報恩寺 (京都市上京区) 
Hoon-ji Temple
報恩寺 報恩寺 
  Home   Home














石橋、宝珠の欄干、小川の跡









客殿




中門


客殿(方丈)


客殿前の庭園






前庭

 報恩寺(ほうおんじ)の山門は東面し、かつて門前に小川(こかわ、百々川)が流れていた。いまは石橋だけが残されている。寺のある射場とは、足利時代に弓の練習の場があり、地名の由来になった。
 鳴虎(なきとら)図を所蔵し、「鳴虎(なきとら)」「鳴虎の報恩寺」ともいわれる。山号は尭天山、院号は佛牙院という。 
 浄土宗。本尊は阿弥陀如来像。
 洛陽阿弥陀四十八願寺の第12願所。
◆歴史年表 創建、変遷の詳細は不明。
 平安時代、866年、円仁が創建した葉室(はむろ)山浄住寺(西京区)を前身とするともいう。当初は天台宗だった。法園寺と称したともいう。また、室町時代中期まで法音寺と称し、八宗兼学、また、天台・浄土兼学だったともいう。一条高倉付近(現在の御所御苑内、内裏北東、後の有栖川高松殿邸)にあり「一条之報恩寺」と呼ばれていた。(寺伝、「報恩寺文書」『雍州府志』)
 鎌倉時代、叡尊(1201-1290)が中興する。(寺伝)
 室町時代、応仁・文明の乱(1467-1477)により焼失する。その後、第86代・後堀河天皇の第1女・室町女院(1228‐1300)より贈られた仏牙舎利などは浄住寺に遷されたという。(寺伝、『雍州府志』『仏牙舎利縁起』)
 1494年、明応年間(1492-1501)、明泉が創建した法音寺を前身とするともいう。
 1501年 第104代・後柏原天皇により西蓮社慶誉(きょうよ)上人一風明泉(慶誉、明泉)は綸旨を贈られ、浄土宗として開山した。堀川今出川、舟橋の地に再興したともいう。
 1502年、寺号も報恩寺と改め後柏原天皇により勅額「報恩寺」を贈られる。天皇より仏舎利、浄土変相、千体地蔵像、虎の図、興正菩薩の二十五条袈裟などを贈られる。
 1504年、公卿・中御門宣胤が立ち寄り、浄土法談を開く。(『宣胤卿記』)
 安土・桃山時代、1576年、天正年間(1573-1592)、織田信長の命により、寺地は二条家に与えられる。(『言経卿記』)
 1585年、羽柴秀吉により相国寺塔頭・鹿苑寺の旧地から寺之内の現在地に移る。(報恩寺文書、下知状)
 1588年、第107代・後陽成天皇より完成祝賀の消息、六字名号を贈られる。
 1600年、備後国福知山藩祖・阿部正勝を葬る。2年後、弟、父子も葬る。
 1602年、秀吉の侍尼・仁舜尼より門前を流れる小川(百々<どど>川)の石橋が寄進される。
 江戸時代、1623年、徳川秀忠、家光が参内のために上洛し二条城に宿した。筑前・黒田長政は江戸より入洛し、報恩寺に宿泊する。だが、当寺客殿で病死する。
 1711年、焼失したともいう。
 1730年、享保の大火(西陣焼け)で類焼する。本尊、古文書などは難を逃れる。
 1733年、本堂再建の祈願法要を修した。
 1737年、本堂再建の上棟式が行われる。遷仏法要を修した。
 1738年、本堂再建入仏、大法要を修した。
 1743年、快慶作という仁王像の修理を行う。開眼法要を修した。
 1746年、「鳴虎図」の表装を改装修理する。
 1748年、賓頭盧頗羅堕闍尊者の修理、開眼法要を修した。
 1788年、天明の大火により類焼する。
 1818年、客殿、玄関、内玄関が再建される。客殿(方丈)に本尊を安置する。
 現代、1979年、賓頭盧頗羅堕闍尊者の塗り替え修理する。
