万寿禅寺(万寿寺) 〔東福寺〕 (京都市東山区) 
Manju-ji Temple
万寿禅寺 万寿禅寺
50音索引,Japanese alphabetical order  Home  50音索引,Japanese alphabetical order  Home

総門(重文)、かつての鐘楼、下の部分が袴腰。


総門の梵鐘


「京都五山 萬壽禅寺」の石標



庫裏


方丈


【参照】東福寺境内に移された愛染堂


【参照】仁王門(重文)

 東福寺の北西に位置する万寿寺(まんじゅじ)は、 正式には万寿禅寺という。萬寿寺ともいう。かつて御所内で建立されたことから山号はない。(九重山とも)。東福寺塔頭の一つ。 
 臨済宗東福寺派。本尊は阿弥陀如来坐像。
◆歴史年表 平安時代、白河上皇(第72代、1053-1129)は、平安京内(東は高倉小路、西は東洞院大路、北は六条坊門小路、南は六条大路)に御所を建てた。
 1096年、六条内裏内に建立された六条御堂を始まりにするともいう。(『京城万寿禅記』)
 1097年、白河上皇は、前年、1096年に21歳で亡くなった長女・郁芳門院の追善のために、血書の願文を納めて弔い、御所(郁芳遺宮)を仏堂の六条御堂に改め供養した。(『百練抄』)
 1099年、六条院焼失する。(『百練抄』)。その後、再建供養される。
 1123年、六条院が焼亡した。(『百練抄』)
 1159年、因幡堂、河原院、六条御堂が焼失した。(『百練抄』)
 12世紀(1101-1200)末、焼失する。
 鎌倉時代、1257年/1258年、十地覚空、弟子・慈一宝覚(慈一房湛照)は、六条御堂を万寿禅寺に改称する。浄土教とした。
 正嘉年間(1257-1259)、十地覚空は、弟子・慈一宝覚とともに、臨済宗の円爾(円爾弁円)に帰依したことから浄土教より禅宗に改宗した。六条院御堂を萬寿禅寺(万寿寺)に改めた。開山を東山湛照(宝覚禅師)とした。
 1261年、東山湛照が禅堂を開堂する。
 1263年、関白・藤原良実は、和泉国の長滝包富荘を寄進し、覚空、湛照を開山にした。
 1272年、供養を修した。同年、焼失した。
 1273年、焼失したともいう。
 1280年、円爾は東福寺、了承天寺、崇福寺、万寿寺の規範8か条を制する。
 1305年、亀山上皇(第90代)に招かれ、博多・崇福寺の南浦紹明(なんぼ-じょうみょう)が住持となる。
 1306年、十地上人門弟は、湛照門弟に再び住持職を返すことを奏上する。
 1330年、第91代・後宇多天皇の皇女・崇明門院は、万寿禅寺北に仏寺、報恩寺を開く。
 1332年、紹臨は五条樋ノ口の地に喜捨を受け報恩精舎を建立し、地蔵尊を奉安した。
 南北朝時代、1340年、良悦は、後宇多天皇皇女・崇明門院が建立した報恩寺と合併した。旧地琴台も含み、境内は北に一町(樋口高倉、下京区)広がる。以後、郁芳門院、第72代・白河天皇、第91代・後宇多天皇などの追修の道場になる。
 1341年、足利尊氏に請われ雪村友梅(せっそん-ゆうばい)が住持になる。8月、尊氏により万寿寺は十刹の一つになる。
 1358年、9月、足利義詮により官刹の京都五山の第4位に加えられる。(『満斎准后日記』)
 1380年、正月、義満によって万寿寺は十刹の第5位になる。
 1386年、京都五山第5位になる。
 室町時代、1434年、京中の大火により焼失する。(『満斎准后日記』)
 1437年、足利義教により大殿、山門、方丈が再建される。その後、法堂、僧堂、庫司、浴室、厠、寮などが整えられる。
 1459年、土一揆が境内に乱入した。
