法雲寺・法興院跡・菊野尊天(菊野大明神) (京都市中京区)
Houn-ji Temple
法雲寺 法雲寺 
50音索引,Japanese alphabetical order  Home 50音索引,Japanese alphabetical order  Home





山門


「福寿観世音菩薩 清水山」の石標


本堂


本堂、獅子


本堂、金剛力士像


本堂、鬼瓦


庫裏


菊野尊天


菊野尊天、菊野大明神を祀る。



菊野尊天


菊野尊天



豊川稲荷社、豊川稲荷大明神



豊川稲荷社



「清水」の歌碑


宝篋印塔
 河原町通より東へ、細い参道が山門まで延びている。高層建物に囲まれた地に法雲寺(ほううんじ)がある。清水山洗心院と号する。
 平安時代、この地には公卿・藤原兼家の邸があり、その没後に法興院(ほうこういん)に改められた。境内の一角に菊野尊天(きくのそんてん、菊野大明神)が祀られている。
 単立、本尊は阿弥陀如来像。
 縁切り、良縁招福の篤い信仰を集めている。
◆歴史年表 平安時代、988年、この地(現在の清水町、指物町付近)には、藤原兼家(ふじわら-の-かねいえ)の邸宅(二条院、二条京極邸)があった。(『日本紀略』『坊目誌』)
 990年、兼家の出家後、法名により法興院(ほこいん/ほこのいん)に改められる。(『百錬抄』『栄花物語』『枕草子』)。兼家は、その2カ月後に亡くなる。
 992年、院内に積善寺(しゃくぜんじ)を建立する。(『栄花物語』)
 1010年、院内で右京権大夫・親兼王が賊に殺される。(『小記目録』『御堂関白記』)
 1011年、焼失する。(『御堂関白記』)
 1013年、再建された。(『御堂関白記』)
 1027年、焼失した。(『日本紀略』)
 1096年、再建された。(『中右記』)
 1120年、焼失する。(『百錬鈔』)
 1148年、焼失した。(『台記』)
 1166年、覚性快法親王が別当に補任される。(『華頂要略』)
 1181年、慈円が別当に補任される。
 鎌倉時代、1213年、慈円は当院、諸領などを朝仁親王に譲る。(『華頂要略』)
 その後、法興院は廃絶する。
 中世末(室町時代)、この地には池泉のみが残されたという。後に、この清涼な池水が清水町の町名由来になる。
 安土・桃山時代、1567年、源蓮社清善がこの地に草庵を結ぶ。法雲寺の前身になる。(寺伝)
 江戸時代、1615年、元和年間(1615-1624年)とも、清久が堂宇を建立した。(寺伝)
 1788年、天明の大火で全焼した。(寺伝)
 1818年、現在の本堂が再建された。
 1863年、八月一八日の政変後、長州藩士・久坂玄瑞(1840-1864)が当寺を拠点にしていた。
 現代、1988年、菊間尊天の祠が改装される。
◆藤原兼家 平安時代中期の公卿・藤原兼家(ふじわら-の-かねいえ、929-990)。法興院(入道)、東三条殿、法号は如実。藤原師輔の3男。母は武蔵守藤原経邦の娘・盛子。同母弟に道兼、子に道長。968年、兄・兼通を超えて従三位、蔵人頭になり、969年、参議を経ずに中納言になる。左大臣・源高明が失脚した安和の変が起きた。970年、右大将、972年、大納言になる。長兄・伊尹(これただ)の没後、兄・兼通は内大臣関白になり、兼家は右大将のままだった。977年、兼通は臨終にあたり従兄・頼忠を関白とし、兼家を治部卿に左遷した。978年、兼家は、頼忠の恩恵により右大臣に任じられた。986年、第64代・円融天皇の女御・詮子(せんし)(兼家の娘)の子・懐仁親王(第66代・一条天皇)を帝位に就けるため、第65代・花山天皇の譲位を画策した。外孫である一条天皇の即位により頼忠は太政大臣、兼家は右大臣摂政になる。兼家は右大臣を辞し、三公之上に列せられ摂政のみになる。摂政が初めて独立し強い権威を持つ。東宮には娘・超子が産んだ第63代・冷泉天皇皇子の居貞親王(第67代・三条天皇)がなった。989年、頼忠の死後、兼家は太政大臣、990年、関白になる。病のために出家し、関白を子・道隆に譲る。その後、亡くなる。62歳。
 従一位。一条天皇即位の後、外祖父として摂政、関白太政大臣になり権力を振るう。以後、摂関はその子孫に限られた。9人の妻がおり、道長らの母・時姫、『蜻蛉日記』を著した道綱の母などがいる。豪邸の東三条第、二条京極第を営んだ。
 墓は宇治陵(宇治市)に包括されている。
◆親兼王 平安時代中期の親兼王(?-1010)。詳細不明。1003年、伊勢臨時奉幣使の使王を勤仕。伊勢権守、右京權大夫。1010年5月11日、法興院内で賊により殺害される。(『小記目録』『御堂關白記』)
