寿聖院 〔妙心寺〕 (京都市右京区)
Jushou-in Temple
寿聖院  寿聖院
50音索引   Home 50音索引   Home













庫裏

 妙心寺境内の北西に寿聖院(じゅしょういん、壽聖院)はある。現在の境内は、隆盛時の4分の1に過ぎない。 
 臨済宗妙心寺派。
◆歴史年表 安土・桃山時代、1599年、1595年とも、石田三成が父・正継の菩提所として創建した。妙心寺62世・伯蒲慧稜(はくほ えりょう)は、自らを勧請開山とし、弟子の妙心寺107世・雲屋祖泰(うんのく そたい)を開祖にした。院号は正継の法名「寿聖院殿」による。当初は現在の4倍以上の面積を有し、天祥院、天球院の境内地も含んでいた。本堂、客殿、庫裏、書院が建ち並んでいた。
 1600年、三成は関ヶ原の戦いに敗れて斬首される。その後、境内は分割され、伽藍も解体される。
 江戸時代、徳川氏の圧迫を受け、寺運は衰微した。
 1611年、荒廃しており、2世(開祖)・雲屋は僧録に再興の許可を受ける。書院を残して本堂にした。この際に、脇寮の七石庵(しちこくあん)を修補に充てた。
 3世・済院(さいいん、?-1686)は、三成の子・重家であり、龍安寺末寺の材を集めて再建した。境内に石田一族の供養塔を建立する。
 現代、2013年、日本画家・村林由貴は、「退蔵院方丈襖絵プロジェクト」の一環として、書院、本堂の襖絵を完成させた。
◆伯蒲慧稜 安土・桃山時代の臨済宗の僧・伯蒲慧稜(はくほ えりょう、1544-1628)。角倉氏に生まれ。了以の従兄弟。1549年、6歳で龍安寺塔頭・養花院に入る。9歳で亀年禅愉(きねん ぜんゆ)により、慧稜の安名(あんみょう)を受ける。天龍寺・策彦周良(さくげん しゅうりょう)に詩文を学ぶ。月航玄津(げっこう そうしん)に付き、1574年、印可を受けた。1579年、妙心寺に入り、師・月航を継いで龍安寺12世になる。1599年、寿聖院の開祖になる。龍安寺塔頭・西源院を復興する。1627年、紫衣事件に巻き込まれた。
◆雲屋祖泰 安土・桃山時代-江戸時代の臨済宗の僧・雲屋祖泰(うんのく そたい、?-?)。詳細不明。雲屋宗春。伯蒲慧稜(はくほ えりょう、1544-1628)の法嗣、九哲の一人。妙心寺・寿聖院2世、妙心寺107世になる。石田三成の子・重家を匿い、寿聖院2世としたともいう。
◆石田三成 室町時代-安土桃山時代の武将・石田三成(いしだ みつなり、1560-1600)。近江国に生まれた。父は正継。羽柴秀吉の長浜領主時代に近侍する。治部少輔、従五位下から従四位下に昇る。1582年、山崎合戦、1583年、賤ヶ岳の戦に加わり、1585年、秀吉の関白任官に伴い諸大夫になる。1586年、堺奉行。1587年、島津征討を行う。1590年以降、武蔵忍城攻めに失敗する。1591年、千利休切腹事件では利休の娘を炮(あぶり)責めにしたという。風聞として利休の母・娘を蛇責めに処したもいう。1591年、近江佐和山城主、1592年、朝鮮出兵では明国との和平交渉に当たる。1595年、豊臣秀次事件で秀次を追及する。1598年、慶長の役では秀吉没後の軍撤収に関わる。1599年、加藤清正らの襲撃を受けるが、家康により難を逃れる。1600年、関ヶ原の戦で、毛利輝元のもと家康に反した。近江で捕らえられ六条河原で処刑され晒された。
 遺骸は大徳寺の円鑑国師により引き取られ、大徳寺塔頭・三玄院にも埋葬された。
◆石田正継
