昭憲皇太后 伏見桃山東陵 (京都市伏見区)  
mausoleum of Empress Shoken
昭憲皇太后 伏見桃山東陵 昭憲皇太后 伏見桃山東陵
50音索引,Japanese alphabetical order    Home 50音索引,Japanese alphabetical order    Home












上円下方墳










南方向の市街地の眺望


明治天皇 伏見桃山陵への参拝道
 明治天皇伏見桃山陵の東に、伏見桃山東陵(ふしみ の ももやま の ひがしのみささぎ)がある。
 第122代・明治天皇皇后・昭憲皇太后(昭憲皇后)が葬られている。  
◆歴史年表 近代、1914年、3月11日、昭憲皇后は亡くなる。5月9日、追号「皇太后」を治定される。5月24日、大喪儀が行われる。5月25日に遺骸は東京を出発し、5月26日、京都府紀伊郡内村字堀内古城山で斂葬の儀(れんそうのぎ、葬儀)が行われた。
◆昭憲皇太后 江戸時代-近代の明治天皇皇后・昭憲皇太后(しょうけん こうたいごう、1849/ 1850-1914) 。勝子。美子(はるこ)など。京都生まれ。五摂家の一つ、左大臣・一条忠香(ただか)の子。生母は一条家医師・新畑大膳の娘・民子。1867年、女御に治定される。第122代・明治天皇より4歳年上のため、生年を1850年に改めた。1868年、美子と改名し入内、女御宣下、即日、皇后に立てられた。1887年前後、明治天皇と共に陸軍演習に行啓した。1888年、憲法発布式典に参列する。1912年、明治天皇の死後、皇太后になり青山御所に移る。
 宮中で養蚕を始めた。宮中での洋装化などに努める。書道、歌に秀で、和歌集に『昭憲皇太后御集』がある。アメリカ合衆国大統領・フランクリンの教訓を翻案した「十二徳の歌」がある。産業、能楽、美術・工芸を奨励し、維新志士遺族、日清・日露戦争の傷病者慰問、博愛社(後の日本赤十字社)、万国赤十字連合、東京慈恵医院、愛国婦人会などに寄与した。東京女子師範学校の設立、1885年、華族女学校(女子学習院)を創立する。子には恵まれなかった。
 陵墓は伏見桃山東陵(伏見区)になる。
◆陵墓 陵形は、上円下方墳であり南面している。明治天皇陵と同形になる。歴代天皇陵から要素を取り込んで造られた。墳丘は基壇部を方墳とし、上に円墳がのる。
◆皇太后 皇太后(こうたいごう)とは、律令制では先天皇の皇后で、天皇の母をいう。
 天皇の生母でなく、先天皇の皇后を尊称したこともあった。尊称皇太后として、天皇の生母の皇太子夫人・女御・准后(じゅごう)が宣下を受けた場合がある。
 贈皇太后として、皇太子夫人・女御などで、没後に追贈された例がある。歴代の追号としては、英照皇太后と昭憲皇太后の2例がある。
 皇族順位としては皇后、太皇太后に次ぐ。三后の一人で摂政になることができる。大宮とも称され、居所を大宮御所という。
◆伏見城遺構 伏見桃山東陵付近には、豊臣秀吉が築城した伏見城の内郭遺構がある。陵は名護屋丸南側の斜面を利用して築造されている。背後の丘陵地には濠、郭、天守台跡、櫓跡がある。現在の拝所の位置は、秀吉の遊興所の山里丸跡になるという。


*原則として年号は西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『歴代天皇・皇后総覧』、ウェブサイト「コトバンク」


関連・周辺明治天皇 伏見桃山陵       周辺桓武天皇 柏原陵      関連歴代天皇データ        
京都市内史跡地図 平安京オーバレイマップ・碑・発掘調
map 昭憲皇太后 伏見桃山東陵  〒612-0000 京都市伏見区桃山町丸山
50音索引,Japanese alphabetical order  Home   top 50音索引,Japanese alphabetical order  Home   top
© 2006- Kyotofukoh,京都風光