住吉大伴神社 (京都市右京区)
Sumiyoshi-otomo-jinja Shrine
住吉大伴神社 住吉大伴神社 
 Home  Home







拝殿、1978年新築となる。


拝殿・本殿
 住吉大伴神社(すみよしおおとも じんじゃ)は、周山街道(きぬかけの路)に面し、龍安寺の南西に位置している。竜安寺地区、谷口地区の産土神として信仰を集めてきた。かつては、伴氏(ともうちの)神社ともいわれ、周辺には大伴氏が住んでいた。 
 祭神は、古代豪族の大伴氏祖神・天忍日命(あまのおしひのみこと)、道臣命(みちのおみのみこと)、住吉三神の上筒男命(うわつつおのみこと)、中筒男命(なかつつおのみこと)、底筒男命(そこつつおのみこと)。
 『延喜式』神名帳には、葛野郡に「伴氏神社(大、月次・新嘗)」と記されている。
◆歴史年表 創建の詳細は不明。
 平安時代、823年、第53代・淳和天皇の即位に伴い、天皇の諱(いみな)が大伴親王であったことから、避諱(ひき)のため大伴氏は伴氏と改称し、以後、伴氏(とものうじ)神社と称された。
 834年、834年以前とも、葛野郡上林郷に、伴氏の氏神二座を祀り建立されたとみられる。(『続日本後紀』)
 866年、伴善男は応天門の変により失脚し、以後、伴氏の勢力も衰微、次第に祭祀も途絶、廃絶した。
 平安時代末期、この地に、藤原氏が勢力を持つ。左大臣・藤原(徳大寺)実能(1096-1157)により山荘「徳大寺殿」が営まれ、堂上(どうじょう)歌人が集った。徳大寺家により、和歌の神・住吉、玉津島の二座が勧請され、住吉神社(住吉社)と改称された。(『山城志』)。なお、古代より住吉神と大伴氏との関わりは深かったという。
 江戸時代、伴氏神社は、龍安寺村にあり、「日吉」「今日吉」と呼ばれていた。(『山城志』『神名帳考証』)
 近代、1942年、天忍日命、道臣命が合祀され、住吉大伴神社と改称されている。
◆大伴氏 大伴氏は、かつては大和国にあり、遷都に伴いこの地に移住した。上代(飛鳥時代-奈良時代)においては武門の家であり、物部氏と共に皇居を警護、乱を平定して功を立てたという。
 823年、第53代・淳和天皇の即位に伴い、天皇の諱が大伴親王であったことから、避諱(ひき)のため大伴氏は伴氏と改称している。
◆伴善男 平安時代前期の公卿・伴善男 (ともの よしお、811-868)。大伴国道の子。830年、校書殿の官人、仁明天皇の信任を受け、864年、大納言となる。886年、応天門炎上の際に、左大臣・源信の放火と告発したが、善男と子・中庸(なかつね)が犯人とされ、伊豆へ配流され、その地で没した。中庸は隠岐国に流され、伴氏・紀氏の多くが流罪に処せられた。
 右大臣・藤原良房らと『続日本後紀』の編纂にも携わった。
◆徳大寺実能 平安時代後期の公卿・徳大寺 実能(とくだいじ さねよし、1096-1157)。父は藤原公実。徳大寺家の祖となる。1122年、権中納言、1133年、長女・幸子が藤原頼長と結婚し、1136年、正二位権大納言となる。1147年、徳大寺を建立し、徳大寺左大臣と称された。1156年、左大臣となるが、1157年、出家し、真理と称した。仁和寺の小堂(徳大寺)で亡くなる。歌人としても知られ、僧で歌人の西行(1118-1190)とも親交深かった。
◆建築 本殿は、昭和初めに建立された。それ以前は一間社流造だった。現在は間口1間、奥行1間半の縮小型住吉造といい全国唯一という。1978年、茅葺より銅葺となる。
◆末社 斉明社・小松尾神社、十禅師社がある。
◆碑 大伴家持ゆかりの当社に「海ゆかば」の碑が立つ。
◆年間行事 例祭(10月16日)。


*年間行事は中止・日時・内容変更の場合があります。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。

*参考文献 『京の古代社寺』『京都・山城寺院神社大事典』『京都の寺社505を歩く 下』『洛西探訪』


  龍安寺〔妙心寺〕      東向観音寺(観音寺)       北野天満宮      仁和寺                   

本殿

本殿

本殿

小松尾神社、斉明社

十禅師社、天照皇大神、大己貴命を祀る。

十禅師社、「小松尾大明神」の額が掛る
 住吉大伴神社 〒616-8006 京都市右京区龍安寺住吉町1  075-462-4498
  Home     Home  
     © 2006- Kyotofukoh,京都風光