 1461年、開山堂が炎上する。
 1462年、再び土一揆が乱入した。以後、衰退する。
 1464年、『万寿禅寺記』を作る。
 1528年、衰微した。大火によるともいう。法塔のみが残る。
 1451年、寺十境を選定した。
 安土・桃山時代、1573年/天正年間(1573-1592)、現在地の東福寺山内の三聖寺に移した。両寺号を併称する。
 1591年、豊臣秀吉の都市改造で、東福寺塔頭に格下げになる。東福寺の北へ移転する。また、秀吉は、朱印85石を寄せた。
 江戸時代、1748年、鐘楼を修補する。
 1788年、御朱印85石4斗余を得る。塔頭、末寺はなかった。(「禅宗澄家五山万寿寺帳」)
 近代、1873年、三聖寺が廃され、合され万寿寺と改称する。
 1876年、東福寺の所轄になる。
 1934年、愛染堂が台風により倒壊する。
 1935年、九条通の拡張、市電東山線の立橋築造に伴い、境内の南北が分断され、現在の北の境内のみが残る。
 1937年、愛染堂が東福寺境内の現在地に移された。
 現代、2007年、旧地の発掘調査(下京消防署)により、池跡、庭石、室町時代に焼け落ちた瓦などが見つかった。
◆郁芳門院  平安時代後期-鎌倉時代前期の皇族・郁芳門院(いくほう-もんいん、1076-1096)。媞子(ていし)、通称は六条院。京都生まれ。第72代・白河天皇の第1皇女。母は贈皇太后・藤原賢子(けんし、源顕房の娘、藤原師実の養女)。1076年、生後すぐに内親王になる。1078年、准三宮、伊勢斎宮になる。1084年、母の死で喪により斎宮を退き帰京し、六条院に住む。1091年、弟・第73代・堀河天皇准母(母賢子を失い、母に擬されること)として立后し中宮になった。妻后ではないにもかかわらず后位に登った初例になる。皇后と尊称された。1093年、院号を受ける。歌合わせを多く主催した。21歳。
 没後、父・白河上皇は寵愛のあまり出家した。醍醐・無量光院を建立し、六条殿を御堂に改め冥福を祈った。陵墓は上醍醐陵(伏見区)にある。
◆東山湛照 鎌倉時代中期-後期の臨済宗の僧・東山湛照(とうざん-たんしょう、1231-1291)。号は十地、諡号は宝覚禅師。備中(岡山県)の生まれ。浄土教より禅宗に改宗する。東福寺・円爾(えんに)の法を嗣ぎ、三聖(さんしょう)寺を開いて三聖門派を形成した。第92代・伏見天皇に宮廷で説法した。万寿寺の住持に就く。1281年、円爾を継ぎ東福寺2世になる。三聖寺に退隠し、賊により刺殺された。語録『宝覚禅師語録』。61歳。
 弟子に虎関師錬(こかん-しれん)がいる。円通寺に葬られる。
◆南浦紹明  鎌倉時代中期-後期の臨済宗の僧・南浦紹明(なんぽ-しょうみょう/じょうみょう/じょうみん、1235-1308)。俗姓は藤原、諡号は円通大応国師。駿河(静岡県)の生まれ。聖一国師 (円爾)の甥。駿河・建穂寺の浄辨に天台宗を学ぶ。1249年、15歳で剃髪受戒し、鎌倉・建長寺の蘭渓道隆(らんけい-どうりゅう)に師事した。1259年、入宋し、杭州・浄慈寺の虚堂智愚(きどう-ちぐ)に学び後に法嗣になる。1265年、虚堂に従い、径山・万寿寺に移る。1267年、帰国し、建長寺の蘭渓に参じ蔵主になる。1270年、筑前・興徳寺、1272年、太宰府・崇福寺に移り、1304年、後宇多法皇(第91代)の詔により上洛し、洛西安井・韜光庵(とうこうあん)に住した。東山・嘉元寺を開く。1305年、東山・万寿寺に入る。法皇による東山・嘉元寺の開山は成らなかった。1307年、北条時貞の帰依により建長寺に入る。著『大応国師語録』。74歳。
