賀茂季鷹の歌碑 (京都市北区)
The tanka inscription of Kamo no, Suetaka
賀茂季鷹の歌碑  賀茂季鷹の歌碑
50音索引,Japanese alphabetical order   Home 50音索引,Japanese alphabetical order   Home





歌碑




「雲錦亭」、さらに奥に「歌仙堂」が残されている。


曲線美の塀
 上賀茂神社社家町の東、明神川に程近いところに、江戸時代後期の国学者で歌人として活躍した賀茂季鷹(かもの-すえたか、1754-1841)の旧居跡がある。家には、いまもその子孫が住む。 
◆歴史年表 江戸時代、1801年、賀茂季鷹はこの地に吉野の桜と龍田の紅葉を植栽し、「雲錦亭」と名づけて住む。
 1811年、柿本人麻呂、山部赤人の像を祀る「歌仙堂」を建てる。国学の研究を重ね、数千巻の和漢書を文庫に蔵した。
◆賀茂季鷹 江戸時代中期-後期の国学者・歌人・賀茂季鷹(かもの-すえたか、1754-1841)。山本右膳、賀茂寅之助、号は生山、雲錦。京都・賀茂神社(賀茂別雷神社)の社家に生まれる。父は季種。叔父・季栄(すえひさ)の養子になる。12歳で皇族・有栖川宮職仁(ありすがわのみや-よりひと)親王に学ぶ。親王は、有栖川流書道を創始している。季鷹は江戸時代全盛期の「堂上歌学」を身につける。1773年頃、19歳で江戸に行き、古学を学ぶ。加藤千蔭、村田春海、三島自寛、大田南畝ら歌人・文人と交わる。1791年か1793年、帰京し、上賀茂神社祠官として、正四位下安房守になる。1801年、上賀茂に吉野の桜と龍田の紅葉を植栽し、「雲錦亭」と名づけて住む。1811年、柿本人麻呂、山部赤人の像を祀る「歌仙堂」を建てた。家集『雲錦翁家集』『万葉集類句』など数多い。91歳。
 和歌、狂歌を得意とし、書にも秀でた。京都歌壇を香川景樹と二分した。広く文人墨客と交遊した。
 没後、当初、上賀茂中河原墓地に葬られる。大正期(1912-1926)末年、西方寺の小谷墓地(北区西賀茂)に改葬された。
◆歌碑 歌碑は2006年に賀茂季鷹歌碑建立委員会などにより立てられた。
 「三芳野の よしや雲には まがふ共 雪とな散そ 山さくら花」。
 歌は、季鷹70歳の春(1832)に吉野山で詠まれた一首という。
  

*参考文献・資料 案内板、『京都大事典』 、ウェブサイト「コトバンク」


上賀茂神社  社家町   大田神社  西方寺    
賀茂季鷹旧宅 京都市北区上賀茂竹ヶ鼻町 

50音索引,Japanese alphabetical order  Home   50音索引,Japanese alphabetical order  Home  
  © 2006- Kyotofukoh,京都風光