白雲神社 (京都市上京区)
Shirakumo-jinja Shrine
白雲神社 白雲神社 
50音索引,Japanese alphabetical order  Home 50音索引,Japanese alphabetical order  Home







拝所、本殿








福寿稲荷神社


福寿稲荷神社


福寿稲荷神社




本殿裏



本殿裏に祀られている巨石







手水舎



井水
 京都御苑内に白雲神社(しらくも-じんじゃ)がある。近代以前まで西園寺家邸内に祀られていた妙音堂があった。そのため、「妙音天」「妙音弁財天」「御所の弁天さん」とも呼ばれている。屋敷神になる。 
 祭神は宗像三女神の一つ、市杵島姫命(いちしまひめのみこと)を祀る。
 生け花、琴などの技芸上達、水の神として消防関係、財宝の神の信仰などがある。
歴史年表 鎌倉時代、1224年、西園寺(藤原)公経は、北山殿造営の際に西園寺妙音堂を建立し、妙音弁財天を祀った。別当・成就心院の回向により、皇后邦子内親王(第86代・後堀河天皇准母)が臨幸した。(社伝)
 年代不明、赤八幡京極寺に妙音堂は一時遷される。
 江戸時代、1769年、西園寺邸の現在地付近への移転に際し、西園寺公晃、西園寺賞季が勅許を得て、邸内に妙音堂を再興した。以後、妙音堂は禁裏御祈祷所と定められる。
 寛政年間(1789-1801)、巳の日講が結ばれる。
 1840年、社殿修復される。
 1857年、社殿修復された。
 近代、1868年、東京遷都に伴い西園寺家は東京へ移る。また、神仏分離令後の廃仏毀釈により廃祀の危機に瀕する。屋敷は取り壊され、鎮守社のみは残った。
 1869年、この地に、西園寺公望は私塾立命館を創設した。ただ、京都府庁(太政官留守官)差留命令により1年弱で閉鎖になる。
 1878年、妙音堂は地元有志の尽力により、かつての鎮座地名に因み白雲神社に改められた。神仏混淆の作法を神式に改める。
◆西園寺公経 平安時代後期-鎌倉時代中期の公卿・政治家・西園寺公経(さいおんじ-きんつね、1171-1244)。法名は覚勝、巴/鞆絵(ともえ)の大将と称された。京都の生まれ。藤原氏北家閑院流、藤原実宗(さねむね)の次男、母は藤原基家(もといえ)の娘。妻は源頼朝姪・一条全子。1199年、源実朝の死後、1208年、娘・倫子は九条道家に嫁し、1218年、九条三寅(みとら、後の頼経、第4代征夷大将軍)を産む。三寅を将軍後継者として鎌倉に下らせる。1221年、承久の乱で後鳥羽上皇(第82代)倒幕の動きを幕府に内通した。九条道家とともに第86代・後堀河天皇の譲位、第87代・四条天皇の践祚(せんそ)を実現させた。後鳥羽上皇側に幽閉される。乱は幕府北条氏の勝利に終わり、乱後、1222年、太政大臣、公武間を取り次ぐ関東申次(かんとうもうしつぎ)になる。1223年、従一位に昇る。1224年/嘉禄年間(1225-1227)、北山の別荘地に菩提寺の西園寺(鹿苑院の前身)を造営し、以後、西園寺殿と称された。『新古今和歌集』以下の勅撰集に入集した。74歳。
 鎌倉幕府との強い結びつきがあった。九条道家に嫁した娘・倫子は、将軍・頼経(九条頼経)を産む。孫・姞子は第88代・後嵯峨天皇の後宮になり、第89代・後深草天皇、第90代・亀山天皇を産み、その外戚になった。曽祖父・通季(みちすえ)から車紋に巴を用いた車を伝えられ、巴大将と呼ばれた。荘園、宋貿易で莫大な収入を得た。琵琶、歌をよくした。
 墓は西園寺(上京区)にある。
◆西園寺公晃  江戸時代前期-中期の公卿・西園寺公晃(さいおんじ-きんあきら、1702-1770)。号は遍照光院。西園寺致季(むねすえ)の子。1725年、従三位、1732年、権大納言、1755年、右近衛大将を兼ね、内大臣に昇る。従一位。 69歳。
