安楽寺 (京都市左京区) 
Anraku-ji Temple
安楽寺 安楽寺
  Home   Home












黒石の石段は、緑紅葉、散紅葉で知られている。石は、住持により鴨川の石を持ち帰り敷き詰めたという。(上田秋成「安楽寺上人伝」)








山門、江戸時代、1892年建立、茅葺。








 法然院の南、東山三十六峰の一つ第14峰の善気山(ぜんきざん)麓に、安楽寺(あんらくじ)はある。一帯は鹿ヶ谷(ししがたに)と呼ばれる。山号は住蓮山(じゅうれんざん)という。
 寺号、山号の安楽も住蓮も、法然弟子の名に因む。「松虫鈴虫寺(まつむし すずむし でら)」とも称され、第82代・後鳥羽上皇に仕え、剃髪した姉妹女御の名に因んでいる。
 かつて浄土宗西山禅林寺派、現在は単立寺院。本尊は阿弥陀三尊像を安置する。
◆歴史年表 創建、変遷の詳細は不明。
 
鎌倉時代初期、現在地より1㎞ほど東(東南とも)の東山山中に、法然高弟・安楽、住蓮の建立した念仏道場(鹿ヶ谷草庵)が結ばれた。
 1206年、後鳥羽上皇(第82代)の女官姉妹、松虫、鈴虫は、鹿ヶ谷草庵で2僧の導きにより密かに剃髪出家した。
 1207年、女官剃髪に激怒した後鳥羽上皇により、専修念仏、六時礼讃の停止となる。(建永の法難)。この宗教弾圧事件は、法然流罪の承元の法難につながる。安楽、住蓮は、それぞれ斬首された。
 その後、草庵は荒廃する。
 1212年、帰京した法然は、弟子の安楽、住蓮の菩提のために、再び草庵が建て「住蓮山安楽寺」と名づけたともいう。(寺伝)
 また、室町時代末、天文年間(1532-1555)、この地に移され再興されたともいう。
 また、江戸時代、1681年、流罪となった2僧の菩提を弔うために、現在地に創建されたともいう。現在の仏堂が建てられた。
 1780年、当寺が記されている。(『都名所図会』)
 1862年、当寺が記されている。(『花洛名勝図会』)
 江戸時代末、住持・真空益随(しんくう やくずい)により、かぼちゃ供養が始まる。
 現代、1892年、現在の山門が建てられた。
◆安楽 平安時代末期-鎌倉時代初期の浄土宗の僧・安楽(あんらく、?-1207)。遵西。父は中原師秀。大蔵卿・高階泰経に仕えた。後に出家し法然に師事した。1192年、法然が大和国八道見仏の発願により、八坂引導寺で別時念仏を修する際に、住蓮とともに六時礼讃を勤行した。1198年、法然が『選択本願念仏集』を撰述する際に、執筆役を命じられる。後に解任された。住蓮とともに六時礼讃に曲節をつけ、専修念仏普及に貢献した。1205年、興福寺の僧徒より『興福寺奏状』による専修念仏停止の訴えに際し、行空とともに非難された。1207年、後鳥羽上皇女房出家の件で、陰茎切断、弟子とともに、佐々木義実に引かれ、六条河原で斬首刑となる。最期は、日没礼賛、西方念仏を唱えながら処刑された。首を刎ねられてもしばらくは、爪繰っていたという。
 美僧・美声の持ち人だったという。辞世「今はただ 云う言の葉も なかりけり 南無阿弥陀仏の み名のほかには」。
◆住蓮 平安時代末期-鎌倉時代初期の浄土宗の僧・住蓮(じゅうれん、?-1207)、父は東大寺僧・実遍(じっへん)。美声の持ち主で、六時礼讃に曲節をつけ専修念仏普及に貢献した。1206年、後鳥羽上皇女房松虫を剃髪、得度させた。その密通嫌疑により、1207年、藤原秀能に引かれ、近江国馬淵荘(馬淵畷)で弟子とともに念仏を唱えながら斬首になる。首を刎ねられても、しばらく念仏を唱えていたという。
 辞世「極楽に 生まれむことの うれしさに 身をば仏に まかすなりけり」
◆松虫 平安時代末期-鎌倉時代初期の女性・松虫(まつむし、?-1224)。今出川左大臣の娘。妹に鈴虫。後鳥羽上皇女房として寵愛を受けた。1206年、19歳で法然弟子・住蓮により剃髪、得度し妙智法尼(みょうちほうに)と称した。その後、弾圧を恐れ紀州・粉河寺(こかわでら)に身を隠した。法然一門の弾圧、承元の法難(建永の法難)後、安芸国生口島(いくちしま)・光明三昧院に逃れ、安楽・住蓮の菩提を弔ったという。35歳。
◆鈴虫 平安時代末期-鎌倉時代初期の女性・鈴虫(すずむし、?-1235)。今出川左大臣の娘。姉に松虫。後鳥羽上皇女房として寵愛を受けた。1206年、17歳で法然弟子・安楽により剃髪、得度し妙貞法尼(みょうていほうに)と称した。その後、弾圧を恐れ法然一門の弾圧、承元の法難(建永の法難)後、安芸国生口島光明三昧院に逃れ、安楽・住蓮の菩提を弔ったという。45歳。
◆中沼葵園 江戸時代-近代の儒学者・中沼葵園(なかぬま きえん、1816-1896)。隠岐国の医者・中沼養碩3男。1835年、京都の儒者・鈴木遺音に入門。1843年、学舎を開き、西郷従道、川村純義らが集う。嘉永年間(1848-1854)、学習院儒官、1864年、十津川・文武館を創設。維新新政府参与、参謀、1869年、第122代・明治天皇侍講、三条実美らと対立し、1870年、辞し、1871年、クーデター未遂の愛宕・外山事件関与嫌疑により辞した。1876年、新政府への士族反乱の神風連の乱関与の嫌疑を受ける。大津に湖南学舎を開く。安楽寺に墓がある。
◆安楽・住蓮・松虫・鈴虫 安楽、住蓮は、ともに元武士であり、念仏道場で仏門に入る。美男の安楽は、美声の持ち主であり念仏唱和したという。住蓮もまた、昼夜の六時礼讃(ろくじらいさん)の声明を行った。これは、法然が悟りを得た唐の善導大師の「往生礼讃偈」に謡曲を付しており、二人により完成をみた。
 二人の声明に魅せられ、寺に通う姉妹の女官がいた。松虫、鈴虫といい、才色兼備のため後鳥羽上皇の寵愛を受けた。ほかの女官による嫉妬も受け、御所での生活に苦慮していたという。