◆円仁 平安時代前期の天台僧・円仁(えんにん、794-864)。慈覚大師。下野国に生まれた。9歳で大慈寺・広智に師事、808年、15歳で唐より帰国した比叡山の最澄に師事、最期まで14年間仕えた。815年、東大寺で具足戒を受ける。比叡山で12年の籠山行に入る。だが、5年後、法隆寺、四天王寺での夏安吾(げあんご、修行僧の集団生活による一定期間の修行)講師、東北への教化を行う。一時心身衰え、829年、横川に隠棲した。常坐三昧、法華経書写などの苦修練行を続け、夢中に霊薬を得て心身回復し、法華経書写を始め、小塔(如法堂)を建て写経を納めたという。首楞厳院(しゅりょうごんいん)を建立した。836年、837年と渡唐に失敗、838年、最後の遣唐使として渡る。その後、遣唐使一行から離れ、840年、五台山・大花厳寺を巡礼し国清寺で学ぼうとしたが許可が下りなかった。長安・大興善寺で金剛界の灌頂を受け、青竜寺で胎蔵界灌頂、蘇悉地大法を授かる。また、悉曇(梵語)、止観(禅)も学んだ。山東半島、赤山新羅坊の新羅寺・赤山法華院で新羅仏教を学ぶ。現地では仏教弾圧(会昌の破仏)があり、日本と新羅はこの間に国交断絶していた。847年、帰国、仏典、金剛界曼荼羅など多数を持ち帰る。848年、比叡山に戻り、円珍に密教を教えた。横川中堂(根本観音堂)を建立する。854年、第3世・天台座主に就く。862年、東塔に天台密教の根本道場・総持院を建立した。『顕揚大戒論』、9年6カ月の唐滞在記である『入唐求法巡礼行記』(全4巻)を著す。東京・瀧泉寺、山形・立石寺、松島・瑞巌寺など多くの寺を開いた。没後、日本初の大師号(慈覚大師)を贈られた。入唐八家(最澄・空海など)の一人。
◆叡尊 鎌倉時代の律宗僧・叡尊(1201-1290)。大和国に生まれる。醍醐寺の叡賢に学び、1217年、17歳で出家した。高野山、東大寺などで真言密教を学ぶ。大和・海竜王寺を経て、西大寺の中興開山となり、西大寺を拠点として戒律の普及に勤めた。1262年、鎌倉幕府の北条時頼の招きにより鎌倉に移った。蒙古襲来(1274、1281)の際に、伊勢神宮や石清水八幡宮で降伏の祈祷を行う。「非人救済」、勧進・修造にも携わった。1281年、宇治橋寺の堂供養を行った。1284年、宇治川網代を停止とした。1286年、宇治橋の修造、浮島の十三石塔を建立した。
◆西蓮社慶誉上人一風明泉 室町時代の僧・西蓮社慶誉上人一風明泉(生没年不詳)。詳細不明。慶誉、明泉。
◆仁舜尼 安土・桃山時代-江戸時代の女性・仁舜尼(生没年不詳)。仁叔周孝。詳細不明。豊臣秀吉の侍尼。1602年、報恩寺門前の石橋を寄進する。報恩寺に墓碑がある。
◆黒田長政 安土・桃山時代-江戸時代前期の武将・黒田長政(1568-1623)。父・黒田孝高(官兵衛)の長男。1577年、父が織田信長に属し、人質として信長のもとに送られる。近江長浜城の羽柴秀吉のもとで少年期を過ごす。1582年、秀吉の中国攻めに従軍、その後も秀吉の主な戦いに従った。1587年、九州攻めの功により豊前国に移る。1589年、父から家督を継いで豊前中津に所領を得、甲斐守に叙任された。文禄・慶長の役(1592-1598)にも加わる。1600年、関ヶ原の戦では東軍に属し、1614年、大坂冬の陣には江戸城に留められた。1615年、夏の陣で徳川秀忠隊に属した。
 1623年、徳川秀忠、家光が参内のために上洛、二条城に泊った。長政は江戸より入洛し、報恩寺に宿泊する。持病発作のため客殿で亡くなる。
◆阿部正勝 室町時代-安土・桃山時代の武将・阿部正勝(あべ まさかつ、1541-1600)。阿部正宣の子。徳川氏の家臣。歴戦し、1590年、鳩ヶ谷藩5000石大名。伊予守。報恩寺に墓がある。
