宇多天皇 大内山陵 (京都市北区)  
Imperial mausoleum of Emperor Uda
宇多天皇 大内山陵 宇多天皇 大内山陵
50音索引,Japanese alphabetical order    Home 50音索引,Japanese alphabetical order    Home

参拝道石段


参拝道の入口


参拝道








「宇多天皇 大内山陵」の石標




陵よりの南西、京都市街地の眺望
 鳴滝宇多野谷(なるたき うだのたに)の大内山山頂近く東に、大内山陵(おおうちやま の みささぎ)がある。
 平安時代前期-中期の第59代・宇多天皇(うだ てんのう) が葬られている。陵は山中の急な参拝道を登りきった地点にあり、南に京都市内を一望できる。
◆歴史年表 平安時代、931年、7月、宇多法皇は仁和寺御室で亡くなる。(『日本紀略』)。遺骸は境内北の大内山の魂殿(たまどの)に遷された。9月、同地で火葬にされる。(『帝王編年記』)。拾骨はされず、土を覆い大内山陵に改葬されたともいう。(『日本紀略』)
 中世(鎌倉時代-室町時代)、陵の所在地は不明になった。
 近世(安土・桃山時代-江戸時代)、陵所の地について諸説が出された。
 江戸時代、1862年、文久の修陵で、現在地が陵として修補された。
◆宇多天皇 平安時代前期-中期の第59代・宇多天皇(うだ てんのう、867-931) 。定省(さだみ)、亭子院帝(ていじいん の みかど)、寛平(かんぴょう)法皇。第58代・光孝天皇の第7皇子、母は尊称皇太后・班子(はんし)女王(式部卿・仲野親王の娘、第50代・桓武天皇の孫)。884年、源姓により臣籍に下り、官人になる。887年、病の父・光孝天皇の希望、太政大臣・藤原基経の推挙により親王に復した。その初例になる。皇太子、践祚(せんそ、皇嗣が天皇の地位を受け継ぐ)、即位した。その後、基経との間に権力争いが起こる。勅書中、橘広相が起草した「阿衡の任」の解釈をめぐり、基経は「実権のない礼遇」として天皇に抗し政務を怠業する。半年後、天皇が譲歩し勅書を改めた。(「阿衡(あこう)事件」)。891年、基経の没後、関白を置かず、基経に諫言した菅原道真、基経の子・藤原時平を起用する。897 年、13歳の皇太子・敦仁(あつひと/あつぎみ)親王(第60代・醍醐天皇)に譲位し、帝王学の訓戒「寛平御遺誡(ごゆいかい)」を与え、道真の重用を求めた。太上天皇と称せられる。899 年、仁和寺で出家(空理、後に金剛覚)、仁和寺1世になる。太政法皇になり、出家した上皇を「法皇(太上法皇)」と称した初例になる。仁和寺内の御所が「御室」と尊称された。東大寺で菩薩戒、901年、東寺で伝法灌頂を受ける。道真は時平の讒言(ざんげん)により太宰府へ左遷になる。宇多法皇は内裏宮門に座り込み抗議した。913年、詩宴「亭子院歌合」を開く。沈滞していた詠歌への意欲を刺激した。
 基経の死後は藤原氏を抑え、菅原道真を起用した。摂関政治の弊害を改める親政を行う。律令の原則に立ち返る。(「寛平(かんぴょう)の治」)。仁和寺内に御所を営み、亭子院、六条院にも住む。和歌、音楽を好み、琵琶の名手として知られた。歌集『亭子院御集』、『古今集』などにも収められた。天皇日記の初例『宇多天皇日記』を著す。寺家宝蔵目録『仁和寺御物実録』がある。
 仁和寺御室で没し、境内北の大内山陵(北区)に葬られた。
◆陵墓 陵は方丘であり、陵地は、参拝道より一段低い地にある。南面している。空堀がある。
 平安時代、931年、7月、宇多法皇は仁和寺で亡くなる。(『日本紀略』)。遺骸は境内裏の大内山の魂殿に遷された。9月、同地で火葬にされた。(『帝王編年記』)。拾骨はされず、土を覆い大内山陵に改葬されたともいう。(『日本紀略』)。中世(鎌倉時代-室町時代)、陵の所在地は不明になった。その後、陵の所在地は不明になる。近世(安土・桃山時代-江戸時代)、陵所について諸説が出された。江戸時代、1862年の文久の修陵で、現在地が陵として修補される。この時も、丘陵の形は見られず、平坦な山地の四周に堀跡があったという。


58 光孝天皇 (在位:884-887)→59 宇多天皇 (在位: 887-897) →60 醍醐天皇 (在位:897-930)


*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『検証 天皇陵』『天皇陵 謎解き完全ガイド』『歴代天皇125代総覧』『京都市の地名』『歴代天皇年号事典』、ウェブサイト「コトバンク」


関連・周辺仁和寺     周辺      関連藤原胤子小野陵     関連藤原高藤墓    関連歴代天皇データ      
京都市内史跡地図 平安京オーバレイマップ・碑・発掘調
map 宇多天皇 大内山陵  〒616-8251 京都市右京区鳴滝宇多野谷
50音索引,Japanese alphabetical order  Home   top 50音索引,Japanese alphabetical order  Home   top
© 2006- Kyotofukoh,京都風光