 1206年、上皇が熊野詣の留守の折に、姉妹は、清水寺で法然の説話を聴聞した。丑の刻、その説法が忘れられず、姉妹は御所を密かに出て裸足のままに鹿ヶ谷草庵へ向かう。姉妹は出家を願う。だが、ニ僧は姉妹が若いため、思いとどまるように諭したという。姉妹の決意は固く、二僧の導きにより剃髪出家する。松虫は妙智法尼(19歳)、鈴虫は妙貞法尼(17歳)と称した。その後、紀州・粉河寺に身を隠した。
 当時の女性に信仰の自由もなかった。1207年、帰京した上皇はこの一件に激怒し、宣旨(せんじ)により法然の専修念仏、六時礼讃の停止となる宗教弾圧事件「承元の法難(建永の法難)」に発展した。当時、浄土宗と対立していた奈良・興福寺の指弾も受ける。姉・鈴虫を出家させた安楽、妹・松虫を出家に導いた住蓮は、院の女房と密通したとして、1202年にそれぞれ六条河原、近江馬淵庄で斬首された。
 なお、平安時代、少なくとも都で死刑はほとんど執行されていなかった。818年、第52代・嵯峨天皇の時、死刑制度はあったが、死罪を遠流か禁獄に減刑した。以来、1156年の保元の乱で源為義らが斬首されるまでの346年間は、少なくとも中央政権下律令制下で死刑執行はされなかった。僧職にある者の死刑としては、安楽と住蓮が初例になったという。
 法然も僧籍剥奪され、讃岐へ5年の流罪の後、1221年に知恩院勢至堂辺りで亡くなった。後に浄土真宗の開祖となる弟子・親鸞(1173-1263)も僧籍剥奪され、越後直江津へ4年の流罪になる。
 その後の松虫と鈴虫は、瀬戸内の生口島(いくちじま)の光明坊で、念仏三昧の生活を送り、その生涯を終えたという。松虫35歳、鈴虫45歳だった。二人の遺髪は、光明坊宝物館に納められている。
◆仏像・木像 本堂に、木造「阿弥陀如来坐像」(85cm)(市有形)を安置している。
 脇侍として右に「観音菩薩立像」、左に「勢至菩薩立像」、右端に「地蔵菩薩立像」(市有形)、左端に「龍樹(りゅうじゅ)菩薩立像」の三尊が安置されている。
 「地蔵菩薩立像」は、「くさの地蔵」と呼ばれ、皮膚病の瘡(くさ)の平癒の信仰を集めた。鎌倉時代、1258年の慶派仏師の作による。1991年に解体修理が行われ、胎内より墨蹟が発見された。
 厨子内に江戸時代作の合掌する「住蓮坐像」、右手に剃刀、左手に宝珠を載せた「安楽坐像」、その下に「松虫坐像」、「鈴虫坐像」、左の「法然の張子の像」は、法然の書簡、名号などの反古紙を張り合わせたものという。「親鸞像」も安置されている。
◆建築 「本堂」は江戸時代後期に移築されたという。二層の宝形裳階造(ほうぎょうもこしづくり)になる。かつては常行三昧堂だった。
 「書院(客殿)」(国登録)は、江戸時代後期に建立された。
 「山門」(国登録)は、近代、1892年に建てられた。茅葺。山門にいたる石段の石畳は黒石を敷き詰めている。
◆文化財 「安楽寺松虫姫鈴虫姫和讃」には、出家の経緯、縁起が七五調で書かれている。
 「安楽寺縁起絵」は、制作年代は不詳。絵解きとして使用されていた。かつて絵巻物であり、裁断して1枚に貼り合わせている。絵には、法然の清水寺での説法、鹿ヶ谷草庵での六時礼讃修法、鈴虫・松虫の剃髪の様子、住蓮の処刑、安楽の処刑、法然の配流などが11面に渡り彩色で描かれている。
 「安楽上人鈴虫剃髪図」「住蓮上人松虫剃髪図」「安楽上人像」「住蓮上人像」「鈴虫姫像」「松虫姫像」。
 「小野小町九相図」は、絵解きに用いられた。
◆庭園 枯山水式庭園は、苔地に飛石、サツキの刈込を連ねる。
◆和讃 「松虫姫鈴虫姫和讃」とは、姉妹が両上人のもとで、剃髪染衣を求め出家する様が、七五調の美しい調べにより語られる。
◆鹿ヶ谷かぼちゃ・かぼちゃ供養 「かぼちゃ供養」(7月25日)が知られている。瓢箪の形をした京の伝統野菜、鹿ヶ谷かぼちゃを、仏前に供え、その後煮炊きする。これを食べると中風除けとなるという。
 江戸時代末の当寺住持・真空益随(しんくう やくずい)が、病に苦しむ人々の救済のために本堂で100日間の修行を行った。その時、阿弥陀如来のお告げに「夏の土用に鹿ヶ谷かぼちゃを食すれば中風にかからない」と霊告あり、以来、始められたという。
 鹿ヶ谷かぼちゃの栽培は、江戸時代、文化年間(1804-1818)、寛政年間(1789-1801)とも、粟田村の百姓・玉屋藤四郎が、津軽への旅の途中で種を譲り受けて栽培したことに始まる。当初は、菊座形だったという。その後の連作中に現在のひょうたん形になった。地元では「ひょうたん なんきん」「谷のかぼちゃ」などと呼ばれていた。なお、種子部分は下部のみに集中している。普通のかぼちゃに較べて栄養価は高いという。第二次世界大戦後、市場より姿を消す。その後、「京の伝統野菜」として品種保存されている。重さは1.8-3kgになる。
 供養の当日は、炊かれたかぼちゃが振舞われる。
◆文学 上田秋成の『雨月物語』「安楽寺上人伝」に、当寺に敷かれている石の延檀のことが書かれている。1808年、住持は京都の町に出掛けるたびに、鴨川の石を持ち帰って敷いたものという。
◆花暦 サクラ(4月)、ツツジ(5月)、サツキ(5月)、紅葉は200本の楓があり紅葉、敷紅葉が楽しめる。
◆墓 境内に安楽と住蓮の五輪石塔がある。かつて、本堂北にあり、江戸時代に現在地に遷された。
 松虫と鈴虫の五輪小石塔が立つ。
 江戸時代-近代の儒学者・中沼葵園の夫妻墓がある。
◆年間行事 春の公開(サクラ)(3月最終土日、4月第1・第2土・日曜日)、鈴虫姫の和讃法要(4月29日)、ツツジ(5月ゴールデンウィーク)、サツキ(5月第3・第4土日曜日)、安楽住蓮の法要会(6月第1日曜日)、かぼちゃ供養(7月25日)、松虫姫の和讃法要(11月18日)、秋の公開(モミジ)(11月土・日曜日・祝祭日、11月24日-12月第1日曜日)。
 毎月、「松虫姫鈴虫姫和讃」の月例会。 
 