◆賀陽宮 江戸時代の皇女・賀陽宮(かやのみや、1666-1675)。父・第111代・後西天皇の第7皇女、母は清閑寺共子。戒名は「桂徳院宮」。
 報恩寺境内の西に賀陽宮墓がある。宝塔には碑銘「高嶽院殿心源榮芳大姉」とある。
◆仏像 客殿中央の仏間に鎌倉時代の快慶(安阿弥)作という「阿弥陀三尊像」を安置する。
 北宋の「木造諸尊仏龕」(重文)、鎌倉時代の「厨子入木造千体地蔵菩薩像附厨子入木造大黒天像」(重文)、南北朝時代の「厨子入木造阿弥陀如来、両脇侍立像」(重文)。
 左に阿形の「密迹金剛(みっしゃこんごう)」、右に吽形の「那羅延金剛(ならえんこんごう)の仁王像」が安置されいる。江戸時代、1730年に山門が焼失し、墓の中央に仁王尊が立っていたことから、「墓飛びの仁王尊」という。
◆建築 客殿に黒田長政が病死した「最期の部屋」がある。現在の建物は1818年の再建による。阿弥陀如来坐像が安置され、長政、父・官兵衛(如水)の位牌が祀られている。
◆梵鐘 「梵鐘」(重文)は、応仁・文明の乱(1467-1477)の東軍・畠山持国が陣鐘に用いたという。豊臣秀吉も用いたという。金剛界四仏の梵字の銘が刻印されている。名鐘を記した「扶桑鐘名集」(岡崎盧門作、明治期<1868-1912>)にも記載されている。余韻残る美しい音色がする。
 平安時代後期作とされており 奈良時代以来の古式が残る。素文の銅鐘、高めの笠形、肩すぼまりの形、乳の形、八角素弁小形の撞座(つきざ)2個は上部の龍頭(りゅうず)と直交している。池の間に金剛界四仏を籠字(かごじ、肉太の書体)の梵字、その下に梵字で真言を刻む。高さ123.5㎝、口径73㎝。重さ1.5t。
◆撞くなの鐘 梵鐘は「撞くなの鐘」「撞かず(勿撞)の鐘」とも呼ばれている。
 梵鐘は、付近一帯の織屋で朝夕に時を知らせ、仕事の始まりと終わりの合図にされていた。寺近くの古い織屋「八半」に、15歳の丁稚と13歳の織女(おへこ)が働いていた。二人は日頃より仲が悪く、ある時、報恩寺の夕刻の鐘の数をめぐり口論になる。
 織女は9つ、丁稚は8つという。互いに負けた者は、何でもすると約束した。丁稚は店を抜け、正解の9(108の12分の一)ではなく、8つ撞くことを知り合いの寺男に頼む。夕方、果たして鐘は8つしか鳴らなかった。負けた織女は悔しさから鐘楼に帯をかけ首を吊る。
 以来、織女の霊が現れ、怨霊の祟りが鐘を撞いたという。店の主人は、織女を供養し菩提を弔った。以後、寺では朝夕に鐘を撞くのを止め、鐘楼には板堀を建て普段は誰も撞けないようにした。ただ、除夜と大法要に限り撞くようになったという。
 また、二人は、お十夜の晩に鐘が鳴るか鳴らぬかで口論し、鳴らなかったので織子が狂死したともいう。
◆鳴虎図 掛け軸「鳴虎図(なきとらず)」は、中国の画人・四明陶佾(しめい とういつ)の署名がある。宋(420-479)代、あるいは後世の明(1368-1644)代のものともいう。  
 1501年、後柏原天皇より報恩寺に贈られた。絵は中国東北の山岳地帯で、虎が谷川の水を飲む。背後に松があり、2羽のカササギがとまる。毛の一本一本が描かれており、立体的に見せる。また、見る位置により違って見える。右から見ると頭部が大きく、胴体部が細長く見える。左から見ると頭部が小さく、胴体、尾が三等分されて見える。
 豊臣秀吉は寺を度々訪れていたという。報恩寺の住持が叔父にあたったためという。秀吉は鳴虎図を気に入り、聚楽第に持ち帰り床に掛けて観賞したという。だが、夜になると鳴動し、吠え、また、歩き回り、床がきしんだ。眠れずに翌朝に返されたという。以来、絵は鳴虎図、寺は鳴虎報恩寺と呼ばれた。
