京都市美術館別館(岡崎公会堂跡)・全国水平社創立の地の碑 (京都市左京区)
Annex of Kyoto Kaikan Hall
岡崎公会堂跡 岡崎公会堂跡
50音索引,Japanese alphabetical order  Home 50音索引,Japanese alphabetical order  Home
京都市美術館別館、南側正面

南側

南側、正面玄関

南側

南側

南側

南側

南側

南側

北西側


北側


旧岡崎公会堂玄関の西にある碑



【参照】旧岡崎公会堂、京都市の説明板より
 岡崎の京都会館の東に、京都市美術館別館がある。この地にはかつて、岡崎公会堂(おかざきこうかいどう)が建てられていた。 
 玄関の西側に「全国水平社創立の地」の碑が立てられている。
◆歴史年表 近代、1917年、6月、岡崎公会堂本館は、京都市により市民の集合場所として左京区岡崎公園内に建設された。東館もあった。(初代岡崎公会堂)
 1922年、3月、本館は、全国水平社創立大会の会場になる。
 1929年、5月、東館が全焼失する。
 1930年、5月、東館(現存の建物)が再建された。(2代目岡崎公会堂)
 1931年、8月、京都市公会堂として建替えられる。その後、京都会館別館として使われた。
 1934年、9月、本館は室戸台風で大破した。(初代岡崎公会堂の消失)
 現代、1945年、9月、終戦後は公会堂(4.721坪)がGHQに接収された。   
 1952年、10月、接収解除になり、再び公会堂として使用される。
 1956年、旧公会堂本館跡に京都国際文化観光会館(京都会館)を建設することを計画した。
 1960年、6月、京都会館が開館する。公会堂敷地(1.892㎡)は京都会館別館になる。
 2000年、4月、京都会館別館を改修整備し、京都市美術館別館として改装される。
◆西光万吉 近現代の社会運動家・西光万吉(さいこう-まんきち、1895-1970)。本名は清原一隆。奈良県の被差別寺院、浄土真宗本願寺派西光寺の長男。1913年、東京の日本美術院で日本画を学ぶ。1919年、郷里で「黒潮会」(柏原青年共和団)を発起し、インドネシアのスラウェシ島移住をめざす。1920年、阪本清一郎が「燕会」を発起し、消費組合部を担当する。社会主義同盟に参加。1921年、「青年同志会」を発足、1922年、大阪市内中之島公会堂で水平社創立の旨を宣伝。岡崎公会堂で全国水平社創立大会を開き、水平社創立宣言を発表した。水平社旗の意匠考案、水平社宣言の起草をした。1924年、日本農民組合常任委員。1926年、労働農民党結成に参加。1928年、日本共産党入党、三・一五事件で検挙され投獄。1933年、転向し仮釈放後は国粋主義の大日本国家社会党入党。1939年、奈良県議会議員に補欠当選。1941年、和歌山県打田町に移る。第二次世界大戦後は平和運動にも取り組む。74歳。
◆岡崎公会堂 旧岡崎公会堂は、1917年に建てられた。京都市により市民の集合場所(収容人員3000人)として左京区岡崎公園内にあり、東館もあった。大正御大典挙行時の下賜金などを資金とした。御大典の際の二条離宮(二条城)内に新築された大饗宴場の一部を移築したという。1934年に本館は室戸台風で大破し、その後、再建されることはなかった。
 1929年に東館は全焼失し、1930年に再建された。これが現存する建物であり、2代目岡崎公会堂になる。現在は、京都市美術館別館として利用されている。
 設計は京都市建築課、鉄筋コンクリート製、青銅葺、入母屋造、2階建。
◆水平社 かつてあった京都市岡崎公会堂は、1922年3月3日、全国の被差別部落から3000人が集い、全国水平社創立大会の会場になった。
  この日、京都で行われた創立大会の「水平社宣言」には、「水平社はかくして生まれた。人の世に熱あれ、人間に光あれ。」と結ばれている。
 西光万吉によって書き上げられた宣言文は、日本で最初の人権宣言になる。
 奈良県柏原の被差別部落に生まれた西光万吉(1895-1970)、阪本清一郎(1893-1987)、駒井喜作(1897-1945)は、地元で「燕会」(1920)を結成した。全国水平社の創立後、それぞれ運動の中軸になって活躍する。
 石碑は、水平社創立60周年を記念し、1982年に建立されている。碑文は
 全国水平社創立の地
 建立の辞
 大正十一年三月三日、全国から三千人の部落大衆が、この地、京都市岡崎旧公会堂に集い、歴史的な全国水平社創立大会を開いた。
永い間の差別と屈辱の鉄鎖をみずからの力と団結によって解き放とうとする部落大衆はここに蹶起した。人間の自由と平等を求めてやまないこの炬火はついに燎原の炎となって燃えあがっていった。
 水平社はかくして生まれた
 人の世に熱あれ、人間に光あれ
と結ばれたこの創立宣言は、日本の近代民主化に黎明をもたらす最初の人間宣言の栄誉を担うものとなった。
 それはこの宣言が単に部落解放のみならず、すべての人間の解放を目指す普遍的な原理に根ざしているからである。
 このようにして生まれた解放運動は、幾多の試練と苦難を克服して、今もなお発展継承されている。
 本日、ここに水平社創立六十周年を記念して永く先人の偉業をたたえるとともに、国民的課題として部落差別を解消する決意を表わすため、この碑を建立するものである。
     昭和五十七年三月三日 京都市


原則として年号は西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
参考文献・資料 『京都大事典』、ウェブサイト「国立国会図書館レファレンス事例詳細」、ウェブサイト「コトバンク」、京都市の説明板、ウェブサイト「京都市 京都のいしぶみデータベース」


関連・周辺旧京都市美術館(京都市京セラ美術館)  周辺  関連二条城(元離宮二条城)  関連旧柳原銀行(柳原銀行記念資料館)  関連桜田儀兵衛翁の顕彰碑     
京都市内史跡地図 平安京オーバレイマップ・碑・発掘調
map 京都市美術館別館 〒606-8342 京都市左京区岡崎最勝寺町13   
50音索引,Japanese alphabetical order  Hometop 50音索引,Japanese alphabetical order  Hometop
logo,kyotofukoh © 2006- Kyotofukoh,京都風光