鳥居本・五山送り火「鳥居形」 (京都市右京区) 
Toriimoto
鳥居本 鳥居本 
50音索引,Japanese alphabetical order  Home 50音索引,Japanese alphabetical order  Home









愛宕街道(600m)沿いに愛宕神社の鳥居、茶店などが建ち並んでいる。


愛宕神社一ノ鳥居


平野屋


平野屋

平野屋

平野屋




平野屋


平野屋
 愛宕山(標高924m)の南東に、鳥居本(とりいもと)は位置している。茅葺の農家風の家並み(600m)が残されている。
◆歴史年表 奈良時代、大宝年間(701-704)、愛宕神社は役小角と泰澄により開かれた。古くよりこの一帯は、愛宕神社への参詣道の一つにあたった。愛宕神社一ノ鳥居の付近に門前町が形成され、以来、「鳥居本」と呼ばれるようになる。
 室町時代末、農林、漁業(保津川の鮎の水替)の集落が形成される。
 江戸時代、17世紀(1601-1700)中頃、町並みが形成されたという。五山送り火の一つの鳥居形大文字が催される。
 享保年間(1716-1736)、愛宕詣りのための腰掛茶屋2軒が創業した。
 江戸時代中期、参道は愛宕詣で賑わう。愛宕神社の門前町になる。
 江戸時代末より、茶屋なども建ち並ぶようになったともいう。
 近代、1931年、京都市に編入された。
 現代、1979年、地域の約50軒による門前町の家並みが、国の「嵯峨鳥居本重要伝統的建造物群保存地区」に指定されている。現在、通り一帯には、茅葺の茶店、民家などが建ち並ぶ。
◆建築 茅葺の農家風建物、くずや(葛屋)葺(茅葺、草葺)の「くずや」の家並み(50軒)がある。 
 本来の農漁村の集落に、門前町が形成された。参道西には、農家風の茅葺の民家が建つ。千本格子、米屋格子などを用いたものがある。
 参道東には、瓦葺、むしこ造りの町家風民家が建ち並んでいる。
◆亀石 平野屋の脇に、注連縄が張られた「亀石(かめいし)」が祀られている。「上り亀石」と呼ばれる。
 石は、愛宕山山頂に祀られている「下り亀石」と対になっている。役行者(634-701)が祀ったともいう。
◆映画 映画「大菩薩峠 第二部」(監督・内田吐夢、1958年、東映)の撮影が行われた。
◆五山送り火 曼荼羅山(万灯籠山)で8月16日の8時20分に五山送り火「鳥居形」が行われている。
 平安時代に、空海(774-835)が石仏千体を刻み、開眼供養の際に点火したのを起源にするという。
 また、近くの鳥居本八幡宮(右京区)では神仏習合期に、仏式により法要が執り行われていたという。8月16日には、本社・石清水八幡宮が紀良子の生家であるため送り火をした。それが送り火の起源ともいう。
 旧鳥居本有志により奉仕されている。かつて、地面に杭を打ち込み、青竹を結んで火床にしていた。現在は鉄製の受け皿を置いている。これに、薪松明(ジン、細く割り、広げて束にしている)により点火している。
 笠木72m、柱76m、火床108基。
◆年間行事 五山送り火「鳥居形」(8月16日)。 

*年間行事は中止・日時・内容変更の場合があります。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。

*参考文献 『京都大事典』、『昭和京都名所図会 4 洛西』、『京都シネマップ 映画ロマン紀行』


関連・周辺鳥居本八幡宮   周辺愛宕念仏寺   周辺化野念仏寺   周辺清滝川・清滝   関連大文字山・如意ヶ岳・大文字送り火     

亀石

亀石

嵯峨菊

つたや
一ノ鳥居

八体地蔵

【参照】嵯峨仙翁花、松本仙翁の絞り花、嵯峨鳥居本。
五山送り火鳥居形  
鳥居本・五山送り火「鳥居形」 京都市右京区嵯峨鳥居本 
50音索引,Japanese alphabetical order  Home   50音索引,Japanese alphabetical order  Home  
  © 2006- Kyotofukoh,京都風光