撞木町廓碑 (京都市伏見区) 
Shumokucho-kuruwahi
撞木町廓碑 撞木町廓碑 
50音索引  Home 50音索引  Home

「撞木町廓碑」

「撞木町廓碑」、「橦(撞)木町廓之碑」とある。


「橦(撞)木町廓之碑」、「大石良雄」の名がある。


「撞木町廓入口」と刻まれている。2本の門柱のように立つ。



「志ゆくも町廓入口」と刻まれたもう一つの石柱


「大石良雄 遊興之地 よろつや」の石標
 撞木町(しゅもくちょう)の住宅街の一角に、「撞木町廓碑(しゅもくちょう くるわひ)」が立てられている。この地は、かつて京街道、大津街道の分岐点に近かったことから栄え、芝居小屋、土産物屋、下級遊郭が軒を並べていた。 
 撞木町廓には太夫はおらず、下級遊女の天神(てんじん)、囲(かこい、鹿子位)、半夜(はんや)などの廓があり、一時は大いに繁盛したという。
◆歴史年表 安土・桃山時代、1596年、豊臣秀吉が公許した傾城町(けいせいまち)が生まれる。だが、9月、慶長伏見大地震に被災し、以後、衰微する。また、秀吉の許可を得て、林又一郎が田丁に開業したともいう。(『色道大鏡』)
 1600年、関ヶ原の戦い以後は衰微したという。
 江戸時代、1604年、渡辺掃部(わたなべ かもん)、前原八右衛門は、撞木町西の富田信濃守屋敷跡・谷出羽守屋敷に、田町の廓を移し、撞木町遊廓(しゅもくまち くるわ)を開設した。(『京都府地誌』『豊公伏見城ノ図』)
 延宝年間(1673-1680)、栄える。
 1678年、揚屋、置屋など10軒ほどがあり、門は南に開いていた。(『色道大鏡』『傾城色三味線』)
 元禄期(1688-1704)、廓街は全盛を迎える。(『京都府地誌』)。大石良雄(1659-1703)が敵方の目を欺くために廓で遊興し、同志と密議を行ったという。
 1696年、「志もく町」とあり、丁字形の地図が記されている。(『京大絵図』)
 享保年間(1716-1763)以降、中書島遊郭の繁栄により、撞木町廓は急速に衰退した。
 天明年間(1781-1789)、一帯は田圃になったという。(『京都府地誌』)。また、傾城町5、揚屋3、出口茶屋6が営業していた。大夫、天神、鹿恋と97人がいたともいう。(『諸国色里案内記』)
 寛政・文政年間(1789-1830)、再興される。(『京都府地誌』)
 近代、1905年、京都に帝国陸軍・第16師団が置かれ、兵隊を得意客とした。
 1918年、「撞木町廓碑」が立てられる。
 現代、1956年、売春防止法の施行後に消滅した。
 1992年、撞木町を正式な町名にした。
◆撞木町 町名の「撞木町(しゅもくちょう)」は、かつて恵美酒町(えびすちょう、北恵美酒、夷町、恵比須町)と呼ばれていた。町の形が「T字形」をしており、鐘を叩く木槌の「撞木(しゅもく)」に似ており、通称として撞木町と呼ばれた。また、同様な磬(けい)という古代楽器に似ていたという。両替町15丁目より北に延びた道が、鑓屋町(やりやちょう)より西に分かれ、道に突き当たった形をいう。南門、閉じられていた東門があった。
 当時は、本来の町名ではなく、このように外名を使用いていた。(『色道大鏡』)。撞木町という呼び名は複数あり、油掛町東端にも撞木町(元撞木町)があった。
 1992年、現在地を正式な町名として撞木町とした。
◆大石良雄 撞木町界隈には、忠臣蔵で知られる赤穂浪士大石良雄(内蔵助、1659-1703)の伝承が残る。
 石碑には、撞木町廓を訪れたと刻まれている。大石は山科より4kmを通い、敵を欺くために遊興していたという。伝承として、妓楼は最も大きな「笹屋(笹屋清左衛門)」、また「萬屋(万屋、一力の前身とも)」ともいう。大石にあやかり、「撞木町での密謀は成就する」とされ、遊興する人が多かったという。(碑文)
 「笹屋」には遊女の浮橋、夕霧がおり、大石は「うきさま」の遊名で通ったという。時に、小野寺十内(1643-1703)ら同志も伴った。笹屋には、大石専用の部屋が用意されていた。大石は江戸に向かう前に酩酊し、部屋の天井に漢詩を落書した。「今日亦逢遊君 空過光陰 明日如何 可憐遊君急払袖 帰後世人久不詳 逗留不過二夜者也」とあった。
 赤穂浪士の討入り後、笹屋は伏見の名所になり繁盛したという。だが、天明年間(1781-1788)、伏見奉行・小堀政方は、愛妾・お芳の方にせがまれ、この部屋を解体し奉行所内に押収したため、町民の反発を招いたという。
 町内には、「大石良雄遊興之地」と刻んだ石標がある。大石自刻という天神木像があるという。
◆文学 江戸時代、1684年の井原西鶴『好色一代男』では、11歳の世之介が、東福寺、伏見街道、墨染寺を経て、夕刻、初めて遊里の橦木町に出かける。
 江戸時代、十返舎一九の『東海道中膝栗毛』(1802-1814)には、「桃山のけけね」で撞木町廓の遊女が登場する。


*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『京都市の地名』『京都大事典』『新版 京・伏見 歴史の旅』『京都の地名検証 3』『あなたの知らない京都の歴史』『京都事典』


  関連・周辺      周辺      関連大石神社     関連岩屋寺(大石寺)      関連山科神社     関連祇園甲部(花街)        

地蔵尊

地蔵尊
撞木町廓碑 京都市伏見区撞木町   
50音索引  Home   50音索引  Home  
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光