 臨済宗発展の基礎を築く。法嗣に宗峰妙超(大燈国師)、法孫に関山慧玄など門弟多く、応燈関一流の禅、応燈関門流と称された。臨済禅大応派の祖になる。没後、1309年、後宇多法皇(第91代)に贈られた国師号「円通大応国師」は日本初例になる。
 塔所は鎌倉・天源塔、筑前・崇福寺の瑞雲塔、京都安井・龍翔寺にある。
◆報恩寺 報恩寺は、鎌倉時代、1330年、第91代・後宇多天皇皇女・崇明門院が樋口高倉に建立した。1332年、紹臨は五条樋ノ口の地に喜捨を受け報恩精舎を建立、地蔵尊を奉安した。鎌倉時代、1340年、良悦は、萬寿禅寺と報恩寺とを合併した。
◆三聖寺 三聖寺は、鎌倉時代、1261年、十地覚空が、東福寺山内に壇越の行蓮房、両親の墓所として創建した。1267年、湛照が継ぎ、第92代・伏見天皇、北条時宗の帰依を受ける。1283年、時宗は、北条氏祈願所とした。1326年、虎関師錬が住持になる。南北朝時代、1384年、1391年にも焼失する。足利義満により再建された。
 安土・桃山時代、1573年(天正年間[1573-1586]とも)、万寿禅寺が三聖寺に移り、両寺号を併称する。近代、1873年、三聖寺は廃されている。
◆仏像 ◈本尊「阿弥陀如来坐像」(281.8㎝)(重文)は、平安時代後期作になる。伝・恵心僧都作という。平安時代、1097年、白河上皇が皇女の冥福を祈り建立した六条御堂の本尊だった。また、1165年作の浄光明院像(藤原忠通の御堂本尊)ともいう。三聖寺仏殿にあった。東福寺・光明宝殿に遷され安置されている。
 結跏趺坐、弥陀定印を結ぶ。丈六、定朝様。木造、寄木造、漆箔。非公開。
 ◈憤怒相の「金剛二力士立像」2体(重文)は、鎌倉時代初期作になる。運慶(?-1224)作、運慶一門作ともいう。かつて、三聖寺に安置されていたともいう。
 右手に金剛杵を持つ「阿形」(203㎝)、その逆の「吽形」(207.3㎝)になる。東福寺・光明宝殿に安置されている。木造、古色、玉眼。非公開。
◆建築 江戸時代の『再撰花洛名勝図絵』(1864)には、万寿寺の境内図が描かれている。南に仁王門、その北に二天門、その北に失われた仏殿、さらに北に客殿(方丈)が一直線上に建てられていた。鐘楼は仏殿の北東に位置し、その北に庫裏らしき建物がある。万寿寺北東に三聖寺が描かれている。
 ◈「鐘楼」(重文)が総門(表門)として使われている。江戸時代以来、その位置は変わっていない。袴腰。
 ◈ 「表門」は、安土・桃山時代-江戸時代、1597年、慶長期(1596-1615)に建立された。三聖寺、その後、万寿寺境内南にあった。近代、1935年に境内が分断され、取り残される形で、現在は九条通を隔てた南に仁王門(重文)として残されている。
 かつて、仁王像が安置されていた。八脚門、切妻造、本瓦葺。
 ◈ 「愛染堂(あいぜんどう)」(重文)は、三聖寺の遺構とされている。室町時代前期に建てられた。塔頭・三聖寺(廃寺)にあった。その後、万寿寺境内の仏殿の西端に建てられた。近代、1934年の台風で倒壊したという。1937年に東福寺境内に移され、現存している。愛染明王を祀る。八角円堂。
◆文化財 ◈絹本著色「聖一国師像」1幅(重文)、鎌倉時代、1279年作、京都国立博物館寄託。
 ◈絹本著色「八相涅槃図」1幅(重文)、鎌倉時代作。
 ◈絹本墨画「淡彩釈迦三尊図」1幅(重文)、南北朝時代作、愚渓筆、京都国立博物館寄託。
◆五山・十刹  五山(ござん)・十刹(じっさつ)は、朝廷・幕府が定めた禅宗官寺の寺格であり、五山、その下に十刹、諸山(しょざん)の3種があった。