◆覚快法親王 平安時代後期の天台宗の僧・覚快法親王(かくかい-ほっしんのう、1134-1181)。法名は行理、円性、七宮、無品親王と呼ばれた。第74代・鳥羽天皇の第7皇子、母は美濃局(石清水八幡宮祀官家・田中勝清の実妹)。13歳で比叡山に上り、行玄大僧正に師事して出家、顕教・密教を兼学した。1150年、権律師、1151年、行玄により伝法灌頂を受ける。法印に任じられた。1160年、宮中で日蝕の祈祷を行い効験があったという。1170年、親王宣下、1177年、座主明雲の配流に伴い延暦寺座主に就任、法性寺座主も兼任した。山内の学僧、堂衆らの紛争が激化する。病いにより、1180年、青蓮院に隠退し、1181年、亡くなる。48歳。
 無動寺検校、成就院、宝荘厳院、法興院、極楽寺別当を兼ねた。行玄の創建した青蓮院の第2世門主になる。建礼門院が第81代・安徳天皇を産んだ際に七仏薬師法を修した。
◆慈円 鎌倉時代初期の天台宗の僧・慈円(じえん、1155-1225)。法名は道快、通称は吉水僧正、無動寺法印、諡号は慈鎮。父は摂政関白・藤原忠通、母は藤原仲光の娘。1165年、11歳で延暦寺、その後、青蓮院・覚快法親王の下で出家した。1192年、天台座主になり、都合4度務めた。1203年、大僧正、第82代・後鳥羽上皇の護持僧になった。史書・史論書の『愚管抄』を著した。歌人として知られる。親鸞は、1181年、9歳の時に伯父の日野範綱に伴われ青蓮院を訪れ、慈円のもとで得度している。71歳。
◆道覚法親王 鎌倉時代前期-中期の天台宗の僧・道覚法親王(どうかく-ほっしんのう、1204-1250)。道覚入道親王、西山宮。父は第82代・後鳥羽天皇、母は尾張局。1208年、親王宣下を受けて朝仁と称した。1216年、出家し慈円・慈賢・真性などに天台教学を学ぶ。1247年、天台座主、1248年、青蓮院門跡を継ぐ。47歳。
◆然誉清善 安土・桃山時代の浄土宗の僧・然誉清善(ねんよ-せいぜん、?-?)。詳細不明。源蓮社清善。筑後・久留米の善導寺の僧、1556年、京都・善導寺を開山する。1567年、京都・法雲寺の前身になる草庵を結ぶ。
◆菊野尊天 境内東に菊野尊天(菊野大明神)がある。かつて、三条東洞院にあったという。祠には、縁切りと良縁を結ぶ効験ある石(菊野さん、きくの石)が祀られている。悪縁を絶つには、水を供え灯明をあげて堂の周りを廻る。
 さまざまな伝承がある。平安時代、第52代・嵯峨天皇の頃(在位:809-823)、宇治に公家の娘がいた。夫に棄てられ、貴船明神に丑の刻参りをした。7日目の満願の日に貴船明神が現われる。娘が鬼になりたいのであれば、宇治川に37日間浸かるようにと告げる。娘がその通りにすると鬼と化した。鬼は、元夫と相手の女、親類縁者までも殺めた。娘は橋姫と呼ばれ、宇治より貴船明神に参る途中で、腰掛けて休んだ石がこの神体石とされる。
 また、平安時代前期の絶世の美女・小野小町に恋焦がれ、通い詰めた深草少将が腰掛けて休んだ石ともいう。少将は、百夜通いの満願の一夜を残して絶命する。少将の成就できなかった思いが石に込められ、男女の仲を引き裂くともいう。
 かつて、曇華院旧地(中京区三条東洞院)付近にこの石があったという。婚礼の儀がその前を通ると、後に必ずその夫婦は別れたという。そのため、婚礼の行列は石を避けて通った。近代、1872年に曇華院が嵯峨に移った際に、石は当寺に遷されたという。
 江戸時代、1788年の天明の大火で法雲寺が全焼し、15年後に再建された。その時、山伏が寺に現れ「霊石」のことを尋ねた。当時の18世・賢誉が境内を探すと、「縁切り石」と伝えられる石が出てきた。山伏は石前で法楽を行い、石を東庭に西向きに安置するようにと告げた。祭礼は3月16日とし、毎月16日に祀ると、悪縁に苦しむ人は良縁に恵まれるという。住持はその縁起を山伏に尋ねようとした。だが、姿はすでになかったという。その時の石を祀っているという。
◆法興院遺構 本堂西に古い井泉があり、法興院の遺構とされる。


*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献・資料 『京都・山城寺院神社大事典』、『京都市の地名』、『京都 歴史案内』、『昭和京都名所図会 5 洛中』、『京都のご利益徹底ガイド』、『京のしあわせめぐり55』 、ウェブサイト「コトバンク」


関連・周辺善導寺  周辺  関連大将軍神社(東山区)  関連青蓮院  関連元慶寺  関連貴船神社  関連橋姫神社(宇治市) 関連曇華院(どんけいん)    
平安京オーバレイマップ
法雲寺・法興院跡 〒604-0911 京都市中京区清水町30,河原町通二条上ル  075-241-2331
50音索引,Japanese alphabetical order  Home   50音索引,Japanese alphabetical order  Home  
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光