 いまは、12年に一度、寅年の正月三が日に限り特別公開されている。近年、デジタル複製図が完成した。
◆庭園 枯山水式庭園、中庭がある。白砂に苔地、石組による。露地の前庭、坪庭がある。
◆小川 門前の石橋の欄干宝珠には「慶長七年」(1602年)架橋の刻銘がある。豊臣秀吉の侍尼・仁叔周孝首座が寄進した。かつて南北方向に小川(こがわ、百々川)が流れていた。
 現在、小川(おがわ)通という紫明通から錦小路通に通じた南北の通りがある。豊臣秀吉による地割で生まれた。かつて、通りに沿い小川(こかわ/おがわ)という細い川が南北に流れていたことから通り名が付けられた。小川は、かつて堀川の一部だったという。北山、東山を源とする賀茂二股川であり、南流して一条で西に折れ更科川になり、堀川に合流していた。
 近代以降、琵琶湖疏水の完成により、1820年、疏水の水が小川にも通され、一条戻橋で堀川に注いぐようになったともいう。1945年、軍命令により高野川以西の疏水は埋め立てられる。1963年、下水道整備工事の際に小川も暗渠化され、川は消滅した。
◆文化財 室町時代、1501年、後柏原天皇より贈られた勅額、仏舎利、浄土変相、千躰地蔵像、虎の図、興正菩薩の二十五条袈裟などがある。
 1588年、後陽成天皇より伽藍完成祝賀の消息、六字名号を贈られる。ほかに、後西院天皇宸翰、有栖川の宮、華頂宮の写経、名号など。
 1585年、豊臣秀吉により現在地に移った際の下知状がある。
 黒田官兵衛、長政父子の位牌。織田信長の肖像画、豊臣秀吉の肖像画。
 秀吉の侍尼・仁舜尼は、1602年、報恩寺門前の石橋を寄進する。擬宝殊6個のうち2個が現存する。
 報恩寺には、浄住寺(西京区)より移されたという舎利、銅灯などがある。報恩寺は浄住寺を前身とするともいう。
◆花暦 桜が植えられている。
◆墓 侍尼・仁舜尼(侍尼・仁叔周孝?)の墓碑(五輪塔)、廟に大坂城城代・備後国福山藩祖・阿部正勝の墓碑がある。その父・阿部正宣、子・阿部正次?、阿部忠吉?、弟?も葬られたという。
 能の歴代の観世流家元(4世-22世)、志野流香道家、元蜂谷家の菩提寺になる。
 境内の西に第111代・後西天皇の第7皇女・賀陽宮墓がある。
◆年間行事 除夜の鐘(先着で鐘が撞ける。)(12月31日)。


*年間行事は中止・日時・内容変更の場合があります。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*普段は非公開、室内は撮影禁止
*参考文献 当寺縁起、『京都・山城寺院神社大事典』『京都府の歴史散歩 上』『京都大事典』『京都歴史案内』『京の寺 不思議見聞録』『京の怪談と七不思議』


  関連・周辺      周辺      関連浄住寺      関連観世稲荷社       関連竜光院(龍光院)〔大徳寺〕           

五重塔

五重塔

那羅延金剛


地蔵堂

地蔵堂

地蔵堂

鐘楼

梵鐘

賓頭盧頗羅堕闍尊者

賓頭盧頗羅堕闍尊者

稲荷社

稲荷社

稲荷社

稲荷社

稲荷社

稲荷社、小祠

稲荷社、小祠


【参照】賀陽宮墓

【参照】「高嶽院殿心源榮芳大姉」


【参照】「桂徳院宮 尊儀」

【参照】門前の町家の家並
 報恩寺 〒602-0066 京都市上京区射場町579,小川町寺之内下る西側   075-414-1550
  Home     Home  
    © 2006- Kyotofukoh,京都風光