西園寺 (京都市上京区)
Saion-ji Temple
西園寺 西園寺 
50音索引,Japanese alphabetical order  Home 50音索引,Japanese alphabetical order  Home

山門




山門の東、高麗門


山門、巴紋の軒丸瓦




本堂


西園寺公望筆山号扁額「西園寺」


巴紋





開山堂



開山堂



地蔵堂



庫裏



鐘楼



鐘楼、大瓶束、蟇股



梵鐘



本堂前の庭


妙音弁財天


法然像
 寺町通(上京区)に面して大門を構える西園寺(さいおんじ)は、公卿・西園寺家とゆかりが深い。山号は宝樹山(ほうじゅさん)、院号は竹林院(ちくりんいん)という。 
 浄土宗、本尊は阿弥陀如来坐像。
 四十八願寺第14願。江戸時代には、洛陽四十八願所地蔵めぐり(京都四十八願寺)の第20番札所、札所本尊は土止地蔵(槌留地蔵)。
◆歴史年表 鎌倉時代、1220年、藤原(西園寺)公経(きんつね)が、尾張国松枝荘の家領と公卿・仲資王の北山の領地(鹿苑寺付近)とを交換(相博、そうはく)する。この地は、かつて神祇伯・仲資王(なかすけおう)の領地だった。その後、公経により、別業・北山殿内に寺院造営が始まる。(「大徳寺文書」)
 1224年、公経は西園寺を創建する。初めは真言宗だった。安嘉門院(後高倉院皇女)が臨幸している。(『百錬抄』)。北白河院陳子(持明院陳子、後高倉院妃)が臨幸し、盛大に御堂供養が行われた。(『増鏡』)。北山殿(北山山荘)には、本堂(西園寺)ほか諸堂が建ち並び、北には寝殿(別荘)が建てられた。その様は、道長の法成寺を凌ぐとまでいわれた。以後、寺は西園寺家の菩提寺になる。
 1284年、後深草上皇(第89代)、熈仁親王(第92代・伏見天皇)が1カ月ほど北山殿で過ごしている。(『中務内侍日記』)
 南北朝時代、荒廃する。
 1354年/1352年、西園寺は室町頭(むろまちがしら、上京区竹園町、室町通御霊前上る)に移る。3代将軍・足利義満による北山第(鹿苑寺)造営(1397)に伴うものだった。(『山州名跡志』)
 1362年、北朝第4代・後光厳天皇が立ち寄る。(『愚管記』)
 室町時代、天文年間(1532-1555)、称念が再興した。知恩院末寺になったという。
 1554年、緑誉が中興し、浄土宗に改めた。後に浄土宗・知恩院末になったという。
 安土・桃山時代、1590年/1554年、豊臣秀吉の都市改造に伴い現在地に移る。
 江戸時代、寛文年間(1661-1673)、土止地蔵(槌留地蔵)は第112代・霊元天皇の命により、僧・宝山が洛外・六地蔵以外の48か寺の地蔵尊を選んだ洛陽四十八願所の霊場のひとつになる。
 1788年、天明の大火により焼失する。その後、再建された。
 近代以降、山内の7塔頭が廃されている。
◆西園寺公経 平安時代後期-鎌倉時代中期の公卿・政治家・西園寺公経(さいおんじ-きんつね、1171-1244)。法名は覚勝、巴/鞆絵(ともえ)の大将と称された。京都の生まれ。藤原氏北家閑院流、藤原実宗(さねむね)の次男、母は藤原基家(もといえ)の娘。妻は源頼朝姪・一条全子。1199年、源実朝の死後、1208年、娘・倫子は九条道家に嫁し、1218年、九条三寅(みとら、後の頼経、第4代征夷大将軍)を産む。三寅を将軍後継者として鎌倉に下らせる。1221年、承久の乱で後鳥羽上皇(第82代)倒幕の動きを幕府に内通した。九条道家とともに第86代・後堀河天皇の譲位、第87代・四条天皇の践祚(せんそ)を実現させた。後鳥羽上皇側に幽閉される。乱は幕府北条氏の勝利に終わり、乱後、1222年、太政大臣、公武間を取り次ぐ関東申次(かんとうもうしつぎ)になる。1223年、従一位に昇る。1224年/嘉禄年間(1225-1227)、北山の別荘地に菩提寺の西園寺(鹿苑院の前身)を造営し、以後、西園寺殿と称された。『新古今和歌集』以下の勅撰集に入集した。74歳。
 鎌倉幕府との強い結びつきがあった。九条道家に嫁した娘・倫子は、将軍・頼経(九条頼経)を産む。孫・姞子は第88代・後嵯峨天皇の後宮になり、第89代・後深草天皇、第90代・亀山天皇を産み、その外戚になった。曽祖父・通季(みちすえ)から車紋に巴を用いた車を伝えられ、巴大将と呼ばれた。荘園、宋貿易で莫大な収入を得た。琵琶、歌をよくした。
 墓は西園寺(上京区)にある。
◆仲資王 平安時代後期-鎌倉時代前期の公卿・仲資王(なか-すけおう、1157-1222)。初名は顕順。顕広(あきひろ)王の子。1176年、神祇伯、1205年、正三位。1207年、後鳥羽上皇皇女没後出家した。日記『仲資王記』を記す。白川伯王家(しらかわはくおうけ)の祖。白川家は第65代・花山天皇孫・延信王(清仁親王の王子)より神祇官として皇室祭祀を司る。伯家神道(白川流神道)家元。66歳。
