半木神社・半木の森 (京都市左京区) 
Nakaragi-jinja Shrine,Forest
半木神社・半木の森  半木神社・半木の森
  Home   Home





本殿




半木社秋祭


なからぎの森





 京都府立植物園内の「半木の森(なからぎのもり)」内に、半木神社(なからぎ じんじゃ)はある。古くは「流木(ながれぎ/ながれき)神社」といわれた。上賀茂神社の境外末社になる。
 この地は、京都の絹織物発祥の地といわれている。 
 祭神は、天太玉命(あめのふとだまのみこと)を祀る。織物業の守護神といわれる。植物園内にあることから開園後は園の守護神にもなった。
 植物園に因み、花木実ることにより「実守(みのりまもり)」とされ、近年では合格祈願、恋愛成就の信仰も集めている。
◆歴史年表 創建、変遷の詳細は不明。
 かつて、「流木神社」といわれたという。
 奈良時代より、この地は「錦部(にしきごり)の里」と呼ばれ、養蚕絹糸業が盛んになる。徳島より養蚕の神・天太玉命が勧請され、流木神社(半木神社)が祀られた。
 平安時代、上賀茂神社の社領地に入る。
◆半木・流木 この地は、「半木(なからぎ/ながらぎ)」「なから木」「なかれ木」「流木」などとも呼ばれていた。当社は、「流木(ながれき)神社」とも称された。
 ◈鴨川上流の西賀茂には、かつて「浮田(うきた)の森」があった。森には三座が祀られていた。ある時、鴨川の氾濫により一座がこの地まで流されてきた。以来、「流木」と呼ばれたともいう。
 ◈なからぎの森は、上社(上賀茂神社)と下社(下鴨神社)の中間に位置する。このため、半木と呼ばるようになったともいう。
 ◈かつては、「中賀茂」と呼ばれたともいう。中村(中賀茂村)という集落があった。鴨川の洪水が相次いだため、その後、岩倉中町(左京区)に移った。このため、同地区はいまも葵祭、御蔭祭に奉仕する習わしになっているという。
 ただ、「中賀茂」とは、下鴨神社を意味するともいう。平安時代には、「中賀茂」「中の御社」は下鴨神社を意味していた。さらに南に位置する河合神社は「下の御社」とされたともいう。
◆錦部の里 この地はかつて、賀茂族が開墾した地だった。
 奈良時代より、「錦部(にしきごり)の里」と呼ばれる。里には、蚕の餌である桑の木が多く植えられていたという。養蚕絹糸業が営まれ、絹織物の生産も盛んになる。
 平安時代には、上賀茂神社の社領地になる。かつてこの地には中賀茂村があり、その後、移転した。
◆乙井川 中世(鎌倉時代-室町時代)、上賀茂神社を流れる御手洗川は、明神川、乙井(おとい)川、泉川などと分流、合流しながら鴨川に注いでいた。
 半木の森には、鴨川から引かれた「乙井川」が流れ、その水神、農耕神が祀られていたとみられる。現在も半木神社の傍を流れる小川は、この乙井川の名残りという。
◆なからぎの森 なからぎの森(0.5ha)には、山城盆地にみられた自然植生がいまも残され、「山城原野の原生の森」といわれている。
 エノキ、ムクノキ、ケヤキ、サイカチ、カツラ、カエデなどの落葉樹、シイ、カシ、シロタモ、カゴノキなどの常緑樹が混交する森になっている。
 ほかに、トウオガタマ、ナギ、カクレミノ、クスノキ、ツルグミ、サカキ、カゴノキ、センダン、クロガネモチ、アラカシ、トベラ、トウネズミモチ、シュロ、オオカナメモチ、ハナノキ、周辺にはマテバシイ、ナナミノキ、サカキなどが見られる。イチイガシもある。
◆年間行事 春の例祭(4月)、秋の例祭(11月20日)。


*年間行事は中止・日時・内容変更の場合があります。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 説明板、『京都・山城寺院神社大事典』『昭和京都名所図会 5 洛中』『京都 神社と寺院の森』

 
  府立植物園     上賀茂神社     下鴨神社     河合神社              
 半木神社 〒606-0823 京都市左京区下鴨半木町 京都府立植物園内  
 Home    Home  
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光