実相院 (京都市左京区) 
Jisso-in Temple
実相院 実相院 
50音索引  Home 50音索引  Home

























 実相院(じっそういん)は、京都の洛北岩倉にある。
 かつて天台宗の門跡寺院(寺門派三門跡のひとつ)で、「実相院門跡」「岩倉門跡」「岩倉御殿」とも呼ばれた。山号は岩倉山という。
 現在は天台系単立。本尊は不動明王を安置する。
 かつて天台宗寺門系門跡寺院、園城寺院家の一つ。京都洛北・森と水の会。 
◆歴史年表 鎌倉時代、1229年、藤原鷹司(兼基)の子・静基(じょうき)権僧正が、園城寺に入り受法し、実相院と号したことに始まるという。当初は、紫野(北区紫野上野町)にあった。天台宗寺門派に属し、門跡に準じられていた。(寺伝)
 1397年頃、足利義満が北山に移った頃、紫野今宮上野(北区紫野上野町付近)にあった。
 その後、御所近く、今出川小川(五辻通小川、上京区実相院町)に移る。
 室町時代、応永年間(1394-1428)、1411年とも、兼務寺院の岩倉大雲寺の塔頭・成金剛院(じょうこんごういん)の地(目無川<岩倉川>の西)へ移る。 
 応仁・文明の乱(1467-1477)により、今出川小川の旧地の里坊は西軍に押収され、焼失する。
 1546年、兵乱により焼失した。その後、衰微した。
 江戸時代、寛永年間(1624-1644)、成金剛院は現在地に移る。義尊(ぎそん)により、当院は兼帯した大雲寺とともに再興される。
 後水尾上皇(第108代、1596-1680)の庇護を受け寺運隆盛になる。
 第111代・後西天皇皇子の義延入道親王(?-1705)の入寺後、皇孫の門主が続いた。
 1720年、義周入道親王の時、現在の本堂が第113代・東山天皇中宮・承秋門院の旧殿を移して建てられる。この頃、門跡領612石余が与えられた。(「京都御役所向大概覚書」)
 1746年、増賞入道親王が入寺する。
 近代、1871年以後、上知により寺領を失い、敷地、建物の多くを京都府立療病院に「献納」した。同年、幕府の定めた三門跡制(宮門跡、摂家門跡、准門跡)は廃止になり、門跡の称号も廃された。
 1879年、総本山園城寺住職は必らず管長となり、聖護院、円満院、実相院三室住職輪次兼帯し、三室住職は末寺の意見により、園城寺において評決することとなる。
 1885年、旧門跡は復称を許された。
 現代、1952年、園城寺天台寺門宗より独立した。
 2013年-2014年、「こころのお庭プロジェクト実行委員会」は、「植治」の小川勝章の協力により、客殿前の石庭「こころのお庭」の大改修を行った。
◆静基 鎌倉時代の僧・静基(じょうき、?-1259)。藤原(鷹司)兼基(1185-?)の子、関白・藤原(近衛)基通(1160-1233)孫。園城寺・静忠入室の弟子、入壇し実相院と号した。1229年、実相院開山。権僧正。
◆義尊 江戸時代前期の天台宗の僧・義尊(ぎそん、?-1661)。准三后・源義助の子。足利義昭の孫。舜雄に灌頂をうける。実相院門跡となり、寛永年間(1654-1663)、同院を中興した。准三后、大僧正。
◆義延入道親王 江戸時代中期の僧・義延入道親王(ぎえん にゅうどう しんのう、1662-1705/1706)。実相院宮義延親王。実相院門跡。第111代・後西天皇の第4皇子。母は清閑寺共子(ともこ)。実相院に入り得度、門跡となる。二品に叙し、園城寺の長吏に補せられる。辞任。1706年、寺務に戻る。法号は十如院。
◆義周入道親王 江戸時代中期の僧・義周入道親王(ぎしゅう にゅうどう しんのう、1713-1740)。邦永親王の第5王子。第112代・霊元天皇の養子。1725年、親王、実相院に入り門跡となる。1728年、園城寺長吏。法号は得不退院。
◆増賞入道親王 江戸時代中期の僧・増賞入道親王(ぞうしょう にゅうどう しんのう、1734-1770)。職仁(よりひと)親王の王子。第115代・桜町天皇の養子。1746年、親王、実相院に入り出家。1752年、聖護院に移る。園城寺長吏、護持僧に就く。
◆岩倉具視 明治時代前期の公家・政治家・岩倉具視(いわくら ともみ、1825-1883)。京都に生まれた。1854年、第121代・孝明天皇の侍従になる。1860年、公武合体派として和宮降嫁を推進し、尊皇攘夷派から非難され、一時当寺で幽居となる。1867年、王政復古の権力奪取を画策、明治新政府では要職をつとめた。1862年、霊源寺で出家隠棲した。だがすぐに、墨染の僧形に身を変え、西芳寺の湘南亭に移り身を潜めた。
 具視は幼少の頃、岩倉の農家に里子として出され、岩倉とはゆかりが深い。1863年から5年間、皇女和宮の降嫁を謀ったとして倒幕派から批判を受けたため、岩倉に身を潜めていた。実相院の裏山に具視が身を隠したとされ、碑が立てられている。近くに岩倉具視幽棲旧宅、関連資料を集めた対岳文庫もある。
◆岩倉 岩倉の地名は、神の降臨地・磐座(いわくら)に因る。また、平安京遷都の際に、第50代・桓武天皇により、都の四方の山を鎮護するための大乗経が納められ、その岩蔵が置かれたことに因むともいう。
 岩倉は、古代より、小野郷、来栖野(くるすの)郷が置かれ、狩猟地になっていた。
◆仏像 本堂の本尊「不動明王立像」は、鎌倉時代作、木造。
 本堂に歴代天皇の位牌も祀られている。
◆建築 江戸時代、1720年、第113代・東山天皇中宮・承秋門院(じょうしゅうもんいん)幸子女王(1680-1720)逝去後、1721年に大宮御所の一部が移設されている。このため、正面の門「四脚門」(国登録)、玄関横の「御車寄」、中の建物「客殿(本堂)」(国登録)は、数少ない現存する女院御所の遺構になっている。
 「書院」には、歴代の門跡が住んだ。東側に面して茶室がある。平屋。
 「客殿(本堂)」の「滝(瀧)の間」は、床が庭に植栽された楓(青モミジ、紅葉)を映し出し、「床みどり」「床もみじ」、冬の雪は「雪化床(ゆきげしょう)」として知られている。
◆庭園 本堂東に比叡山を借景とした枯山水式庭園がある。かつては、「一仏八僧の庭」、それ以前は「蹴鞠の庭」といわれていた。
 2013年-2014年、「こころのお庭プロジェクト実行委員会」は、「植治」の小川勝章の協力により、客殿前の石庭「こころのお庭」の大改修を行った。白砂と石、桜、楓のなどの植栽により構成される。日本国を表し、4島は白砂の海に囲まれている。海に立つ木製のオブジェは白波を表す。表は杉皮、背後に盛土され、白砂で覆われている。
 西の客殿前には、池泉回遊式の庭がある。近代、1877年に作庭された。寺伝では又三郎の作庭によるとされていた。
 書院東に茶室があり、露地に岸駒筆「寒山拾得図」を刻む石燈籠が立つ。
障壁画など 御車寄、使者の間に、狩野永敬(1662-1702)筆の「七仙人図」「紅梅図」。
 客殿三の間(鶴の間)、二の間(波の間)、一の間(滝の間)、上段の間に、狩野永信筆という「群鶴図」「波」「滝」。
 杉戸絵に狩野探幽(1602-1674)筆の「竹に虎」「松に藤」がある。
 書院に岸駒筆の戸棚の地袋絵がある。
◆文化財 和歌、香道の典籍など。
 『実相院日記』は1998年に発見された。歴代門跡の家司たちによる江戸時代前期-明治期までの記録が残されている。徳川家定正室・天璋院篤姫(1836-1883)の記述も残る。
 安土桃山時代、1597年、第107代・後陽成天皇宸筆(しんぴつ)の紙本墨書「仮名文字遣(かなもじつかい)」(重文)。
 後水尾天皇の掛軸「忍」。
 中世-近世の古文書4000点を所蔵している。戦乱の被害を受けていない貴重な史資料になる。整理解読は現在も続けられている。かつて支配下にあった「大雲寺関連資料」も含まれている。
 客殿内庭の「銅鐘」(国宝)は、かつて大雲寺の鐘楼にあった。内面の左文銘の陽刻によれば、平安時代、858年に比叡山西塔の宝幢院より移された。縦に細長く、撞座の位置が高い。乳は5行4列あり、素朴な形状をしている。現在は、佐川美術館に移されている。高さ1.16m、口径55㎝。
◆石仏 書院の内庭に石仏の「阿弥陀坐像」がある。かつて客殿前庭にあった。舟形石に定印を結ぶ。82㎝、花崗岩製。
◆モリアオガエル
 境内の「ひょうたん池」などは、モリアオガエルの産卵地として知られている。モリアオガエルは日本の固有種の両生類で、近年生息数を減らしている。
 非繁殖期はおもに森林に生息しているが、繁殖期には、湖沼の上の木の枝などで、一匹のメスに数匹のオスが取り付き、泡状の卵塊を産みつける。卵は1週間から2週間ほどで孵化し、オタマジャクシは雨を待って、池へ落ちる。
 寺での産卵期は5月初中旬-6月末まで。6月頃-7月末に、書院の池を一般公開している。
◆桜楓 桜、楓の緑紅葉と紅葉が愉しめる。
◆年間行事 春の特別公開(4月1日-25日)、紅葉石庭ライトアップ(11月18日-27日)。


