三玄院 〔大徳寺〕 (京都市北区)
Sangen-in Temple
三玄院 三玄院 
50音索引  Home 50音索引  Home













 大徳寺境内本坊西にある塔頭・三玄院(さんげんいん)は、境内1000坪ある。武将・石田三成、画家・長谷川等伯ゆかりの寺として知られている。 
 臨済宗大徳寺派。
◆歴史年表 安土・桃山時代、1589年、1586年、天正年間(1573-1592)とも、石田三成、浅野幸長、森忠政らが、大徳寺111世・春屋宗園を開祖として創建した。当初は、現在地の西隣にあった。
 近代に入り、現在地に移る。この地にあった龍翔寺の部材により再興された。
春屋宗園  安土・桃山時代-江戸時代前期の臨済宗の僧・春屋宗園(しゅんおく そうえん、1529-1611/1612)。一黙子。山城国に生まれた。建仁寺の驢雪鷹灞に参じ、足利学校に学ぶ。大徳寺・笑嶺宗訢(しょうれい そうきん)の法を嗣ぎ住持となる。和泉・薬泉寺、近江・瑞岳寺を開く。1569年、大徳寺111世。1571年、大徳寺再住。西賀茂・正伝寺の龍珠軒、和泉・南宗寺、陽春庵に移る。1580年、津田宗久に請われ和南・大通庵の開山、1589年、大徳寺・三玄院、龍光院などを建立した。石田光成に請われ、1599年、近江・瑞岳寺開山。1600年、諡号は朗源天真禅師、大宝円鑑国師。大仙下三玄派の祖、法嗣に玉室宗珀、江月宗玩。
◆石田三成 室町時代-安土桃山時代の武将・石田三成(いしだ みつなり、1560-1600)。近江国に生まれた。父は正継。羽柴秀吉の長浜領主時代に近侍する。治部少輔、従五位下から従四位下に昇る。1582年、山崎合戦、1583年、賤ヶ岳の戦に加わり、1585年、秀吉の関白任官に伴い諸大夫となる。1586年、堺奉行。1587年、島津征討を行う。1590年以降、武蔵忍城攻めに失敗する。1591年、千利休切腹事件では利休の娘を炮(あぶり)責めにしたという。風聞として利休の母・娘を蛇責めに処したもいう。1591年、近江佐和山城主、1592年、朝鮮出兵では明国との和平交渉に当たる。1595年、豊臣秀次事件で秀次を追及する。1598年、慶長の役では秀吉没後の軍撤収に関わる。1599年、加藤清正らの襲撃を受けるが、家康により難を逃れる。1600年、関ヶ原の戦で、毛利輝元のもと家康に反し、近江で捕らえられ六条河原で処刑され晒された。遺骸は大徳寺の春屋宗園により引き取られ、大徳寺塔頭・三玄院に埋葬された。法名「江東院正岫因公大禅定院」で春屋が付した。妙心寺・寿聖院にも墓がある。
◆森忠政  安土桃山時代-江戸時代前期の武将・大名・森忠政(もり ただまさ、1570-1634)。可成の6男。織田信長小姓・蘭丸の弟に当たる。豊臣秀吉に仕えた。1584年、兄・長可の美濃国金山城を継ぐ。1587年、従四位下侍従、羽柴姓を授けられる。1592年、肥前名護屋城の警護に当たる。秀吉死後、徳川家康に仕える。1600年、海津城主となり、関ヶ原の戦で、東軍に属し戦う。1587年、美作津山に移封となる。3代将軍・徳川家光上洛に際し京都で急死した。葬地は三玄院で行われた。
◆浅野幸長 安土桃山時代-江戸時代前期の武将・浅野幸長(あさの よしなが、1576-1613)。浅野長政の長男。1589年、従五位下・左京大夫に叙任する。1590年、小田原攻めで初陣を飾る。1593年、父に甲斐16万石を与えられた。1595年、豊臣秀次の失脚事件に連座し、能登に流されその後恩赦される。1597年、慶長の役に加わる。1600年、関ヶ原の戦では、父と共に東軍に属し戦功をあげた。砲術を稲富祐直に学び「天下一」と称された。
◆長谷川等伯 安土・桃山時代の画家・長谷川等伯(はせがわ とうはく、1539-1610)。信春。長谷川派の祖。能登畠山家家臣・奥村家に生まれた。染め物屋を営む長谷川家の養子となる。義父から絵を教わる。雪舟門弟・等春の弟子・宗清に学び、信春と称し、熱心な法華信徒として仏画を描いた。1571年、本法寺を頼り妻子と共に上洛、狩野永徳に入門するが後に出る。千利休、本法寺10世・日通、大徳寺・春屋宗園らと交わる。大徳寺塔頭・三玄院事件により世に認められる。住職・春屋宗園は、禅寺に絵はいらないとして、等伯の申出を拒む。等伯は、住職の留守中に、客殿の襖一面に水墨による四季山水の絵を描いたという。