◆西園寺公望 江戸時代後期-近代の貴族・政治家・西園寺公望(さいおんじ-きんもち、1849-1940)。幼名は美麿、号は陶庵。京都の生まれ。公家・徳大寺公純の次男、母は斐子。西園寺家を継ぐ。1868年、王政復古で、1867年、参与になる。戊辰戦争(1868-1869)に山陰道鎮撫総督などとして従軍した。1869年、邸内に家塾「立命館」を創設した。1871年/1870年、パリ・コミューン渦中のパリ第4大学(ソルボンヌ)に留学し、後に卒業した。クレマンソー、中江兆民らと交わる。1880年、帰国する。1881年、参事院に入る。明治法律学校(現・明治大学)を創立した。明治法律学校講師になる。東洋自由新聞社長になり、自由民権を主張する。兄・侍従長・徳大寺実則の説得で辞職した。1882年、憲法調査のために、伊藤博文に随いて渡欧した。以降、各国公使、賞勲局総裁になる。1884年、公爵、1885年、オーストリア公使などを歴任した。1891年、貴族院副議長、1894年から、第2次・第3次伊藤内閣文相になる。1900年、枢密院議長、1903年、立憲政友会総裁に就任した。1906年、第1次内閣、1911年、第2次内閣を組織した。1912年、元老になる。2個師団増設問題で陸軍と対立した。1914年、総裁を辞職する。1919年、ベルサイユ講和会議首席全権を務めた。1920年、公爵になる。著『西園寺公望自伝』など。92歳。
 晩年、軍部と対立した。国葬が執り行われた。
◆仏像・木像 ◈本堂安置の本尊の木造「阿弥陀如来坐像」(重文)は、鎌倉時代の作になる。北山殿より遷されたという。なお、平安時代の恵心僧都(942-1017)作ともいう。結跏趺坐、定印を結ぶ。寄木造、二重円光の光背、像高227.5cm。
 ◈開山堂に西園寺公経の法体姿の木像を安置する。
 ◈境内の辨天堂に琵琶を持つ「弁財天」を祀る。西園寺家は天皇、上皇に琵琶の秘曲を伝授してきた宗家であり、公経の北山殿にも弁財天が祀られていたという。妙音堂においては琵琶相伝が行われていた。近世、御所内西園寺邸に移された。その縁により、境内にも辨天堂が建立された。
◆地蔵 地蔵堂に「槌止(槌留)地蔵(土止地蔵)」を安置する。北山殿の旧西園寺の功徳蔵院の遺仏という。右手は垂れ、左手に宝珠を掲げている。截金文様を施す。鎌倉時代作という。
 名の由来は、恵心僧都(源信)の説く地獄極楽の教えであり、清流(横川[よかわ]の流れ)を土止めして、転輪聖王地蔵菩薩として再現したことによるという。悪事を打ち止めし、善事を励ますという。
 堂内壁に地獄・極楽図が描かれている。江戸時代、天明年間(1781-1789)、小泉直晃筆という。 
◆墓 西園寺家の墓がある。公卿・歌人の西園寺公経(1171-1244)、公卿・西園寺公衡(1264-1315)の墓がある。
 茶人・久田宗全(1647-1707)、下鴨社祠官・歌人・梨木祐之(なしのき-すけゆき)・祐為(すけため) 、国学者神道家・鴨祐之(1659-1723)、女性漢学者勤皇家・若江薫子(わかえ におこ、1835-1881)など。
◆樹木 クロガネモチがある。
◆文化財 本堂正面寺号扁額は、西園寺公望筆による。
 「梵鐘」は、太平洋戦争(1941-1945)中の戦時供出により没収された。岡山県の銅精錬所に送られ、溶解直前に終戦を迎え寺に戻された。梵鐘には、銅の質を検査した際に空けられたという4つ穴跡が残る。


*参拝要許可
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献・資料 『京都・山城寺院神社大事典』、『京都古社寺辞典』、『京都 歴史案内』、『京都府の歴史散歩 上』、『昭和京都名所図会 5 洛中』、『洛西探訪』、『京都寺社505を行く 上』、『京都大事典』、『旧版 京のお地蔵さん』、『京都 神社と寺院の森』、ウェブサイト「コトバンク」


関連・周辺西園寺邸跡  周辺天寧寺  関連金閣寺(鹿苑禅寺)  関連白雲神社  関連吉田泉殿跡    

稲荷社

稲荷社

十三重塔
map 西園寺 〒602-0801 京都市上京区高徳寺町362,寺町通鞍馬口下ル   075-231-1952
50音索引,Japanese alphabetical order  Home   50音索引,Japanese alphabetical order  Home  
  © 2006- Kyotofukoh,京都風光