 安土・桃山時代の武将・石田正継(いしだ まさつぐ、? -1600)。詳細不明。近江国に生まれる。父は石田為広ともいう。子に石田正澄、三成。三成が豊臣秀吉に仕え、代官として三成を補佐。1595年、三成が佐和山城主に封ぜられ、近江国内で領する。佐和山城代。朝鮮出兵では名護屋城で帳簿関係を担当した。1600年、関ヶ原の戦いで西軍に与し、正澄と共に佐和山城を守備し、小早川秀秋らに敗れ自刃した。
 墓は妙心寺・寿聖院にある。肖像画も所蔵される。
◆済院 安土・桃山時代-江戸時代の武士、僧・済院(さいいん、?-1686)。石田重家、済院宗享。近江に生まれる。石田三成の長男。1600年、大谷吉継より上杉討伐出陣の徳川家康へ参陣を勧められる。関ヶ原の戦いにより、豊臣家人質として大坂城に留められる。脱したのは三成次男・重成とも。西軍大敗の報に、重臣・津山甚内、乳母らと城を脱し、妙心寺塔頭・寿聖院に入る。伯蒲恵稜(はくほえりょう)により剃髪したという。戦後、京都所司代・奥平信昌を通じ助命嘆願し、家康に許される。寿聖院3世。97、98、103歳とも。
村林由貴 現代の日本画家・村林由貴(むらばやし ゆき、1986-) 。兵庫県生まれ。京都造形芸術大学情報デザイン学科卒業、同大学大学院芸術研究科修了。2011年、妙心寺と同大学の「退蔵院方丈襖絵プロジェクト」の絵師に選出された。1年間、寺院での修行を行う。2012年より、妙心寺・退蔵院で生活し、「現代のお抱え絵師」として、水墨により方丈襖絵64面の制作を始める。2013年、寿聖院の書院、本堂の襖絵を完成させた。2016年、一度筆を置き、2017年より再開した。
◆建築 創建当初は現在の4倍以上の面積を有し、現在の境内北に隣接する天球院、西に隣接する天祥院の境内も含んでいた。周囲には堀と土塀を廻らせていた。壮大な本堂ほか、金箔の軒瓦で葺かれた客殿、庫裏、書院などが建てられていた。
 当時の書院は、現在、本堂として利用されている。
 庫裡が残る。
◆七石庵 脇寮の七石庵(しちこくあん)は、かつて「七斛庵(しちこくあん)」と呼ばれた。
 龍安寺境内にあり、その後、寿聖院に移された。江戸時代、1611年、寿聖院の復興の際に廃庵になる。
◆庭園 本堂の前の庭園は、画家・狩野永徳(1543-1590)が作庭したという。瓢箪池は、三成が主君・豊臣秀吉の戦勝の瓢箪印を模したという。
◆文化財 伯蒲慧稜筆「一行詩」、雲屋祖泰筆「法和」。
 「石田正継像」1幅(重文)は、江戸時代、1694年の寿像で、正継が伯蒲慧稜に求めた賛がある。土佐派の画人筆とみられている。現在は大阪市立美術館寄託。
 三成が、安土・桃山時代、文禄・慶長の役(1592-1598)の時に伯蒲禅師に送った「袈裟」「書状」がある。
 狩野永徳筆の屏風画、海北友松筆「猿回し」。
 現代の絵師・村林由貴(1986-)筆の書院、本堂の襖絵がある。雀と稲穂、天上図、滝と鯉、昆虫と植物の四季などが描かれている。
◆墓 石田正継、正澄、三成ら、石田家一族9人の墓がある。


*非公開
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『妙心寺』『妙心寺 六百五十年の歩み』『昭和京都名所図会 4 洛西』 、ウェブサイト「コトバンク」


関連・周辺妙心寺(右京区)    関連・周辺龍安寺〔妙心寺〕    周辺     関連      
寿聖院 〒616-8035 京都市右京区花園妙心寺町44  075-462-3905 
50音索引  Home   50音索引  Home  
  ©2006- Kyotofukoh,京都風光