 五山は、「京都五山」に、南禅寺・天竜寺・相国寺・建仁寺・東福寺・万寿寺がある。「鎌倉五山」に、建長寺・円覚寺・寿福寺・浄智寺・浄妙寺がある。禅宗(臨済宗)の主要寺院をいう。
 五山制度はインドに由来し、中国では南宋代の五山官寺制度があり、五山、その下に十刹、35か寺の諸山が置かれた。日本では鎌倉時代末に、当初は鎌倉五山として採り入れられた。南北朝時代に京都の寺院も入るようになる。1341年に5か寺の定めが崩れ、1386年以降は、京都五山が鎌倉五山より優位に立った。室町時代に官寺の制度として確立した。
 万寿寺は、1341年、十刹の一つになる。1358年、新たに京都五山の第4位に加えられる。1380年、十刹の第5位になる。1386年に京都五山第5位になった。
◆旧万寿禅寺遺構 平安京左京六条四坊三町(旧万寿禅寺)は、下京区間ノ町通五条下ル大津町付近になる。北は樋口小路(六条坊門小路、万寿寺通)、東は高倉小路の西、南は六条大路、西は東洞院の東で囲まれた東西一町(109m)、南北二町(218m)の長方形の寺域だった。
 平安時代後期、白河天皇の御所(六条内裏)が営まれる。1096年、上皇皇女・郁芳門院が亡くなり、1097年、上皇は内裏を仏寺(六条御堂)とした。1099年、1123年、1159年に相次いで焼失、正嘉年間(1257-1259)に禅寺の万寿禅寺に改められる。1358年、京都五山の五位に列せられた。1434年に焼失、1437年に再建された。1591年、東福寺の北に移転した。
 京都市埋蔵文化財研究所による2006年以降の発掘調査が行われた。旧地の発掘調査(下京消防署)により、江戸時代の町屋跡の下層より、万寿禅寺に関係する園池跡、平安時代と推定される池泉跡(一辺10数m)、庭石と室町時代、1434年に焼け落ちた瓦などが発見された。庭は洲濱式浄土庭園で4期にわたり変遷した。しだいに池泉は埋まり、室町時代末期には荒廃したとみられている。なお、庭園には多くの糸桜が植えられていたいう。
◆浮島丸事件 戦後、1945年8月、舞鶴港湾内で浮島丸が触雷し沈没した。その犠牲者を祀る位牌が本堂に安置されている。船は、釜山に向かう途中で寄港したもので、500人以上の乗員・朝鮮人の犠牲者が出た。
 万寿寺には当時、僧・柳宗黙が住した。宗黙は、韓国忠清南道天安市に生まれ、江原道・平昌の月精寺で得度したという。1930年代に日本に渡る。東福寺に住し、花園大学に学んだ。荒れていた万寿寺に入り、朝鮮人の遺骨や無縁仏を供養したという。1965年、国平寺(東村山市)を創建した。


*非公開
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献・資料 『京都市の地名』、「京都市埋蔵文化財研究所 平安京左京六条四坊三町(旧万寿禅寺)跡現地説明会資料」、『京都・山城寺院神社大事典』、『旧版 古寺巡礼 京都 18 東福寺』、『史料 京都の歴史』、『仏像』、『京都の仏像』、『日本の古寺大巡礼』、『事典 日本の名僧』、『平安京散策』、『週刊 日本の仏像 第17号 六波羅蜜寺 空也上人像と東山』、『仏像めぐりの旅 4 京都 洛中・東山 、ウェブサイト「東福寺」、ウェブサイト「コトバンク」


関連・周辺東福寺  周辺   関連南禅寺  関連天龍寺  関連相国寺  関連建仁寺    
平安京オーバレイマップ
万寿禅寺 〒605-0981 京都市東山区本町15丁目786  

50音索引,Japanese alphabetical order  Home   50音索引,Japanese alphabetical order  Home  
  © 2006- Kyotofukoh,京都風光