牛若丸誕生井・源義経産湯井ノ遺跡・胞衣塚 (京都市北区)
Ushiwakamaru-tanjoi(well for first bath)
牛若丸誕生井  牛若丸誕生井
  Home   Home

牛若丸誕生井


牛若丸誕生井、「牛若丸産湯井」とある。


牛若丸誕生井、井水は涸れていない。


牛若丸胞衣塚


胞衣塚は松の木の根元にある。


近くにある「源義経産湯井ノ遺跡」碑 
 紫竹牛若町(しちく うしわかちょう)とその周辺には、平安時代末-鎌倉時代の牛若丸(源義経)に関わる遺跡が点在している。
◆歴史年表 平安時代、紫竹のこの付近には武将・源義朝(1123-1160)の別邸があったという。1159年に、義経が生まれたという。(『異本義経記』・『山城名勝志』巻11)
 室町時代、1395年、現在地に「牛若丸誕生井」が立てられる。
 安土・桃山時代-江戸時代、慶長年間(1596-1615)、付近に大徳寺の末寺・大源庵が創建された。やがて荒廃し、竹林になったという。
 近代、1878年、大源庵が廃寺になる。
 1925年、紫竹地区の土地改良事業で、井泉の原形が取り壊される。
 1926年、大源寺跡に「源義経産湯井ノ遺跡」碑が建立された。
◆源義経 鎌倉時代初期の武士・源義経(みなもと の よしつね、1159-1189)。義朝の子。幼名牛若丸、 遮那王とも名乗った。1159年、父が平治の乱で敗死、平氏より逃れる。母・常盤御前は捕えられ、三人の子が寺に入ることを条件に命を許される。義経は、公卿の藤原長成の援助により鞍馬寺・東光坊阿闍梨蓮忍に預けられる。後、禅林坊の覚日のもとへ移る。金商人・吉次にとともに奥州に移る。1180年、兄・頼朝の挙兵し呼応、1183年、頼朝の代官として畿内近国に派遣される。1185年、壇の浦で平氏を滅ぼした。だが、三種の神器の宝剣を回収できず兄・頼朝との対立、畿内近国の支配権を奪われる。後白河法皇による頼朝追討宣旨を得て挙兵するが失敗し、愛妾・静御前と共に吉野に、さらに奥州藤原秀衡を頼り逃れた。だが、その没後、藤原泰衡により衣川の館で討たれ自刃した。
◆常盤御前 平安時代末期の女性・常盤御前(ときわ ごぜん、1137-?)。詳細は不明。美しい人であったという。近衛天皇皇后・九条院藤原呈子(ていし)の雑仕女になる。16歳で源義朝の側室になり、今若(全成)、乙若(円成、義円)、牛若(義経)らを産む。1159年、平治の乱で義朝が敗れ謀殺された。1160年、常盤御前は、3人の子とともに平清盛の追手から逃れ、大和に匿われた。京都に残した母を平氏に人質としてとられ、六波羅へ子連れで自首した。清盛に見初められ、子らの命を救うために妾となる。子と別れ、一女・廓御方(左大臣藤原兼雅女房)を産む。後に、清盛の世話により大蔵卿・藤原長成に嫁ぎ、能成ら数人を産んだという。晩年は一人で、生まれた常盤に暮らしたという。
◆誕生井 牛若町の「牛若丸誕生井」碑と「胞衣(えな)塚」は、現在は畑地にある。「牛若丸誕生井」碑には、室町時代「応永二年(1395)調之(これをちょうず)」の刻銘がある。
 この地は、義朝の別邸があり、愛妾だった常磐御前(1138-?)が、牛若丸を出産した場所ともいう。江戸時代の『都名所図会』(1780)には、「常盤の古跡、義経誕生水」と紹介されている。
 また、義朝が身籠った常磐御前の保護のために、上野新兵衛に土地を与えた。常磐御前は、新兵衛の屋敷で牛若丸を産んだともいう。
 現在も屋敷跡に、牛若丸の産湯に使ったといわれる井戸と、石碑(かずら石、1.5m)がある。井水はいまも涸れていない。この地に、江戸時代末まで、牛若丸産湯弁財天女社が祀られていたという。琵琶湖の竹生島、弁財天が勧請されたという。明治期(1868-1912)以降に農地になった。
 誕生井のある畑の松の木の根元には、「胞衣塚(えなづか)」も残されている。小さな碑に 「牛若丸胞衣塚」と刻まれている。ここに、牛若丸の臍(へそ)の緒を祀ったとされる。
◆産湯 誕生井碑の南東近くの住宅地に、「源義経産湯井ノ遺跡」碑が立つ。ここにも、牛若丸の産湯に使ったという井戸跡があつたという。いまは石碑のみがある。
 ここにも、源義朝の別荘があり、常盤御前が住したという。義経誕生に際して、井戸は産湯に使われた。その後、竹林になる。1925年、紫竹地区の土地改良事業で、井泉の原型が取り壊された。そのため、1926年、紫竹土地区画整理組合により碑が立てられた。
◆常磐地蔵 周辺には常盤御前に関わりのある言い伝えも残されている。
 常徳寺(北区紫竹栗栖町、非公開)には、常磐御前が牛若丸の安産祈願した、常磐地蔵とも呼ばれる地蔵尊がある。寺はかつて平安時代後期の関白・藤原忠実の邸宅で、邸内の地蔵菩薩に常盤御前が安産祈願をしたことから、以後、常磐地蔵と呼ばれるようになったという。
 光念寺(北区紫野上野町、非公開)には、常磐御前の守り本尊と伝えられる腹帯地蔵もある。
◆遺跡 周辺からは平安時代、鎌倉時代の布目瓦(ぬのめがわら)が出土している。布目瓦は、瓦の裏側に布目が付けられていた。これは、木型から粘土を剥し易くするための工夫で、木型との間に布を挟んだために生じた。平安時代-鎌倉時代に見られ、室町時代に入ると次第に見られなくなったという。
 安土・桃山時代、明の瓦師・一観は、布の代わりに雲母粉(きらこ)を用いた。これは、花崗岩の薄片状の結晶(うんも/きらら)のうち、白雲母を粉末にしたものをいう。一観は、福建省から肥前平戸に渡った。安土・桃山時代、1576年、織田信長による安土城築城の際には、明風の城郭瓦を焼いて用いたという。
◆大源庵 安土・桃山時代-江戸時代、慶長年間(1596-1615)、大徳寺148世・玉室宗珀(ぎょくしつ そうはく)を開基として、蜂須賀家が塔頭・大源庵を創建した。その場所は、源義経の旧跡地だったという。近代、1878年、廃寺になる。


*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『京都・山城寺院神社大事典』『新版 京のお地蔵さん』『京都隠れた史跡の100選』『昭和京都名所図会 5 洛中』『京を彩った女たち』『京都歩きの愉しみ』 、ウェブサイト「コトバンク」

 
光念寺    常徳寺    総神社    大徳寺    鞍馬寺              
「牛若丸誕生井」碑 京都市北区紫竹牛若町
   「源義経産湯井ノ遺跡」碑 京都市北区紫竹牛若町 

  Home     Home  
  © 2006- Kyotofukoh,京都風光