 
*普段は非公開。春と秋、かぼちゃ供養に公開。行事の日程は中止・変更の場合があります。
*年間行事は中止、日時変更の場合があります。
*参考文献 『京都・山城寺院神社大事典』『京都大事典』『京都府の歴史散歩 中』『鹿ヶ谷 安楽寺』『京都の寺社505を歩く 上』『京都 阿弥陀の寺と庭』『おんなの史跡を歩く』『京に燃えたおんな』『古都歩きの愉しみ』『京都歩きの愉しみ』『京の寺 不思議見聞録』『京の伝統野菜』『週刊 古事を巡る 34 法然院』


  関連・周辺法然院      周辺霊巌寺      関連知恩院          

本堂
 
 

庭園、東山を借景としたツツジ、サツキの庭

庭園

東山の藤

地蔵堂、くさの地蔵尊

地蔵堂、くさの地蔵尊

手水舎

安楽(左)と住蓮の五輪石塔

松虫と鈴虫姉妹の五輪石塔
中沼葵園夫妻の墓

仏足石

住蓮上人辞世の句、「極楽に 生まれむことの うれしさに 身をば仏に まかすなりけり」。安楽上人「今はただ 云う言の葉も なかりけり 南無阿弥陀仏の み名のほかには」。

鹿ヶ谷かぼちゃ、瓢箪の形をしている。いまは、上賀茂で作っているという。


瓦土塀

東山
 安楽寺 〒612-8275 京都市左京区鹿ヶ谷御所ノ段町21  075-771-5360
  Home     Home  
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光