◆西園寺公望 江戸時代後期-近代の貴族・政治家・西園寺公望(さいおんじ-きんもち、1849-1940)。幼名は美麿、号は陶庵。京都の生まれ。公家・徳大寺公純の次男、母は斐子。西園寺家を継ぐ。1868年、王政復古で、1867年、参与になる。戊辰戦争(1868-1869)に山陰道鎮撫総督などとして従軍した。1869年、邸内に家塾「立命館」を創設した。1871年/1870年、パリ・コミューン渦中のパリ第4大学(ソルボンヌ)に留学し、後に卒業した。クレマンソー、中江兆民らと交わる。1880年、帰国する。1881年、参事院に入る。明治法律学校(現・明治大学)を創立した。明治法律学校講師になる。東洋自由新聞社長になり、自由民権を主張する。兄・侍従長・徳大寺実則の説得で辞職した。1882年、憲法調査のために、伊藤博文に随いて渡欧した。以降、各国公使、賞勲局総裁になる。1884年、公爵、1885年、オーストリア公使などを歴任した。1891年、貴族院副議長、1894年から、第2次・第3次伊藤内閣文相になる。1900年、枢密院議長、1903年、立憲政友会総裁に就任した。1906年、第1次内閣、1911年、第2次内閣を組織した。1912年、元老になる。2個師団増設問題で陸軍と対立した。1914年、総裁を辞職する。1919年、ベルサイユ講和会議首席全権を務めた。1920年、公爵になる。著『西園寺公望自伝』など。92歳。
 晩年、軍部と対立した。国葬が執り行われた。
◆赤八幡京極寺 赤八幡京極寺は京極八幡宮と呼ばれた。奈良時代に創建され当初は天台宗の勅願寺だったという。古くは三条京極にあり、室町時代、応仁・文明の乱(1467-1477)後、上御霊の西に遷されたという。
 現在、真言単立の京極寺(北区小山)があり、鎮守社だった八幡宮(赤八幡)は、近代、1912年に廃社になっている。
◆神像 「木造弁才天坐像」は西園寺妙音堂旧本尊になる。鎌倉時代(13世紀前半)作になる。慶派仏師の湛慶の作風ともいう。二臂の琵琶弾奏形の弁才天坐像で、最古例という。「妙音天」、「妙音楽天」などとも呼ばれた。平安時代後期の琵琶名手・藤原師長(?-1192)が像に感得し、西園寺家にもたらしたともいう。
 髻を結い、上半身裸形、条帛、裙、腰布、腰帯を付ける。銅製胸飾、着衣部に切金・彩色文様、彫眼彩色。頭躰幹部をヒノキ材とみられる一木で彫出、前後に割矧ぎ頸部を割り離し、左斜めより傾げ矧ぐ。持物の琵琶は当初のものかどうかは不明。非公開。
◆三本木 豊臣秀吉の夫人・北政所(1549-1624)が大坂城より京都に移った際に、一時、三本木(東洞院出水下る)に住んだ。現在の白雲神社東裏付近といわれている。
◆西園寺邸跡 境内にはかつて西園寺公望邸宅があった。近代、1869年、公望は家塾「立命館」を開設している。勤王家養成のためとして、教師には朱子学者、水戸学儒者、漢学者などを集めた。100人ほどの学生が集った。ただ、翌1870年、京都府庁(太政官留守官)の差留命令により閉鎖される。
 1900年に公望の意志を継ぐ中川小十郎は、京都法政学校(上京区東三本木丸太町)を設立している。
◆福寿稲荷神社
 末社・福寿稲荷神社は、西園寺家の屋敷神として祀られていた。
◆文化財 掲げられている社号扁額「白雲神社」は西園寺公望筆による。
◆年間行事 例祭(6月15日)、お火焚祭(11月10日)。


*年間行事は中止・日時・内容変更の場合があります。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。

*参考文献・資料 『昭和京都名所図会 2 洛東 下』、『京都の寺社505を行く 上』、『京都大事典』、『京都御所・仙洞御所』、『稲荷信仰と宗教民俗』、ウェブサイト「コトバンク」


関連・周辺京都御所(京都御苑)  関連・周辺西園寺邸跡  周辺厳島神社(京都御苑内)  周辺宗像神社(京都御苑内)  関連西園寺  関連京極寺  関連吉田泉殿跡  関連高台寺       
白雲神社 〒602-0881 京都市上京区京都御苑内  075-211-1857  6:30-18:00
50音索引,Japanese alphabetical order  Home   50音索引,Japanese alphabetical order  Home  
  © 2006- Kyotofukoh,京都風光