三条烏丸御所跡(三条南殿跡) (京都市中京区)
The ruins of Sanjo-karasuma-gosho(Imperial Palace)
三条烏丸御所跡  三条烏丸御所跡
  Home   Home

「三條烏丸御所跡」の石標
 烏丸通より三条通西入ル南側に「三条烏丸御所跡(さんじょう からすま ごしょ)」の石標と説明板が立てられている。総称として三条南殿とも呼ばれた。 
 この地には平安時代後期、大邸宅が建てられ、鳥羽上皇の御所にもなった。
◆歴史年表 平安時代後期、藤原光子(1060-1121)の邸宅が建てられている。
 その子・藤原(徳大寺)実能(1096-1157)に邸宅は受け継がれる。
 1129年、実能から鳥羽上皇(第74代)に献じられその御所となる。
 現代、1987年、京都市埋蔵文化財研究所により発掘調査が行われる。平安時代後期の遣水跡、三条大路南側溝、建物跡などが見つかる。
◆藤原光子 平安時代後期の女房・藤原光子(ふじわら の みつこ、1060-1121)。左中弁隆方の娘、白河院の近臣・為房の妹。白河上皇(第72代)の側近、第73代・堀河天皇、第74代・鳥羽天皇の乳母となる。権大納言・藤原公実の妻、待賢門院(鳥羽天皇皇后)、通季(西園寺家の祖)、実能(徳大寺家の祖)を産む。
◆藤原実能 平安時代後期の公卿・藤原実能(とくだいじ さねよし、1096-1157)。父は藤原公実、母は藤原隆方娘・光子。徳大寺家の始祖。内大臣、1156年保元の乱で藤原頼長に敵対し後白河天皇方につく。乱後、左大臣。衣笠に徳大寺)を建て、家名となる。日記「実能記」。
◆鳥羽天皇 平安時代後期の第74代・鳥羽天皇(とば てんのう、1103-1156)。第73代・堀河天皇と贈太政大臣・藤原実季の娘苡子の子。1103年、第73代・堀河天皇の東宮となる。1107年、即位するが、祖父白河法皇による院政がしかれた。1123年、子の顕仁(第75代・崇徳天皇)に譲位し、鳥羽離宮を居所とした。1129年より、崇徳・近衛・後白河の3代28年にわたり院政をしく。また、荘園公領制を確立させた。1141年、出家し、御願寺の造営、熊野参詣は23回行う。安楽寿院内の陵墓に葬られた。
 1149年、第76代・近衛天皇の即位は、皇位継承をめぐる皇統内部の対立となり、その没後、1156年、保元の乱が起きた。
◆三条烏丸御所 平安京左京四条三坊九町に位置した三条烏丸御所は、「三条烏丸殿」、「三条桟敷殿」、総称として「三条南殿」とも呼ばれた。藤原光子、子・藤原(徳大寺)実能に引き継がれ、鳥羽法皇の御所となる。
 1987年の発掘調査により、平安時代後期(11世紀末-12世紀前半)の遣水跡、三条大路南側溝、建物跡などが見つかった。遣水跡(幅6.5m、深さ0.4m)は、底に河原石を敷き詰め、中島(4m×2m)もあり、景石も据えられていた。


*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『日本の古代遺跡 28 京都Ⅱ』『平安京散策』『京都大事典』


   関連・周辺三条西殿跡       周辺三条東殿跡       周辺高倉宮跡・曇華院跡・初音の森       周辺高松神明神社・高松殿跡      関連安楽寿院(鳥羽離宮跡)       関連龍安寺〔妙心寺〕          
平安京オーバレイマップ
 三条烏丸御所跡 〒604-0000 京都府京都市中京区御倉町,三条通烏丸西入南側 
  Home    Home 
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光