑑寺の脇より、大文字山に向かう急峻な山道を経ると、谷川にある滝の付近、岩山の上に「俊寛僧都忠誠之碑(しゅんかん そうず ちゅうせい の ひ)」と「副碑」が立つ。
 この地に、かつて平安時代末期の僧・俊寛の鹿谷(ししがたに/ししのたに、鹿ヶ谷)山荘があったという。
◆歴史年表 平安時代、1177年、鹿ヶ谷の俊寛の鹿谷山荘に、俊寛、西光法師、藤原成親、成経親子、平康頼らが集った。密かに平家の横暴に対し謀反計画をたてたという。(『平家物語』巻1)
 近代、1935年、西垣精之助により現在地に碑が立てられた。
◆俊寛 平安時代末期の真言宗の僧・俊寛(しゅんかん、1143? -1179?)。山城生まれ。村上源氏源雅俊の孫、木寺法印寛雅の子。僧都になり、仁安年間(1166-1169)、法勝寺執行になる。1174年、八条院の御堂供養を行う。後白河院の近習僧として仕えた。1177年、平家横暴に抗し、藤原成親、西光らと共に平氏打倒計画を企てるが失敗し、清盛によって捕らわれる。薩摩国・硫黄島に配流され没した。(鹿ヶ谷事件)
◆有王 平安時代末期の有王(ありおう、 ?-?)。京都で俊寛の侍童として仕えた。1177年、俊寛は鹿ヶ谷事件で薩摩鬼界ヶ島に流された。後に有王は俊寛の娘の書状を携え島を訪ねた。俊寛は都での妻子の死などを知らされ、悲嘆のうちに亡くなる。有王はその最期を看取り、遺骨は高野山奥の院に納めた。有王自らは法師になり、諸国を巡り俊寛を弔ったという。(『平家物語』巻3、『源平盛衰記』)。
◆俊寛山荘跡 平安時代、1177年、俊寛の鹿谷(ししがたに/ししのたに)山荘に、俊寛、西光法師(藤原師光)、藤原成親、成経親子、平康頼ら公家、武士が集った。密かに平家の横暴に対して謀反計画をたてた。時には、後白河法皇も御幸したという。当時、平家一門は、官位、所領、荘園などを独占していた。
 だが、同志の一人である北面の武士・多田蔵人行綱(ただの くらうど ゆきつな)により密告された。首謀者の俊寛らは福原より入洛した平清盛に捕らえられる。この鹿谷山荘事件(鹿ヶ谷の変)により、法皇は鳥羽殿に幽閉される。西光は斬殺、成親も備前に流され惨殺された。俊寛、成経、康頼らは薩摩国鬼界ヶ島(鬼界島、現鹿児島県硫黄島?)へ流された。翌1178年、成経、康頼の二人は赦免される。
 首謀者とされた俊寛は、都に還ることもかなわなかった。俊寛の侍童・有王は、島を訪れ、俊寛の娘の手紙を届けたという。俊寛は涙を流し、読み終えて命を終えた。有王は、荼毘に付して遺骨を娘に届けた。娘は尼になり、有王も高野山に上ったという。
 話は、『平家物語』、能、歌舞伎、人形浄瑠璃などに描かれている。峰定寺(左京区)には、俊寛と妻子の供養塔がある。この地は妻子が逃れた地という。平康頼の供養塔は双林寺(東山区)にある。
 俊寛の山荘の位置については確定していない。鹿ヶ谷の地には、俊寛の所領地があっただけともいう。(『源平盛衰記』)。山荘の持主は、「静賢法印」だったともいう。(『愚管抄』)
 霊鑑寺の東方山中には、「俊寛僧都忠誠之碑」が立ち、俊寛の山荘跡とされている。ただ、碑は、近代、1935年に西垣精之助という人の夢告により立てられている。霊鑑寺の南の道は「俊寛僧都旧跡道」と呼ばれている。
 山荘跡としてほかに、鹿ヶ谷御所の段町の丘陵地(霊願寺東300m)、鹿ヶ谷村東の薮中、徳善谷にある談合谷(現在の碑の南の谷)、山科・安祥寺上の堂の跡地(壇の谷)ともされる。これが後世、「談合の谷」に転訛したともいう。
◆白旗 第77代・後白河天皇の院政時代に、戦の際の白旗の起源はあるという。北面の武士として御所警護した平氏は、赤旗を旗印にした。
 後白河法皇は、平氏の打倒のために、鹿ヶ谷の陰謀に際し、30本の白旗を授けた。これが、紅白戦の始まりになったという。 
◆鹿ヶ谷 鹿ヶ谷(ししがたに)の鹿(しし)について、本来は「鹿猪(しし)」と書かれた。「しし」は、食用の獣の総称として用いられる。両者は区別され、鹿(かのしし)、猪(いのしし)とも呼ばれた。
 鹿ヶ谷の地名由来について、平安時代、円珍(814-891)は山中で一頭の鹿に遭遇した。鹿はこの地を案内したことに因むともいう。
 この地の谷に、山より鹿が下りてきたために呼ばれるようになったともいう。
◆楼門の滝 楼門の滝(如意ノ滝)は、俊寛僧都忠誠之碑の近くにある。かつて、この付近に如意寺の楼門があったという。高さ10m。
◆妙法念仏道場 この付近に法然(1133 -1212)の妙法念仏道場が開かれたともいう。


*碑は東山の山中にあります。大文字山に至る登山道(東山トレイル)は整備されており、道なりに登れば滝傍、岩山の上に碑が立っています。登山道の道案内は何か所かあります。霊鑑寺より約20分ほどの行程です。なお、途中より人家はありません。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『京都隠れた史跡100選』『昭和京都名所図会 2 洛東 下』『京都大事典』『京都の地名検証』『京都歩きの愉しみ』 、ウェブサイト「コトバンク」


関連・周辺如意寺跡     関連・周辺法然院    関連・周辺安楽寺    周辺霊鑑寺    関連峰定寺     関連双林寺      
鹿谷山荘遺址碑 〒606-8442  京都市左京区鹿ヶ谷大黒谷町の山中 
50音索引  Home   50音索引  Home  
  © 2006- Kyotofukoh,京都風光