白石神社・小山石切場跡 (京都市山科区)
Shiraishi-jinja Shrine
白石神社 白石神社 
50音索引,Japanese alphabetical order  Home 50音索引,Japanese alphabetical order  Home
















 牛尾観音へ向かう道筋、小高い丘の中腹に白石神社(しらいし-じんじゃ)がある。境内の巨大な磐坐は、「白い巨岩」として古代より崇敬を集めてきた。小山の産土神として信仰されている。 
 祭神は、伊邪那岐尊(いざなぎのみこと)、伊邪那美命(いなざみのみこと)、白石大明神(磐坐)を祀る。
 旧村社、山科岩坐五社の一つ。延命長寿、夫婦円満、家内安全、縁結び、子授けの信仰がある。
◆歴史年表 創建の詳細、変遷は不明。
 古代より、この地では磐座信仰があった。
 平安時代前期、大同年間(806-810)/807年、朝廷により勧請、創建されたという。白石大明神と呼ばれた。
 室町時代、応永年間(1394-1428)、古記録などが焼失している。
 江戸時代、1787年、「白石明神」と記され、本殿、小社、磐坐が描かれている。白石庵が描かれている。南禅寺天授庵の一源禅師の草庵跡だった。(『拾遺都名所図会』)
 近代、1869年まで、毎年、神供米5斗の寄付があった。
 1873年、8月、村社に列せられた。
 現代、1996-1997年、社殿、境内が修復される。
 2001年、境内の大杉が区民の誇りの木に指定される。
◆建築 本殿(神殿)、拝殿などがある。
◆磐坐 本殿の右に巨大な「白石」と呼ばれる磐坐がある。古代より信仰があり、「白石大明神」と呼ばれていた。白石信仰の、山科の岩坐五社の一つに数えられている。
 磐座の上部には、石割の際の矢穴列痕が3条ある。西北隅に欠き取られた痕跡もある。高さ4m、長さ9m(6mとも)、奥行き3m。
◆小山石切場 境内北の山一帯は、かつての「小山石切場」跡になる。近世初期(安土・桃山時代)-1955年頃まで石の切り出しが行われていた。
 2014年に磐坐の東北隅に長州藩毛利家とみられる刻印「一に〇一(文字一星)」が見つかった。また、小山石切場のほか、音羽川、大塚山一帯では豊臣-徳川期に伏見城の築城石が切り出されていた。
 小山石切場は、『雍州府志』(1686)、『聖蹟図誌』(1862)などにも記されている。「山科古都」(天保年間[1831-1845])には「大イワ」、「石キリ山」と記されている。
 2015年に京都市の遺跡台帳に「大塚・小山石切丁場跡」と記載された。付近では、石材に刻まれた4種類の刻印、矢穴 列跡が見つかっている。
 ◈「一文字一星(一に○)」の刻印、「二」が付属する刻印は、毛利家の家紋略式刻印という。現在見つかっている中で最も多い。
 ◈「平四つ目結刻印」、「角立ち四 つ目結刻印」は、初現期のものとされ、 若狭京極家の所要と考えられている。  
 ◈「十」の刻印は、漢数字、島津家の家紋ともいう。
 ◈「一」の刻印は、漢数字と考えられている。
 ◈割面に矢穴 列跡のあるものは、行者ヶ森北方の東斜面にある。石材は、主に玄武岩質凝灰岩、石英斑岩、花崗斑岩になっている。
◆樹木 スギの大木は、区民の誇りの木に指定されている。高さ20m、幹周り3.9m。
◆年間行事 とんど焼き(1月)、お百灯祭(6月)、お火焚き祭(11月)。


*年間行事(拝観)などは、中止、日時・内容変更の場合があります。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献・資料 案内板、「やましなを語り継ぐ会」の説明板、『山科事典』、『京都の歴史玄関 やましな盆地』、『山科の歴史を歩く』、 『史料 京都の歴史 第11巻 山科区』、『京都橘大学歴史遺産調査報告2016 山科大塚・小山石切丁場、御香宮神社、二条城堀川石垣、萬明寺本堂』、『京都山科 東西南北』


関連・周辺  周辺明教寺  周辺円如墓  周辺露山水車  周辺法厳寺(ほうごんじ)(牛尾観音)  関連     
拝殿  拝殿 
手水舎  手水舎
 

中門
中門

中門
 

本殿(神殿)

本殿(神殿)、神紋

本殿(神殿)

   

磐坐
磐坐
   
磐坐  磐坐
矢穴列痕 
矢穴列痕、説明板より
石切場の分布図、白石神社のある小山地区は一番上になる。下右に音羽川地区、下中央に葭ヶ谷地区、下左に大岩地区、説明板より  

スギの巨木
   
白石神社・小山石切場跡 〒607-0000 京都市山科区小山大石山町
50音索引,Japanese alphabetical order  Home   50音索引,Japanese alphabetical order  Home  
  © 2006- Kyotofukoh,京都風光