羅城門遺址・矢取地蔵尊・朱雀大路 (京都市南区)
The ruins of Rasho-mon Gate
羅城門遺址・矢取地蔵尊 羅城門遺址・矢取地蔵尊
  Home   Home

「羅城門遺址」の碑


花園児童公園入り口にある矢取地蔵尊、羅城門のミニチュア(下記)を見ることができる。


京都文化博物館にも羅城門模型が展示されている。配色はこの写真とは異なり、木部が朱塗り、壁は白土塗りになっている。

京都駅前にある10分の1の復元模型


復元模型


復元模型


復元模型


復元模型


復元模型


参照 『平安京散策』


羅城門の復元模型、朱雀大路・鳥羽の作り道。「見わたせば 柳桜をこきまぜて 都ぞ春の錦なりける」素性法師『古今和歌集』より。京都アスニー




大極殿復元図、京都アスニー
 東寺の西、花園児童公園内に「羅城門遺址」の碑が立つ。かつてこの地は、平安京、朱雀大路南端に位置している。周囲を築地塀で囲み、巨大な羅城門(らじょうもん)が建てられていたという。ただ、実際には、現在地の東20mの地点になるともいう。 
◆歴史年表 
平安時代、794年、建都された平安京は東西4.5km、南北5.3kmの規模があった。その入り口南端中央に、羅城門が構えていた。
 816年、羅城門は大風により倒壊する。(『日本紀略』)。その後、再建される。
 862年、朱雀大路はすでに荒廃し、牛馬の牧畜の場、盗賊の住処になっており太政官符が出されている。
 980年、羅城門は、暴風雨で再び倒壊したという。その後、財政逼迫のために再興されなかった。
 1020年より、1023年とも、公卿・藤原道長(966-1028)による法成寺(ほうじょうじ)建立に際し、羅城門の廃墟より礎石を流用したという。藤原実資(ふじわら の さねすけ)がこれに憤慨した。(『小右記』)
 1107年、正月、山陰地方の源義親の乱を討伐したとされる平正盛(?-1121?)は、この門を通って凱旋したという。乱鎮圧については異説もある。
 室町時代末-安土・桃山時代、付近は東寺僧侶の墓地になる。
 近代、1895年、平安遷都1100年紀念に際して、現在地に「羅城門遺址」の碑が立てられた。
 現代、1960年、古代学協会により羅城門遺構の第一次発掘調査が行われた。
 1961年、古代学協会により第二次、第三次発掘調査が行われた。
 1971年、発掘調査が行われた。
 1977年、発掘調査が行われる。
 2011年、発掘調査が行われた。
◆羅城門 平安京には10数万人の人口があったと推定されている。このうち、貴族は150-200人、公卿は20人ほどであり、その家族を入れて1000人ほどが暮らしていた。
 平安京の南端、九条大路外側に羅城門があった。羅城門の「羅」には、「連ねる網」という意味がある。羅城は古代、「らせい」「らいせ/らいせい」「らいしょう」などと呼ばれていた。本来の羅城とは、高い城壁に囲まれたものだった。平安京では羅城は築かれず、左右にわずかな城壁があるだけだった。
 羅城門の建てられていた正確な位置については分かっていない。7間2間5戸、正面35.7m、奥行21mとみられている。重層門で、木部は朱塗り、壁は白土塗り、棟両端には金色に輝く鴟尾(しび)が載せられていた。門の中央には「羅城門」と書かれた扁額が掲げられた。羅城門の内側と外側には五段の石段、さらにその外側には石橋(唐橋、からはし)が架けられていたという。ただ、橋の存在については異説もある。門には垣(6尺)があり、外に犬行(いぬばしり、7尺)、溝(1丈)が巡らされていた。
 建物は孤立して建ち、奥行きが狭く棟高のため、当初より構造に問題があるとされた。桓武天皇も案じ、門の高さを5寸低くするように指摘したという。(『寛平御遺誡(かんぴょうのごゆいかい)』)。だが、改修されることはなく、816年、980年の台風により倒壊している。その後、財政逼迫により再建されることはなかった。後に地名としてだけ残り、転訛して「来生」「羅生」などと呼ばれた。
 羅城門楼上には、本尊の毘沙門天像が安置され、悪鬼の都への侵入を封じる意味があった。西蕃の侵略を防いだという唐の故事に倣ったものという。さらに城門の両脇には、東寺と西寺が建てられている。現在、毘沙門天像の一つは、東寺の観音堂に八臂毘沙門天像(兜跋<とばつ>毘沙門天)として安置されている。遺構といわれる三彩の鬼瓦も、東寺所蔵(京都国立博物館展示)になっている。東寺宝蔵の床板(長さ5.6m、幅2m、厚さ7.5m)は、羅城門扉の転用との伝承がある。
◆朱雀大路 羅城門から北へは、道幅28丈(80-84m)という朱雀大路(すざく おおじ)が延びていた。現在の千本通、さらに、その東、南北の通り分を超える道幅があった。道の両側には外側より築地(幅1.8m)、犬行(幅4.5m)、溝(幅1.5m)、柳が植えられていた。築地の中心間は84m(28丈)、路面幅は70.2m(23丈4尺)あった。溝は杭と板による護岸があり、交差部には溝中央に杭を打ち込み橋が架けられていた。柳には4人の番人が付けられた。現在の花園公園の位置は、朱雀大路の東端付近になるとみられる。
