勧学院址 (京都市中京区)  
Ruins of Heiankyu-Kangakuin(Government office)
勧学院址 
勧学院址 
50音索引,Japanese alphabetical order  Home 50音索引,Japanese alphabetical order  Home

「従是東北 勧学院址」の石標
 西ノ京勧学院町(かんがくいん-ちょう)に、「従是東北 勧学院址(これよりとうほく-かんがくいん-あと)」の石標が立つ。
 平安時代、この地には藤原氏の子弟のための教育機関である勧学院があった。
◆歴史年表 平安時代、821年、藤原冬嗣が勧学院を創設した。
 871年頃、大学別曹になる。
 安元年間(1175-1177)、衰亡した大学寮と勧学院のみが残っていた。
 1177年、勧学院は、太郎焼亡により類焼し、以後、廃絶した。
 近代、1917年、3月、京都市教育会により石標が立てられる。
 1928年、6月、 京都史蹟会が石標を引継いだ。
◆藤原冬嗣 奈良時代-平安時代前期の公卿・藤原冬嗣(ふじわら-の-ふゆつぐ、775-826)。通称は閑院大臣。北家・右大臣・藤原内麻呂の2男、母は飛鳥部奈止麻呂の娘/百済永継(くだら-の-えいけい)。806年、従五位下、第52代・嵯峨天皇の信任篤く、810年、平城太上天皇の変(薬子の変)を契機として、四位下で新設の初代・蔵人頭(くろうどのとう)に任じられる。式部大輔を経て、811年、参議になった。814年、従三位、自邸の閑院(平安左京三条二坊)に嵯峨天皇を迎え詩宴を催している。816年、権中納言、819年、正三位、大納言、821年、右大臣、825年、正二位で左大臣になった。「弘仁格式(きゃくしき)」「内裏式」を撰進し、漢詩は『文華秀麗集』、詩は『凌雲集』などに入る。52歳。
 没後に正一位、太政大臣を追贈された。嵯峨天皇、第53代・淳和天皇の信を得た。娘・順子は第54代・仁明天皇の妃になり、道康親王(第55代・文徳天皇)を産む。次男・良房は嵯峨天皇皇女・潔姫(きよひめ)を妻に迎え、皇室との関係を深めた。藤原氏による摂関政治、北家繁栄の基礎を築く。一族子弟のための勧学院、施薬院、氏寺・興福寺に南円堂を建てた。
 墓は宇治陵(宇治市)に包括されている。同域内の夫婦塚(赤塚)は冬嗣、妻・藤原美都子の夫婦墓ともいう。
◆勧学院 勧学院(かんがくいん)は、平安時代前期、821年に藤原冬嗣(ふゆつぐ)が創設した。大学寮(現在の二条城西南隅)の南、左京三条一坊(左京壬生の西、三条の北)にあった。大学寮の南にあったため南曹(なんそう)、氏族の共同の事務も扱ったので氏院(うじのいん)ともいわれた。
 和気氏の弘文院の南にあり、源氏など王氏の奨学院も並んで建てられていた。同様な大学寮公認寄宿施設の大学別曹としてはほかに、橘氏の学館院があった。勧学院は、藤原氏の政治勢力を背景にもっとも栄えた。
 勧学院は、藤原氏出身の学生(がくしょう)を曹司(ぞうし)に寄宿させ、学資、書物も与えた。学生は大学に学び、官吏の登庸試験である課試を受け官人になった。財源は、当初、冬嗣が食封(じきふ)1000戸を寄付し、後に、藤原氏出身の大臣らが食封を寄進し、寄進荘園をその財源に充てた。
 871年頃、大学別曹になったともいう。また、大学寮の管轄を受けず、藤原氏の氏長者が所管したともいう。
 氏長者の下に職員として別当 、学頭、知院事(ちいんじ)、案主(あんじゅ、安主)などがあった。後に藤原氏の氏寺、氏社の事務も扱う。興福寺、春日大社を管轄し、氏長者の事務を行う政所(まんどころ)も置かれた。平安時代中期には、学生、職員合わせて80人がいたという。(『宇津保物語』)
 平安時代後期、安元年間(1175-1177)に、衰亡した大学寮と勧学院のみが残っていた。1177年に、勧学院は太郎焼亡により類焼し、廃絶した。また、鎌倉時代に衰えたとも、機関は室町時代まで続いたともいう。
 

年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
参考文献・資料 ウェブサイト「京都のいしぶみデータベース-京都市」、『京都大事典』、ウェブサイト「コトバンク」


関連・周辺,relevance&surrounding area平安宮跡 内裏(だいり)跡(内郭回廊跡)  関連・周辺,relevance&surrounding area平安京・大極殿(たいごくでん)遺跡  関連・周辺,relevance&surrounding area大学寮跡    関連・周辺,relevance&surrounding area奨学院址   関連・周辺,relevance&surrounding area弘文院址  周辺,surrounding area  関連,relevance学館院跡    関連,relevance歴代天皇データ     
京都市内史跡地図 平安京オーバレイマップ・碑・発掘調
map 勧学院址 〒604-8413 京都市中京区西ノ京勧学院町
50音索引,Japanese alphabetical order  Hometop 50音索引,Japanese alphabetical order  Hometop
logo,kyotofukoh © 2006- Kyotofukoh,京都風光