妙見堂 (鳥辺山妙見大菩薩妙見堂) (京都市東山区)
Myoken-do Temple
妙見堂  妙見堂
  Home   Home









表門



表門、「鳥辺山 妙見大菩薩」と掛かる









門前脇にある松枝政右衛門?の墓
 大谷墓地の北にある大谷道は清水寺に続いている。その坂道の途中に南面して妙見堂(みょうけんどう)が建つ。鳥辺山妙見大菩薩妙見堂とも呼ばれている。近くの通妙寺の別所という。
 日蓮宗。本尊は妙見大菩薩。
 秋山自雲神霊は、痔病、腰から下の病平癒の信仰を集めた。
◆歴史年表 縁起焼失のため創建の詳細、変遷は不明という。
 江戸時代前期、2代目・吉野太夫(松田徳子、1606-1643)が境内に一時棲んだという。
 近代、棋士・阪田三吉(1870-1946)夫婦が、勝負前に当宮に参詣していたという。
◆吉野太夫 江戸時代前期の2代目・吉野太夫(よしの たゆう、1606-1643)。松田徳子。京都・方広寺付近の生まれ。父は西国の武士・松田武左衛門。1613年、7歳で父没後、六条三筋町扇屋林家に禿(かむろ)として預けられ、「林弥」と名乗る。1620年、14歳で太夫になった。当初は「浮舟」と呼ばれる。廓の桜を見て「ここにさへさぞな吉野は花盛り」と詠み「吉野」を襲名した。島原、六条三筋町の「六条の七人衆」の筆頭、「寛永三名妓」の一人で、「天下随一の太夫」と謳われた。美貌と品格、和歌、俳諧、書、茶湯、琴、琵琶、笙、香道、華道囲碁、双六など諸芸に秀でた。名声は江戸、遠くは中国にまで及ぶ。紺灰業の豪商・灰屋(佐野)紹益は、後水尾上皇の弟・関白近衛信尋と吉野を争う。1631年、紹益に26歳で身請けされ、その妻になる。東山・音羽川畔に暮らした。常照寺の日乾に帰依し、1628年、23歳で山門を寄進する。
 遺言により常照寺に葬られた。38歳。
◆建築 現在の堂宇は、江戸時代後期の建立による。
 ◈「表門」は南面している。
 ◈「妙見堂」には裳階が見られる。南面している。
 ◈「絵馬堂」は舞台造になる。かつて境内の下段にあったという小堀遠州(1579-1647)作庭の庭を鑑賞するために建てられたという。舞台は茶席にも使われたという。
◆秋山自雲神霊 境内北に秋山自雲神霊を祀る祠があり、石塔が立つ。江戸の浅草玉姫町・日蓮宗の本性寺の境内神だった。
 江戸時代、1744年、新川の酒問屋・岡田孫右衛門の手代、善兵衛は痔疾に苦しみ亡くなる。生前の善兵衛は、自らが病に悩んだため、同じく苦しむ人々の救済を誓った。
 死後、秋山自雲神霊として各所の日蓮宗の寺に祀られた。痔病のみならず、腰から下の病平癒の信仰を集めた。
◆十三重塔 
「十三重塔」は、南北朝時代(1333-1392)に鳥辺野墓地に立てられていた遺物とみられている。 初重軸石に四方仏が見られる。
◆絵馬 江戸時代、天保5年(1834年)に加藤均斎らが奉納した絵馬「算額」(221×125cm)がある。
◆狛犬
境内の狛犬は備前伊部焼による。江戸時代、1855年の作になる。備前焼としては珍しい作例という。
◆吉野太夫・阪田三吉 江戸時代初期の島原の2代目・吉野太夫(松田徳子、1606-1643)が境内に一時棲んだという。境内に歌碑が立つ。
 近代の棋士・阪田三吉(1870-1946)夫婦が勝負前に当妙見宮に参詣していたという。
◆歌碑  2代目・吉野太夫の歌碑「噫(ああ) さくら われは 廓乃 寿盈(すえ)と 年さヽへ よしの」が立つ。 
◆亀甲石 
境内の「亀甲石」は、甲羅状の模様がある自然石をいう。
 石灰質泥が脱水・収縮する際に亀裂が入り、そこに方解石などが沈殿してできたという。直径50cmほどあり、ここまで大きいものは珍しいという。
◆樹木 境内に3本のソメイヨシノの大木がある。
 妙見堂近くに楓が植えられている。
◆猫供養塔 かつて境内に棲みついていた猫の供養塔がある。


*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『京都大知典』『昭和京都名所図会 1 洛東 上』、ウェブサイト「コトバンク」


関連・周辺通妙寺     周辺実報寺      周辺親鸞御荼毘所(御荼毘所)      周辺本寿寺     関連日體寺       

御堂

御堂

狛犬、備前伊部焼

妙見堂

妙見堂

妙見堂扁額

絵馬堂

絵馬堂

絵馬堂よりの京都市街地の景色

常冨大善神

常冨大善神

秋山自雲神霊

秋山自雲神霊

秋山自雲神霊

右より大地主龍王、白高龍王・白光龍王

手水舎

手水舎、「鳥邊山」とある。

吉野太夫の歌碑「噫(ああ) さくら われは 廓乃 寿盈(すえ)と 年さヽへ よしの」 

十三重塔

亀甲石

東山、境内東に見える。
妙見堂 〒605-0846 京都市東山区五条橋東6丁目522   075-561-1859  
 Home    Home  
  © 2006- Kyotofukoh,京都風光