須賀神社・交通神社 (京都市左京区)  
Suga-jinja Shrine,Kotsu-jinja Shrine
須賀神社・交通神社 須賀神社・交通神社 
   Home   Home










 須賀神社(すが じんじゃ)は、聖護院の南にある。祭神・素戔嗚尊(すさのおのみこと)が「わがこころすがすがし」と語り名付けられたという。旧聖護院村の産土神だった。交通神社(こうつう じんじゃ)も祀られている。 
 祭神は、素戔嗚尊(すさのおのみこと)、櫛稲田比売命(くしいなだひめのみこと)。交通神社に、久那斗神(くなどのかみ)、八街比古神(やちまたひこのかみ)、八街比売神(やちまたひめのかみ)を祀る。
 須賀神社は植林土木建築の神、無事故祈願として知られる。交通神社は旅館業の守護神になる。夫婦和合、邪気祓い、疫病除け、美人祈願、縁結びの神・良縁祈願、交通安全、旅行安全、旅館業守護などの信仰を集めている。
 御朱印(須賀神社、交通神社)が授けられる。
◆歴史年表 平安時代、869年、創建された。かつて、西天王塚辺り(現在の平安神宮内蒼龍楼の東北付近、西天王塚)にあり、西天王社と呼ばれていた。牛頭天王を祀る御霊社だった。東天王社(現在の岡崎神社)と対をなしていた。
 また、1142年、鳥羽天皇皇后・美福門院の御願寺の歓喜光院(かんぎこういん)の建立に伴い、その鎮守社として創建されたともいう。(寺伝)
 鎌倉時代、1332年、兵乱により歓喜光院が焼失した。当社は、吉田神社のある吉田神楽岡大元宮の西麓下に移転したという。
 近代、1924年、現在地(旧御旅所)に移り、須賀神社と改称した。
 現代、1964年、交通神社の社殿が建てられる。久那斗神、八街比古神、八街比売神の三座を祀る。
 2005年、本殿、拝殿が焼失する。その後、再建された。
◆美福門院 平安時代後期の第74代・鳥羽天皇皇后・美福門院(びふく もんいん、1117-1160)。藤原長実の次女。母は源俊房娘・方子。名は得子(とくし)。鳥羽上皇の寵愛により、体仁(なりひと)親王(第75代・近衛天皇)を3歳で皇位に就かせた。1156年、近衛天皇の早世後、崇徳上皇皇子・重仁親王を排し、第76代・後白河天皇を即位させ、1156年の保元の乱になる。
◆建築 本殿は右に須賀神社、左に交通神社が祀られている。
◆節分祭 「節分祭」(2月節分)は、烏帽子に水干姿、覆面という出で立ちの懸想文(けそうぶみ)売りが、梅の枝に文を付けた懸想文(恋文)を社頭で授与する。
 平安時代以来、読み書きのできない庶民のために、公家、武家の者が身分を隠して恋文の代筆、代読を行っていた。この文を人に知られないようにして鏡台や箪笥に入れておくと、容姿端麗になり、衣装も増え、良縁に恵まれるといわれている。祭礼は、1955年に復活した。
 2日は翁と媼姿の追儺招福の豆まきが行われる。
◆例祭 例祭(神幸祭)(5月10日)は、「角豆祭(ささげまつり)」ともいわれる。
 このササゲは「大角豆」「角豆」とも書かれ、ササゲ属マメ科の一年草をいう。平安時代には「大角豆」と記されている。(『新猿楽記』)。縄文時代以来、飢饉の際には食用になったともいう。
 角豆祭では、かつて、氏子の家に広く縁者が集まり、ササゲのつる葉に多くのさや豆がつくように、子孫、氏子の繁栄を祝った。
◆樹木 カリン、キササゲがある。
◆年間行事 初荷(正月)、節分祭(2月2-3日)、例祭(神幸祭、角豆祭)(5月10日)、鎮座記念祭(交通安全大祓)(12月3日)。


*年間行事は中止・日時・内容変更の場合があります。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『京都・山城寺院神社大事典』『昭和京都名所図会 2 洛東 下』『京都大事典』『京都府の歴史散歩 中』『京都のご利益めぐり』『京都のご利益手帖』『京のしあわせめぐり55』『京都の隠れた御朱印ブック』『京都 神社と寺院の森』


  関連・周辺平安神宮     関連・周辺岡崎神社・東光寺      周辺聖護院       周辺積善院      関連弓矢町の祇園祭         

本殿、右に須賀神社、左に交通神社

白龍大明神・稲荷大明神、祭神は倉稻魂命(うかのみたまのみこと)、商売繁盛・金運上昇神。

白龍大明神・稲荷大明神
 
ササゲ
 

懸想文売り

須賀多餅、節分の時だけ社頭で売られる。

 須賀神社 〒606-8323 京都市左京区聖護院円頓美町(えんとんびちょう)1   075-771-1178  9:00-17:00
  Home     Home  
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光