辰巳神社 (京都市東山区) 
Tatsumi-jinja Shrine
辰巳神社 辰巳神社
  Home   Home



社号標「辰巳大明神」、「巳」ではなく「已」の字になっている。
 花街・祗園白川の巽橋近くの辻に、小社・辰巳神社(たつみ じんじゃ)はある。「祇園のお稲荷さん」「辰巳大明神」「辰巳稲荷」などとも呼ばれている。芸能の稲荷になる。
 祭神は辰巳大明神(たつみ だいみょうじん)を祀る。また、かつてこの界隈に出没し、人を化かしていたという狸ともいう。
 芸事上達の信仰を集め、時に芸妓さん、舞妓さんの参拝も見られる。 
◆歴史年表 創建の詳細、変遷は不明。
 年代不詳、京都御所の南東に位置し、辰巳(南東)の方角を守護したことから、辰巳神社と呼ばれたという。かつて南の巽橋の袂に祀られていたという。
 また、巽橋に棲み、芸舞妓を誑かし、川を渡らせるなどの悪戯を働いていた狸を祀ったともいう。その後、花街の芸舞妓が芸事の上達を祈願するようになった。
 
近代、太平洋戦争(1941-1945)時の建物強制疎開により現在地に遷されたという。
◆年間行事 寒供養祭(1月23日)。


*年間行事・は中止・日時・内容変更の場合があります。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。

*参考文献 『お稲荷さんの起源と信仰のすべて 稲荷大神』


  関連・周辺白川・祇園新橋      関連・周辺白川     関連・周辺祇園甲部(花街)     関連・周辺祇園東(花街)     周辺     関連      

石鳥居の扁額


扁額

本殿


サクラ

舞妓さん
 辰巳神社  〒605-0087  京都市東山区元吉町,新橋花見小路西入る   

より大きな地図で 辰巳神社 を表示
   Home      Home  
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光