大井神社 (京都市右京区)
Oi-jinja Shrine
大井神社  大井神社
50音索引  Home 50音索引  Home

三条通に面した鳥居。




本殿
 嵐山の渡月橋北詰から東へ、路地の奥にある小社・大井神社(おおい じんじゃ)は、松尾大社とゆかり深い。かつて、「堰(い)神社」、「大堰(おおい)神社」、「大橋神社」とも呼ばれた。
 祭神は、宇賀霊神(倉稲魂神、うがみたまがみ)を祀る。かつて、大綾津日神(おおあやつひのかみ) 、大直日神(おほなほひのかみ)、神直日神(かみなほひのかみ)を祀ったともいう。
 大堰川の守り神(堰神)、商売繁盛の神として古くより信仰を集めた。
 かつて松尾大社の末社だった。現在は野宮社によって管理されている。
 式内社ともいう。平安時代、『延喜式神名式(延喜式神名帳)』(927)中「乙訓郡十九座 大五座 小十四座」の「大井神社」ともいう。 ただ、「乙訓郡」は「葛野郡」の写し誤りともいう。
◆歴史年表 創建、変遷の詳細は不明。
 古墳時代、5世紀後半(6世紀とも)、秦氏が現在の渡月橋の上流に葛野大堰を築造した。この地を開拓した際に、治水の神として祀ったのが起こりともいう。所在地については、久世村綾戸宮を比定する(『神社明細帳』)、綾戸大明神を式内社として比定する。(京都府神社考証)。沓掛村の千児明神(『山城志』)とも、松尾大社摂社・堰神(『神社覈録』)とするなど諸説ある。
 平安時代、876年、並従五位下が授けられた「山代大堰神」とは当社のことともいう。(『日本三代実録』) 
 江戸時代、保津川開削に関わった角倉了以の当社信仰も篤かった。
◆大井神社 当社とも関連があるとみられる大井神社が、保津川上流域にある。大井神社(亀岡市大井町並河1-3-25)は、別名を「鯉明神」といわれている。
 奈良時代、710年、第43代・元明天皇の勅命により創建されたという。祭神は、御井神(木股命)、月読命、市杵島比売命になる。月読命・市杵島比売命は、保津川を亀と鯉に乗り遡ってきたという伝承がある。
 大井神社は、延喜式内社の「山城国乙訓郡  大井神社」の後裔社ともされ。否定説もある。
◆建築 現在の社殿は、野宮神社の旧殿を移築している。


*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『京の古代社寺 京都の式内社と古代寺院』『京都・山城寺院神社大事典』『昭和京都名所図会 4 洛西』『京都大事典』


関連・周辺月読神社       関連・周辺松尾大社      関連・周辺桂川      関連・周辺野宮神社     周辺      関連綾戸国中神社    関連大井神社(亀岡市)           
map 大井神社 〒616-8384 京都市右京区嵯峨天竜寺造路町36  
  Home     Home  
  © 2006- Kyotofukoh,京都風光