 その後、名声を高めることになる。長谷川派は狩野派に拮抗した。1590年、前田玄以は等伯に仙洞御所対屋障壁画を描かせようとする。だが、永徳は勧修寺晴豊によりこれを覆した。1590年、永徳は急逝する。翌1591年、等伯は豊臣秀吉が愛息を弔うために建てた祥雲寺の障壁画を引き受け、長谷川派を確立した。
 三玄院には等伯筆「絹本著色大宝円鑑国師(春屋宗園)像」(重文)がある。
原在中 江戸時代の画家・原在中(はら ざいちゅう、1750-1837)。京都の酒造家に生まれた。絵は石田幽汀、円山応挙につく。寺々の元、明の古画を独学し、土佐派に学ぶ。精密な装飾的画風の原派をなした。有職人物画を得意とした。御所、常御殿の杉戸絵、相国寺方丈障壁画「補陀落図」「琴棋書画図」などを描いた。天性寺に葬られた。
◆三玄院事件 長谷川等伯は、かねてより三玄院方丈の襖絵を描きたいと思っていた。住職・春屋宗園に申し出ると、方丈は本来、選仏の場であり風雅の席ではないとして、禅寺に絵は不要と等伯の制作依頼を頑として受け付けなかった。
 等伯は、住職の留守中に上がり込み、水墨により一気に襖絵を描いたという。等伯はその後、世に認められる。絵は、江戸時代後期に圓徳院(東山区)に移された。
 現在、円徳院方丈に32面の水墨画「山水図襖」(重文)が飾られている。本来は絵が描かれない雲母で摺られた桐紋(太閤桐)を散らす唐紙に、水墨による雪景渓山水画が描かれている。かつては36面存在したという。
◆法嗣 三玄院からは、134世・萬江宗程(?-1614)、147世・玉室宗珀(1572-1641)、156世・江月宗玩 (1574-1643)を輩出し、澤庵宗彭(1573-1646)、千宗旦(1578-1658)も修行した。
◆茶室 八窓の茶室「篁庵(こうあん)」は、三畳台目、古田織部好みとされ、江戸時代、文政年間(1818-1830)に建立され、近代、明治期末に西本願寺より移築された。
 十畳「自得軒(じとくけん)」がある。
◆文化財 長谷川等伯筆「絹本著色 大宝円鑑国師(春屋宗園)像(宗佐本)」(重文)(111.2×50.7㎝)は、安土・桃山時代、1594年作。さらに、同年作のほぼ同じ構図の「大宝円鑑国師像(宗仲本)」(109.8×49.5㎝)がある。
 本堂に、原在中の墨筆「花鳥図」「八方睨みの虎」がある。
◆寮舎 清泉寺は、当初、室町時代、1481年に伏見に創建され、安土・桃山時代、1600年、範叟規座元により大徳寺山内方丈北(大林宗套の栽松軒跡地)に移された。江戸時代、寛文年間(1661-1673)に雲甫首座、中興の祖・伝外宗左に継がれる。准塔頭の初例、北派が独住した。後に久我家が檀越になり、墓塔を立てる。
 見性庵は、萬江宗程の勧請開祖、天祐紹乗が開祖になる。長州・益田景祥が室・兒玉氏のために創建した。三玄院門の左にあった。江戸時代、1816年に焼失、以後、再興されなかった。
 見性庵裏に自得庵があり、江戸時代、文化年間(1804-1818)に焼失した。
 心華庵は、梅巌庵の門の左にあった。詳細不明。
 西江庵は、江戸時代、貞亨年間(1684-1687)、大徳寺238世・列堂義仙が創建し、梅巌庵の背後にあった。その後、裏山に移される。檀越の大和・柳生氏の法徳寺の宿坊になる。北派独住で維持された。 
◆墓 春屋宗園、石田三成、森忠政、茶人・藪内剣仲(1539-1627)、茶人・古田織部(1544-1615)の墓がある。


*非公開
*年間行事・は中止・日時・内容変更の場合があります。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『淡交 大徳寺と茶道 その歴史と大徳寺僧の書』『京都・山城寺院神社大事典』『紫野大徳寺の歴史と文化』『京都・紫野大徳寺僧の略歴』『別冊太陽 長谷川等伯』『秀吉の京をゆく』



  関連・周辺大徳寺      周辺      関連圓徳院〔高台寺〕      関連智積院      関連寿聖院〔妙心寺〕         
三玄院 〒603-8231 京都市北区紫野大徳寺町76    075-492-5039
  Home     Home  
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光