 朱雀大路は、北端(宮城・大内裏南端)の朱雀門(大内裏の正門)まで通じた。道の北に、船岡山を当てて測量されたと見られている。羅城門の北には、朱雀大路を挟む形で、東西の迎賓館である鴻臚館(こうろかん)が建てられていた。
 他方、羅城門の南には、鳥羽まで一直線に通じる「鳥羽の作り道」が延びていた。朱雀大路は、その後、荒廃する。862年にはすでに牛馬の牧畜の場、盗賊の住処になっており、太政官符が出されている。
◆鴻臚館
 角屋北に、東鴻臚館(こうろかん)跡の碑が立てられている。平安時代の南北の通り、朱雀大路を挟み、七条以北には東西二つの鴻臚館が建てられていた。碑はそのうちの東鴻臚館(左京)の跡になる。西鴻臚館(右京)は、現在の京都市卸売第一市場(下京区朱雀堂ノ口町)付近になる。敷地は、東西共にほぼ同じ規模であり、南北84丈(250m)、東西40丈(121m)あった。両鴻臚館は、平安京遷都とともに早々に起工されたという。
 鴻臚館は、朝鮮半島の友好国・渤海(ぼっかい)国よりの使節を受け入れている。当初は6年毎に受け入れた。759年に始まり、824年以降は、経費が嵩んだため12年毎に変更される。最後は919年まで続き、通算22回に及んだ。
 使節団は100人ほどが船で入国した。使節団には領客使が対応した。使節団(大使、副使、判官、録事、訳語ら20人)は騎馬により入京し、鴻臚館に宿泊した。使節団は、大極殿で天皇に拝謁し、渤海国王の国書を奉呈、土産品を献上した。豊楽殿では宴が催され、鴻臚館では使節団と日本側の貴族との交流が行われていた。
 東鴻臚館は、弘仁年間(810-824)、東寺、西寺の建立により移転になる。872年には渤海国大使が来館し、右馬頭・在原業平が慰労したという。920年頃(839年とも)に廃止されたという。926年には渤海国そのものが消滅している。以来、使節の来朝は途絶する。
 その後も、西鴻臚館は存続した。10世紀(901-1000)中頃に荒廃する。957年、菅原道真の孫で文章博士・菅原文時(899-981)は、『封土三箇条』中で、鴻臚館の存続の建議を行った。鴻臚館の存続は、単に外交施策上の理由ばかりではなく、使節の接待係に当たる学生の「文章道」向上にも役立っているとした。その後、小規模の施設が再建される。1178年、次郎焼亡により焼失したという。
◆『羅生門』 羅城門を題材にした物語がある。『寛平御遺誡』『宇治拾遺物語』『今昔物語』にもある。
 昔話の『羅生門の鬼』、謡曲「羅生門」がある。千年以上も昔、都を荒らしていた大江山の酒呑童子を渡辺綱ら四天王が成敗した。ところが、羅生門には、再び鬼が出るという。綱が確かめに行くと、若い娘が立っていた。女は、五条の父のところへ戻るという。綱が馬に乗るように手を差し出すと、女は鬼に化身した。綱は鬼の腕を切り落とした。だが、七日めの夜に、老婆に化けた鬼が腕を取り返すと、空高く消えたという。
 平安時代、陰陽師・安倍晴明の友・源博雅朝臣は、夜更けの清涼殿で琵琶の音を聴く。博雅は弦の名手であり、その音を辿ると朱雀門、朱雀大路を経て、さらに羅城門にまで行きついた。音は門の二階から聞こえる。博雅が誰であるかと問うと、目の前に縄に結ばれた琵琶が下ろされた。それは、盗まれていた紫檀の甲の琵琶の名器「玄象(げんじょう)」だった。博雅は、琵琶を持ち帰り村上天皇の元へ戻した。琵琶は、下手な奏者には音を立てず、火事の際には、庭先で自ら火を避けたという。人々は、琵琶が鬼により盗まれ、奏じられていたのだろうという。やがて、琵琶は宮中から消えたという。また、いまも内裏内に納められているともいう。(『今昔物語』)
 芥川龍之介の『羅生門』(1915)は、『今昔物語集』巻29、巻31から題材を得た。飢饉の際に、魚と偽って蛇を売る女、その死んだ女から髪を抜き取る老婆、さらにその老婆の身ぐるみを剥ぎ取った下人の話から成る。
 ヴェネチア国際映画祭グランプリ(1951)を受賞した黒澤明の映画『羅生門』は、芥川の『藪の中』と、この『羅生門』を題材にしている。


*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『日本の古代遺跡28京都Ⅱ』『京都・山城寺院神社大事典』『平安の都』『平安京散策』『京都府の歴史散歩 中』『京都市文化財ブックス28集 平安京』『京都まちかど遺産めぐり』『京都隠れた史跡100選』『洛中洛外』『文化財と遺跡を歩く 京都歴史散策ガイドブック』『古代を考える平安の都』


  東寺     矢取地蔵寺     西寺址     八条院跡・八条第跡・八条院町     西福寺・綜芸種智院跡      朱雀門跡      草津・羽束師橋      

豊楽殿の復元模型、京都アスニー

平安京オーバレイマップ
 羅城門跡 〒601-8453 京都市南区唐橋羅城門町 花園児童公園内 
  Home     Home  
    © 2006- Kyotofukoh,京都風光