大通院 〔妙心寺〕 (京都市右京区)
Daitsu-in Temple
大通院 大通院 
50音索引  Home 50音索引  Home
















 妙心寺境内のほぼ中央に塔頭・大通院(だいつういん)がある。 
 臨済宗妙心寺派。
◆歴史年表 安土・桃山時代、1586年、一柳直末(ひとつやなぎ なおすえ)が妙心寺58世・南化玄興(なんか げんこう)を請じて創建した。(「寺院明細帳」)。一柳家菩提所になる。
 2世・湘南宗化(しょうなん そうか)による。以後、山内家の菩提塔頭になる。
 江戸時代、1633年、湘南は一豊夫人見性の17回忌にあたり見性閣(現在の霊屋とみられている)を建立した。
 近代、1878年、取畳み(とりたたみ、建物の廃止、取り壊し)の際に、本尊は塔頭・智勝院に一時安置された。
 1901年、高巌院を合併し、再建される。
◆南化玄興 安土・桃山時代-江戸時代初期の臨済宗の僧・南化玄興(なんか げんこう、1538-1604)。定慧円明国師。美濃に生まれた。土岐氏一族の出自。邦叔宗禎、快川紹喜に師事する。1570年、33歳で妙心寺58世となる。その後、4度住持を務めた。1586年、妙心寺・大通院を開く。美濃・瑞竜寺、尾張・妙興寺を復興している。1591年、豊臣秀吉は、3歳で死去した愛児・鶴松(棄丸)の菩提のために、南化を開山に招いて祥雲寺を建立した。第107代・後陽成天皇、武将・大名で、豊臣政権の五大老の一人・上杉景勝(1556-1623)、武将・大名の直江兼続(1560-1619)らが帰依した。
 南化を開山として、妙心寺内に隣華院、大通院を創建している。
◆一柳直末 安土桃山時代の武将・一柳直末(ひとつやなぎ なおすえ、1553-1590)。美濃・土岐氏の臣・一柳直高の長男。1570年、豊臣秀吉に仕え信を得る。播磨国平定に戦功をあげ黄幌衆に列した。兵糧奉行、普請奉行、1583年、賤ヶ岳の戦,、1584年、小牧・長久手の戦、1585年、紀州雑賀攻め、四国征討に参加。1585年、田中吉政・中村一氏・堀尾吉晴・山内一秀次の宿老に任命され、美濃大垣城主、従五位下、伊豆守に叙任。1589年、美濃軽海城主に転封。1590年、小田原攻めで伊豆山中城攻撃で被弾討死。報に接した秀吉は悲嘆したという。院殿号は「大通院天叟紹運」。
◆湘南宗化 安土桃山時代-江戸時代初期の臨済宗の僧・湘南宗化(しょうなん そうけ、1586?-1637)。拾(ひろい)。大航普済禅師。実の両親は不明、養父は山内一豊、養母は一豊妻・見性院。1585年、一豊夫妻は近江国長浜で長女・よねを地震で失う。1587年、夫妻に長浜城外で拾われ拾と名付けられ育てられたという。1595年頃、養父の命で山内家連枝(分家)として家を離れ出家する。京都で修行し、養父母から土佐・吸江寺を与えられ住職となる。よねの墓がある妙心寺・大通院の開祖・南化玄興の弟子になる。湘南宗化と称し2世となる。朝廷より紫衣の勅許を受けた。土佐慶徳山・円明寺を中興した。大通院で山内家の菩提を弔った。妙心寺時の弟子に儒学者・山崎闇斎(絶蔵王)がいる。
◆山内一豊 安土桃山時代-江戸時代の武将・山内一豊(やまうち かずとよ、1546-1605)。猪右衛門、伊右衛門。尾張黒田城主・山内盛豊の子。1555年、織田伊勢守家が信長により断絶後、後に信長に仕えた。1570年、越前金ヶ崎城攻め、姉川の戦に加わる。豊臣秀吉に仕え、1573年、近江長浜唐国で所領を得る。1577年、播磨に所領を得る。1582年、秀吉の馬廻衆として黄母衣衆。1585年、若狭高浜城、近江長浜城、豊臣家直轄領の代官、従五位下・対馬守に叙任された。1590年、小田原攻め後、遠江掛川城主、検地、掛川城築城、城下町を整備した。1600年、関ヶ原の戦で東軍に与し、徳川家康の会津攻めに従う。妻からの大坂方の人質政策などを記した密書を提供し、その功により土佐・高知城主、土佐藩祖になる。
 駿河国に葬られる。院殿号は「大通院殿心峰宗伝」。大通院にも夫妻の墓(比翼塚)がある。
◆見性院 安土・桃山時代-江戸時代の女性・見性院(けんしょういん、1557-1617)。詳細不明。千代、まつ。近江・浅井氏家臣・若宮左馬助(喜助友興)の娘、美濃の生まれともいう。生まれた年に父が戦死、母とともに叔母に養育された。土佐藩初代藩主・山内一豊の正室。書、裁縫に優れ、良妻賢母の鑑とされた。夫の欲しがった名馬を自らの持参金を差し出して購入した。馬揃えの際に主君・織田信長の目に留まり、それにより夫が加増されたという。1585年、湖国の地震により一人娘・よねを6歳で喪う。その後、捨子・拾(ひろい)を養育した。1600年、関ヶ原の戦いの直前に、徳川家康に従い関東に出陣した夫に、大坂方の人質政策などを記した密書を提供した。1605年、夫の死後出家、妙心寺で見性院と法号を授与した。土佐より養子・湘南宗化(拾)の妙心寺近くに移り晩年を過ごした。古典を読み書もよくした。法号は「見性院殿且験い(/き、サンズイに爲)宗紹劉大姉」。墓は大通院にある。
◆建築 江戸時代、1633年、湘南は一豊夫人見性院の17回忌にあたり見性閣を建立した。以後、山内家の菩提所になる。墓地中央に現存する宝形造の霊屋(おたまや)がこれに当たるととされている。総ヒノキ造。
◆庭園 江戸時代、1799年の「都林泉名勝図会」にも庭園について記されている。奇樹奇岩多く、名庭としている。石は紀州・善通寺の夾山和尚に求めたものという。
◆墓 霊屋内に一豊夫婦の無縫塔2基(1m)、夫妻の位牌(1m)、夫妻の晩年の画像(掛軸)が安置されている。


*非公開
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『妙心寺』『妙心寺 六百五十年の歩み』『おんなの史跡を歩く』『京に燃えた女』



  関連・周辺妙心寺(右京区)      関連・周辺隣華院〔妙心寺〕      関連・周辺智勝院〔妙心寺〕     周辺      関連         
大通院 〒604-8187 京都市右京区花園妙心寺町50  075-462-4568
50音索引  Home   50音索引  Home  
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光