八瀬天満宮社・秋元神社 (京都市左京区八瀬) 
Yase-temmangusha Shrine
八瀬天満宮社・秋元神社 八瀬天満宮社・秋元神社 
50音索引  Home 50音索引  Home























本殿


摂社・秋元神社
 比叡山に連なる御所谷山麓、八瀬坂の登り口に、八瀬天満宮社(やせ てんまんぐうしゃ)はある。天満宮社ともいわれる。八瀬の産土神であり、平安時代以来の御霊社ともいう。 
 祭神は菅原道真を祀る。旧村社。
◆歴史年表 
創建の詳細不明。
 平安時代、比叡山法性坊(ほっしょうぼう)の阿闍梨・尊意(そんい、866/876-940)が、菅原道真没後に勧請したものという。
 南北朝時代、1336年、第96代・後醍醐天皇の軍勢2万は、足利尊氏の軍勢を避け比叡山に登った。その際に八瀬坂を辿った。(『太平記』巻十四)。この時、村人が防護したという。
 江戸時代、1708-1710年、八瀬と比叡山延暦寺の間で境界争いが起こる。
 1710年、秋元但馬守喬知が八瀬村の私領、寺領200石余りをほかへ移し、禁裏御料になった。年貢、諸役が免除になる。
 1714年、境内に摂社・秋元神社が建立される。
◆菅原道真 平安時代前期の公卿、文章博士、歌人の菅原道真(すがわら の みちざね/ みちまさ/どうしん、845-903)。菅原是善の3男。母は伴氏。幼少より漢詩、和歌に優れた。862年、文章生試験に合格、866年、円仁『顕揚大戒論』序文を書く。 867年、文章徳業生、870年、方略試に合格、871年、少内記、872年、存問渤海客使に任じるが、母が亡くなり解官、877年、式内少輔、文章博士 を兼ねる。第59代・宇多天皇、第60代・醍醐天皇に重用される。879年、従五位上。880年、父没し家塾「菅家廊下」を継承。883年、加賀権守兼 任。884年、太政大臣職掌の有無について意見を奏上。888年、阿衡問題について藤原基経に意見書を送る。891年、式部少輔、左中弁兼ねる。892 年、従四位下、『三代実録』『類聚国史』を編じる。893年、参議、式部大輔、左大弁、勘解由長菅・東宮亮を兼任。894年、遣唐大使に任命されるが、大 使の中止を建議し、中止になる。侍従兼任。895年、近江守兼任、中納言、従三位、春宮権大夫兼任。897年、正三位、中宮大夫兼。899年、右大臣とな る。900年、三善清行は道真に辞職勧告する。901年、従二位、左大臣・藤原時平の讒言(ざんげん、告げ口)により、大宰権帥に左遷される。903年、 大宰府で没した。
 道真没後約50年、都では、旱、疫病(疱瘡)、月食、大彗星、地震、天候不順などが続いた。道真の政敵・藤原菅根の死(908)、藤原時平の死 (909)、左遷を命じた醍醐天皇の皇太子保明親王の死(923)、保明親王の第1王子慶頼王の死(925)、清涼殿落雷による藤原清貴震死(930)と 平希世の死(930)、醍醐天皇の死(930)が相次ぐ。これらの異変は、道真の怨霊の仕業と恐れられた。道真怨霊についての文献初出は、平安時代中期 「日本紀略」、923年「菅師霊魂宿芬のなす所也」と記されている。このため、没後、923年に正一位、太政大臣を追贈されたが異変は止まなかった。当 初、雷神、祟り神として畏怖され、後に天神、学問の神として崇敬された。
 境内には、道真が比叡山の尊意のもとに教えを請い、山に登った際に腰を下ろしたという「菅公腰掛石」がある。
◆尊意 平安時代中期の天台宗の僧・尊意(そんい、866/876-940)。京都に生まれた。876年、11歳で仏道を志し、栂尾寺・賢一に学ぶ。879年、比叡山に登り、17歳で剃髪した。諸国で修行し、河内国で霊木により千手観音像を刻み帰依した。887年、登壇受戒、12年籠山、増全・玄昭に台密を、円珍に菩薩戒を受けた。醍醐天皇、朱雀天皇の護持僧に就く。926年、天台座主となり14年間在任した。930年、菅原道真の御霊による仕業とされた清涼殿落雷後に天皇を加持し、平将門の乱(935-940)では大威徳法を修した。諸国一万塔の修補、大般若経、観音像を六十余国に安置することを朝廷に請い許された。
◆秋元喬知 江戸時代前期の大名・秋元喬知(あきもと たかとも、1649-1714)。戸田忠昌の長男。上総国秋元家の養嗣子。1657年、遺領を継ぎ、甲斐国谷村藩の藩主になる。1659年、但馬守、1677年、奏者番、1681年、寺社奉行兼帯、1682年、若年寄、老中(1699-1707)として5代将軍・徳川綱吉を助けた。1704年、武蔵国川越へ転封、城主となり。その後も加増された。谷村藩、川越藩での治水、殖産策により秋元家中興の英主といわれる。ただ、1681年、減租を求める領民一揆が起きている。
 老中在任時に、八瀬と比叡山の村境争いに関与した。喬知は八瀬に赴き視察した。
◆天満宮社 菅原道真を祀る北野天満宮(北区)よりも、八瀬天満宮社の歴史の方が古いという伝承が残る。