*年間行事は中止・日時・内容変更の場合があります。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。

*室内の写真撮影は禁止。
*参考文献 『京都古社寺辞典』『京都・山城寺院神社大事典』『洛北岩倉誌』『京都大事典』『京都府の歴史散歩 中』『昭和京都名所図会 3 洛北』『続・京都史跡事典』『大雲寺堂社旧跡纂要』『京都の寺社505を歩く 上』


   大雲寺       岩倉具視幽棲旧宅      園城寺(三井寺)(大津市)      本阿弥光悦京屋敷跡          

枯山水式新庭園

枯山水式新庭園

枯山水式新庭園

枯山水式旧庭園

枯山水式旧庭園

「緑縁」

池泉回遊式の庭
 

【参照】モリアオガエルの卵


【参照】モリアオガエル

【参照】寺の近くを流れている岩倉川、高野川の支流であり、鴨川源流の一つ。

【参照】実相院宮墓地、義延法親王御墓

【参照】実相院宮墓地、義延法親王御墓

【参照】実相院宮墓地
 
ライブカメラ 岩倉実相院(左京区岩倉)
 実相院 〒606-0017 京都市左京区岩倉上蔵町(あぐらちょう)121  075-781-5464   9:00-17:00
50音索引  Home   50音索引  Home  
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光