 道真は、少年時代に尊意の教えを受けた。権帥として左遷された地、大宰府で没した道真の怨霊は、尊意の庵を訪れる。道真の霊は、尊意に藤原一門から依頼された調伏(ちょうぶく)の祈祷をやめるように訴えた。だが、尊意はこれを拒む。道真の亡霊は、仏前の柘榴を噛み砕き、妻戸に吐きかけたため、戸は燃え上がったという。(『都名所図会拾遺』『北野天神縁起』と酷似)。
◆赦免地踊 摂社・秋元神社には、秋元大明神が祀られている。かつて、八王子社(現在は氏神社摂社)、「山王さん」と呼ばれる祭神・大山昨神(おおやまくいのかみ)を祀っていた。
 秋元神社についての逸話がある。江戸時代、1707年、日光准后の申出により延暦寺の結界が認められた。結界内に女人牛馬が入り込み、浄界が汚濁するというのが理由だった。1708年に幕府は女人牛馬、八瀬者一切の立入を禁じる裁決を下した。この八瀬と延暦寺との間での境界争い(1708-1710)により、薪を生業としていた村人の立入り規制は死活問題となる。八瀬の人々は後醍醐天皇の綸旨(りんじ)を添え幕府に訴えた。綸旨とは、天皇の意思・命令を伝える文書であり、奉書形式の私的書状、公文書の性質をおびる。
 八瀬の人々は江戸に赴き、老中筆頭の武蔵川越5万石・秋元但馬守喬知(たかとも)に愁訴した。一年半にも及ぶ訴訟の結果、1710年に結界の変更は行われなかったが、村は禁裏御料になり、年貢諸役が免除になるなどの特権を得た。この際に、裁定に当たった秋元は、八瀬の現地を訪れ巡検している。
 1714年、秋元が亡くなる。一説では自決したともいう。八瀬の人々によって、その怨霊を鎮めるために境内に摂社・秋元神社が建立され、秋元大明神として祀られたという。
◆摂社 境内には十禅師社、八王子社、八幡大菩薩、白井大明神、六所大権現、若宮大明神、白鬚大明神、岩上神社、貴船大明神などが祀られている。
◆宮座 秋元町、近衛町により祭礼を執り行う宮座がある。左座、右座が宮座行事を行う。
 当宮に宮司はいない。住民は持ち回りで1年間の「高殿(こうどの)」の役に就いて、天満宮の神事・祭事一切を取り仕切る慣わしになっている。
◆菅公腰掛石 境内の「菅公腰掛石」は、道真が比叡山の尊意のもとに教えを請い、山に登った際に腰を下ろした石という。
◆弁慶背較石 参道脇の「弁慶背較(競)石(べんけい せくらべいし)」は、比叡から下りた弁慶がこの石で背較べをしたという。弁慶が比叡山より運んできたものともいう。「弁慶石」とも呼ばれていた。(「雲根志」「京都民俗志」)
 弁慶の身長は、六尺三寸二分(1.92m)あったという。現在の石の高さは2.4mある。
◆矢負地蔵 鳥居の南に「矢負坂(やおいいた)地蔵」が安置されている。平安時代後期の源平合戦(1180-1185)犠牲者を弔うためのものといわれる。
 立像で右手に錫状、左手に宝珠を掲げている。鎌倉時代後期作とみられ、二重円の光背、蓮華座は線彫り、像高98cm、石高は1.5m、花崗岩製。
◆秋元祭 「秋元祭」(10月初旬)に奉納される京都市無形民俗文化財「赦免地踊(しゃめんちおどり)」(燈籠祭)は、年貢諸役免除を記念し、赦免されたことに因み始められたという。
 当日は、祭りを取り仕切る「十人頭」の最年少者が、燈籠を準備する宿元(長老)を訪ねる。女装した8人の少年の「燈籠着、とろき)」が頭に火を灯した切り子燈籠を載せる。燈籠は赤い紙の透かし彫りになっている。燈籠着は、町を練り歩いて天満宮社に集まる。踊りは、中世の風流踊と念仏踊系の燈籠が混交しているという。また、少女の踊り子による踊りも奉納される。
◆年間行事 弓始めの儀式(1月20日)、八瀬天満宮の春祭・例祭(5月4-5日)、神事「御所谷参拝」(後醍醐天皇の命日)(9月16日)、秋元祭(10月初旬)、「山王様御火焚祭(ジャンジョコさんの火焚祭)(11月25日)。


*年間行事(拝観)などは、中止・日時・内容変更の場合があります。*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『京都・山城寺院神社大事典』『京都の寺社505を歩く 上』『新版 京のお地蔵さん』『ワールドミステリーツアー13』『京都府の歴史散歩 中』『史跡探訪 京の七口』『京都の地名検証』


  八瀬     高野川     弁慶石             

摂社・秋元神社

十禅師大権現     

山王神社、八王子

神ノ幸 

八幡大神

若宮大明神 

六所大権現

白井大明神

白鬚大明神、岩上神社、貴船大明神

吉野 後醍醐天皇遥拝所

「菅公腰掛石」

後醍醐天皇御旧跡の碑


途中の山道


御醍醐天皇「御所谷碑」


参道脇にある「弁慶の背くらべ石」

「大君の 御幸祝ふを 八瀬童子踊りくれたり 月若き夜に」皇后御歌、2004年



地蔵尊祠

地蔵尊

赦免地踊
 八瀬天満宮 〒601-1252 京都市左京区八瀬秋元町639  
  Home     Home  
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光